地球を愛の星へ

2017年 06月 15日 ( 1 )

天照大神からのメッセージ(4)

日本神道の女性の中には、穢れというものを極端に忌み嫌い
わたくしたちのこの女神の世界に隠れこむという者たちが多かったから
生まれていく回数も減り
日本女性に対する指導というものが立ち遅れたかもしれないのです。

しかし、今、このように女性の指導者が
このわたくしたちの用意した大和の地に降り立ったということ。
どうか、このことの意味を深く留め
わたくしたち日本神道の女神たちの期待も一身に受けて
日本の女性を通して、世界の女性たちに
本来、女性の法とはどうあるべきなのか
それを打ち出す時期が来たのだと、わたくしも卑弥呼様も、胸が震えて
意気込んでいるのが現状なのでございます。

ですから、この方の使命の中には、女性の法を確立するということ
女性の法を打ち出すということ
それは、中央の方のお考えの中にあるものでもあるのです。

女性が法を説かれ、女性が女性としての道を極めるという中において
女性の法が現されたことは、今回の文明ではあまりないのです。
わたくしがかつていた時に
やはり、美しき、優美なる女性の模範的な姿として
どのようにあるべきかということを説いたことはあります。

そして、キリスト教の中で、聖母マリアといわれる方が
その清楚な母性に満ちた美しさの中で、多くの人びとを
女性たちを指導した姿というものもあるのです。
しかし、それは、多くのシスターという、修道院の中の閉鎖的なものの中で
やはり、一般の家庭生活をする者たちの手本としてあったものではないのです。

仏教においては、もっと悲惨でした。
仏教の中において、女性は本来、いないのです。
存在として許されていないのです。
存在として許されない者たちの天命を現す法など、どこにもないのです。

そのことをお考えになり、今、この時期に女性の法が説かれるということがー
男性方はあまり興味がおありではないかもしれないけれども
地球の全人口の半分は女性なのですよ。
女性たちを救っていかなければ
地球全部の人びとを救うことはできないのです。
その女性たちにとって
いちばん大切な女性の法というものをこれから説かれようとしているのです。
それをまとめ上げるのが、この方の使命なのです。

だから、男性の方々、どうか
根本法の再編纂ということが日蓮様や高橋信次様から
皆さま方に依頼などおありでしたけれども
そのようなことのヒントとなること助言となることを
この方は伝えることができるでしょうけれども
どうか、女性の法を説く者として、この方の時間とエネルギーを
わたくしどものほうに貸していただきたいのです。

それくらい、この方に、わたくしも卑弥呼様も期待しているのです。
なぜならば、卑弥呼様には悲願がございます。
あの方の魂のご姉妹が、今、地上におられ
本来であるならば
あの方が女性の法というものを説かれるお役目にあったのです。

あの方が高橋信次様のお嬢様で生まれ
そして、現象をもって女性の法というものを打ち出すことにより
そして、仏陀と一緒になられていかれることのなかで
あの方が説いてこそ、大いなる女性の法がひろがっていくという
そういう救済措置、女性に対する救済方法というものが
本来の計画であったのです。

しかし、それが、第一段階、第二段階で挫折をしてしまい、失敗し
そして、この第三の計画の中に女性の指導者を降ろすというかたちで
失われていた女性の法を、今一度、降ろすという希望をつないでいるのです。
c0171476_9164154.jpg

このあとの孔子様では、これはできないのです。
他にできる女性はいないのです。
だから、わたくしたちは、全面的にこの方を指導することによって
女性の法というものを打ち出し、多くの女性たちの心に安らぎを与え
わたくしたち女性が、何のために宇宙の神から創造され、期待を込められ
どのようにしたら、わたくしたち女性が幸せになっていき
その幸せをもって、男性方を、殿方を幸せにして
本来の使命にお返ししていくことができるか、助力できるか

その女性の道というものをわたくしたちは
今回、どうしても降ろしたいのです。
そのために、ここに弟橘を降ろしているのです。
この方が法として打ち立てられ、皆さま方に、女性たちに伝えられたものを
彼女は生きざまの美しさとして、表現してみせるのです。

彼女は常にそうです。
難しいことは言わないのです。
日本神道の女性は、だいたいが難しい理論的なことは言わないし
言えないのです。
わたくしとか卑弥呼様のような者は、ひじょうに限られた者たちなのです。

ただ、心性の美しさ、感性の美しさ、優雅さ、謙虚さ、美徳、愛というものを
その誇り高さ理念の中で、美しさとして
その生きざまの中に、彼女たちは表現していくすべを持っているのです。
その献身に満ちた、その謙虚さ、やさしさ、美しさ、誇り高さ、芯の強さ
それが日本女性の美しさであり
日本女性の鏡として、彼女は常に生き続けてきたのです。

その者を降ろしました。
ここに今、降ろしているのです。
今日、この日に、ここにあなた方が集っているということ。
そしてこの方がこれからやるということ。
その女性の法がこのようなかたちでしっかりと継承されていくであろうことを
わたくしたちは計画して、このような計画をこの方に告げて
高齢であるにもかかわらず出産していただいたのです。

これも、別のところに、豊玉という者が降りているのです。
豊玉が降りて、本来は女性の法を優美さの中に伝えるという役があったのです。
TK女史様が(女性の法を降ろすことが)だめになったあとに
豊玉がやるかもしれなかった女性の法、また、そこがだめになることにより
磁場が破壊されることにより
彼女も女性の法を説くことができなくなったのです。
だから、こちらにお願いをし
そして、その者を引き継ぐ日本神道の女性として
また新たに、その妹が、急濾、降りていくことになったのです。
そのような我々の世界の計画というものがあるのです。
それを今、明かしたのです。

女性を救わなくてはなりません。
女性の心に、今一度、謙虚さと安らぎを見出さなければ
あなた方男性たちも、けっして幸せになれないのだということ。
それが集大成として、この最後の法の総仕上げの時にきているのです。

(2004.8.21レムリア・ルネッサンス
スピリチュアルメッセージ集のご案内

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2017-06-15 06:17 | 天照大神 | Trackback | Comments(0)



一般財団法人レムリア・ルネッサンスより許可を受けアマーリエを介した天上界からのスピリチュアルメッセージを転載させていただいています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧