地球を愛の星へ

オーム(宇宙神霊)からのメッセージ

大宇宙に遍在するエネルギーはオームの、宇宙の身体です。
「宇宙空間は真空だ」と言われますけど、真空は何もないわけではなくて
このオームの愛のバイブレーション
これはたとえて言うならば、母親の胎内の羊水のようなものです。
温かくて一切を育む愛の温もり、一切を生み出す栄養、可能性
それが宇宙空間にはぎっしりと詰まっています。
それをあなたたちが見ることができないからといって
「何もない」と言うのは間違いです。

神の愛があらゆる生命の可能性を含み
そこここに遍在するすべてのマテリアル、材料、素材を宇宙空間に込めて
そこに神の世界からの理念
「このような存在をあらしめたい」と思う理念が降りたったときに
その中にある、羊水の中にある素材を使って
ひとつの求心的な磁場ができることによって
そこに一挙に集中して引きつけられて
この三次元に物体化する。
そういうふうにやって宇宙はできてきました。

この大宇宙の空間は母親の胎内であると、とらえてみてください。
胎内には、幼子を包んでいる羊水と胎盤があります。
羊水の中には、人体を構成するおりとあらゆる栄養素が
もうすでに存在しているのではないでしょうか。
でも、その胎内には、いつも胎児がいるわけではありません。
そこに宿らんとする意志によって
ひとつの生命体が使命を受けて降り立つということが決まって着床したときに
そこに創造が始まるのです。

宇宙も全くそれと同じ形態で構成されています。
あなた方の住んでいる惑星も、太陽系も
すべての宇宙はそうやってつくられたのです。
神の愛。
神の愛に満ちたバイブレーション。
あなた方を創造せしめるその物質の中に
エネルギーの中に、愛は込められているのです。
あなた方を形成している物質の中に
エネルギーの中に、愛は込められているのです。

あなた方の肉体がどのような粒子、素材でできているのか。
どのような愛によって受精し、核分裂の中で遺伝的な形態を形成し
どのように羊水の中で育まれ
あなた方人類というものが存在するようになったか。
そのすべてのプロセスが神の愛であるということ。

愛というものが観念的な、精神的なものであると
あなた方は思っておられるかもしれないけれども
神の愛というのは、三次元に物体化し、そこにおき創造していくという
その絶え間ない連鎖の中に脈々と流れていくということ。
あなた方はすぐ、物質的なもの、その科学的な現実的な実態というものと
愛というものを精神的な思い、遊戯にしてしまって、切り離してしまうから
そこで分離し違和感があるのだと思う。

神の愛とは、愛の思いイコールこの世界に、各次元の世界に創造し
あらゆるものをつくり上げ、そこに命を吹き込み
そこに神の愛の表現形態を実存させていく
生命の息吹をそこここに表現していく
その現れ、行い、それが愛そのものであるということ。
そこのところをあなた方地球人類は理解しなくてはいけない。

たとえあなた方の身体をつくっている
ほんとうにわずかな小さな、小さな細胞
粒子の中においても、原子の中においても
そこにすべて神の愛の摂理は込められて存在しているのだということ。
それをわかっていただきたい。
それがあなた方が今、地球人がこれから獲得しなければいけない
神の子という自分自身に気づいたあとの己自身が持っている創造力というもの
その力の使い方、それに結びついていくのです。

人類はみな神の子であり
オーム宇宙の中にある創造原理と同じ力を持っているということが
観念的にはわかっているけれども
その力を発揮することができないのは、そういうことなのだ。
c0171476_563527.jpg

あなた方の中にある自分の力
それは大宇宙の中に遍在する羊水のような神の愛の思い。
そのマテリアルを一点に集中し
そこに、その個性ある生命体の使命をなさんがために
「その次元に存在せよ」という思いが集中して一点に集約したときに
それは強力な、強力な磁場となり
周りにある愛の思い、愛の物質を引き寄せ、うねらせ
らせんのごとく回転しながら
その存在を現しめるために動き出す。
大宇宙はすべてそうやって具現化され、構成されてきている。

あなた方が持っている力も同じである。
材料があって、そして、強い意志のもとに
この世にどのようなビジョンを「かくあるべし」と
「かくあれ」と願い続けるか。
その集約された集中力と、そこに神と同じ
これこそが神の愛の表現形態として存在せしめるに
真に価値があるものであるとの確信のもとに
己自身の力を、全身全霊を込めて願ってみよ。
一人ひとりが真に神の子の己自身に立ち戻って

神の子というより、あなた方はわたくしオーム宇宙の一部である。
神の一部であるから「神の子」と言うけれども
あなた方もこの集合意識であるオーム、神そのものの現れである。
神そのものの現れであるのならば
オームが、大宇宙がやっている創造原理を、あなた方もできるのである。

あなた方の世界で「法力」と呼ばれて
さげすまれているものがあるかもしれないが
彼らはその精神的な念波を一点に集中し、強く願うことによって
各次元にあらゆるものを創造してみせるという
その精神力が強い者たちなのである。

知的に偏っていくと、神の創造原理として与えられている
本来の自分の能力を失っていくように思う。
あなた方と違う惑星の者であったとしても、知的なものに偏り
その能力の進化が科学的な方向だけに行き、己自身の真の神の子としての
神の属性としての創造原理、愛の原理から離れていって
衰退化している者もいるであろう。

そういう神の摂理の流れから外れた者は
この宇宙の総合的な、共鳴したエナジーの場からははじき出され
その思想においても生き延びることができなくなるという
そういう事実がある。
あなた方が愛の教えとか科学的な進歩とかいうのは
さっきからあなた方に言っているように
それは「星間物質」と言われているマテリアルそのものなのである。

あなた方が知らない、原子・粒子・素粒子
さまざまなものが、光線を含めて宇宙にはたくさんある。
今の地球人が知っているものなど、ほんのわずかなものにしかすぎない。
それを突き詰めていくのが科学という目であろう。
そして、科学が発見したもの、テクノロジーも含めてその素材を使って
宇宙の中に地球の未来をつくり出すようにしなさい。

ここから先は神の子として、否、神の現れとして
あなた方一人ひとりが神として
いかにこの地球において、全宇宙にあまねく流れている愛のバイブレーション
愛の創造原理にかなった未来を地球に持つことができ
それを一人ひとりが具現化することができるかということだけが
地球の将来を、未来を決めていくということに気づきなさい。

大宇宙は、神の創造原理と愛の思いで満ち満ちている。
あらゆる可能性を含み、日々成長、進化発展している。
その進化発展していく愛の思いは
神という属性の中においてみな同じベクトルを放っている。
あなた方が、もしそれと逆行するベクトルを選ぶのであるのならば
地球という惑星のこれからの進化はなくなってしまう。

今までは、何が起きても
ひとつの惑星内だけの成長レベルということで存在を許されてきたけれども
これから先は、大宇宙の仲間として、真に目覚めた神の意識
神の細胞としての自覚というものを持って、その惑星の使命を果たしていく
そのようにそこに住まう者たちも意識を上げなくては
地球意識、地球という惑星自体の進化発展もないのである。

(2008.1.11レムリア・ルネッサンス
スピリチュアルメッセージ集のご案内

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2017-11-24 06:30 | オーム(宇宙神霊) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nagoyasc.exblog.jp/tb/28347432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 高橋信次からのメッセージ(40) カイトロン(ニュートンの本体意... >>



一般財団法人レムリア・ルネッサンスより許可を受けアマーリエを介した天上界からのスピリチュアルメッセージを転載させていただいています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧