地球を愛の星へ

カテゴリ:バシャール( 5 )

バシャールからのメッセ―ジ(5)

あなた方を愛しているのは、あなた方を見守っている高級霊と呼ばれている
天上界の諸霊だけではなく、神々だけではなく
私たち宇宙の友たちもあなた方を愛しております。
古来、いにしえの時より、そして未来永劫あなた方の友であります。

あなた方と愛し合い、あなた方と信頼し合い
ともに神の、この宇宙の素晴らしさをたたえ合い
愛のエネルギーとして神の素晴らしさを表現していく仲間として
私は永遠にあなた方の友であり続けることでしょう。

どうかあなた方の使命が大きいことはわかっております。
あなた方があってこそ私たちの使命もあるし
あなた方が立ってくれてこそ、私たちの使命もあるし
あなた方が立ってくれてこそ私たちが
私が長い間ことバシャールとしてやってきた
この使命というものの仕事も、評価もまた高くなるのです。
そうでなければ単にバシャールがチャネラーを送った
それだけの宇宙人もののひとつになってしまうのです。

宇宙の外から、そして内側からみんなが手を取る。
そして地上の三次元に肉体を持っているあなた方と
三位一体で手を取り合った時に
この地球という惑星が内からも、外からも
そしてこの地上自体の地に足のついた形において
この地上が変わっていくということ。
地球自体が変わっていくということ。

それがある意味で次元が上がっていき
この地球自体の使命も、地球自体の役割も変わっていくという
その時代が訪れるという
そんな素晴らしい、素晴らしい、素晴らしい栄光にあふれた愛の時代
愛の世紀が訪れるということ。
その時を目の前にしているあなた方であるということを
私はあなた方にお伝えします。

これからも、私たちだけではなく、他の宇宙の仲間たちも、地球のことを愛し
今まであなたが知らないところで
地球のために一生懸命働いて生きている仲間たちがたくさんいるのです。
でもその者たちとともに、あなた方のもとにメッセージを伝えたいと思います。

あなた方がまだ考えてもいなかったような視点で
私たちはあなた方に愛を伝えられるかもしれない。
神というのはけっして特殊なものではなくて、私たちの体の中に生きている
魂の中に流れている、エネルギー、血液、それが愛であり
それが神そのもののお姿でもあるということなのです。

あなた方の肉体には赤い血が流れているでしょう?
それが愛という、神様のエネルギーが循環している姿なのです。
魂という霊体の中に流れている、あなた方に、それはあなた方の心の中に
脈々と流れて循環している、神の愛のエネルギー
それがあるからこそあなた方が生かされているのです。

物質界というのは魂の、魂のボディーにすぎません。
あなた方がこの三次元にたまたま留まるために着けている
洋服の一枚にしかすぎないように私には思うのです。

あなた方が本来あるべき姿では、エーテル体と呼ばれている
本来の魂そのものの姿なのです。
ある程度成長していくのならば、だんだんそのような重たい
物質的なものというものはあったかくなれば、なっていたのならば
心が幸せで暖かくなっていたのならば
いっぱい着ている服は一枚一枚脱いでいかれて
身軽になられることでしょう。
それと同じなのです。

私たちも修行が進んでいったのならば
余分な肉体というものはもういらなくなり
どんどん浄化し、なるたけ身軽なものになっていこうとして
次元があがって行くのです。

そうすると反物質的なもの、物質界のものとは違う構成になってきて
あなた方がもし他の私たちの惑星に来たとしても
そこには生きているものはいなかったという
そのような、目に見えるか見えないというかいうことだけを見るのならば
目に見えない存在として評価されるのかもしれない。
でも、心の世界と同じなのです。
自分の心と同調したものだけが見えるのです。

あなた方地球霊界も同じでしょう。
自分と同調するから、たとえばそこらへんにいる
あなた方で言う幽霊とかいうのも
低い思いでいたのならばそれに同調して見えるものなのです。

このチャネラーですか、霊媒ですか、そういう言葉使いますか?
神様の世界とコンタクトして
あなた方の世界の神々の言葉をとっておられるわけでしょう。

その時も、この霊媒の方の意識が、どの世界に同調しているか
それでその世界に通じる方がたの言葉をとれるかどうかが決まるのです。
その世界の方がたの言葉が、ある意味でいうと聞こえてくるのです。

でも地獄界の言葉は今とれないでしょう?
それと同じなのです。
この私たちの言っている宇宙においても
ある意味でひじょうに多次元構造になっているのです。
あなた方が三次元に肉体を持っている、これだけが全て宇宙の姿だと思ったら
大間違いであるということなのです。
c0171476_19495478.jpg

多次元、ある意味でパラレルな
同時並行で進化している宇宙の存在の中において
あなた方の認識と違う認識をもった者たちの目で見たのならば
あなた方がいないと思った世界に
わっとたくさんの人びとがひとつ文明をつくっている姿が見えてくるのです。

それは、その世界が見えるような心境に
あなた方がまだなっていないということ。
至っていないから、あなた方と同じ次元の、物質界の世界の
惑星のものだけが目に見えるということなのです。
それはあなた方でいう、霊界と呼ばれているものと
この宇宙の中における構造も全く同じであるということなのです。

波長同通というのが、あなた方も知っておられるでしょう。
宇宙の中の法則であるのです。
同調するものだけが見えるのです。

宇宙の法則の中において
同調するものにだけにつながっていくということがあるのです。
ですからあなた方の中において、認識をあげていけば
上のものはどんどん見えてくるのです。

だから無限の進化というものがあります。
私たちも、この私自体も
まだまだ進化のほんとうに途中にあるものであります。
でも、自分だけが進化してから他のものを救おう、ではないのです。

自分が進化するために
自分より少しでも私たちの手を必要とする者たちを援助し
少しでもその者たちの幸せのためにお役にたてる、その仕事をしていく中に
私たちの進化の、進歩の道もあるということなのです。
それはあなた方の仕事においても同じなのです。
ここまできたらならばお手伝いをしよう、ではないのです。

自分が少しでも幸せになっていくためには
周りの人たちの幸せのために少しでも仕事をし
心を砕き、愛し合っていこうという
その日々の行為の積み重ねの中において
自分のまた新たな進化の道が開かれていくという
そういう相対関係になっているのです。

なぜなら愛というのは分かち合いであり
愛というものはけっして独占された
ひとつの停滞したエネルギーではないからなのです。
愛というのは常に神からいただいているエネルギーを
他のものに流していかなくてはなりません。
流していく愛の循環の中に、より多くの愛が入ってくるようになるのです。

愛をケチくさく、自分のところに抱えこんで、流さないでいる、独占的な思い
その心の貧しさは
自分がより進化発展していく道をふさいでしまうことにもなるのです。
ですから、自分がほんとうに進化発展したかったのならば
より多くの方に奉仕することです。
より多くの人びとの、幸せの役に立つ仕事をすることです。
その愛の輪廻、愛の循環作用が、この大宇宙を貫いているのです。

私たちはただただその法則の愛の流れの中に身を置き
ただただ無心にそのエネルギーに、神の愛に正直に
自分自らの心の中にある神の子としての思いに正直に
ワクワクする思いの中において生きているだけなのです。
それだけで何ひとつ握らなくても、所有しなくても
私たちはとても幸せであるのです。

あなた方が喜んでくれる姿
にっこり微笑んでくださる姿
幸せだと言ってくださる姿を見て
私たちは涙が出るほど幸せに思い、うれしいのです。

その姿を見て私たちは、ほんとうに心から感動し
これがほんとうに私たちの霊的な意味において
ワクワクする、幸せな瞬間だなあと思いながら、仕事をしてよかったなあと
そのような神に対する感謝の思いで
また明日への愛を分かち合う道という仕事というものに
励もうというエネルギーにもなるのです。
あなた方も、地球の人びとで
そういうふうに奉仕し合って生きていただきたいのです。

傷つけ合うこと、奪い合うこと
そして違いによって互いを傷つけ合うことではなくて
互いが互いの幸せのために、互いの友たちが幸せになっていくことが
ほんとうはめぐりめぐって自らの幸せになっていくということ。

そして自らの幸せになっていくという道というのが
ほんとうにあなた方の無限の進化発展の道を開く唯一の道であるということ。
神の元へ還っていく、愛の循環の道筋が、そこしか道がないのだということ。

そこをどうかあなた方に理解していただきたい、わかっていただきたい。
もうそういう時期に地球はさしかかっているということなのです。
それを私たちは、メッセージするためにこの地球に降り立ってきているのです。

これからもよろしければ、お嫌でなければ
私からのメッセージを受けていただけたらと思います。
数々の宇宙の友たちがおります。

この方がレムリア時代にとっていたのは
私たちだけではなく、また他の友人たちもいるのです。
その彼らには彼らの、またメッセージしたい言葉があるでしょう。

でも私は、今日あなた方のところにきて
メッセージできたことを大変幸せに思います。
私たちの仕事がここにきて、この地球神の計画と一体になったことをもって
私たちの仕事の成功の意味も出てくるのです。

最終的にあなた方が自覚するかしないか
それはあなた方の地球人の自覚を待たなくてはわかりませんけれども
でも少なくともしっかりと外側、外からの手と、内側からの地球神霊からの計画
そしてそれを代行する地球の
次元の肉体を待ったあなた方と宇宙の友の私たちの
この三つの点が今しっかりとここでひとつになったということ。

これをもって三位一体の愛の実践といいます。
これが今日なされたということ。
それを私は大変誇りに思い
そして光栄に思い、心から歓迎、感謝申しあげます。

あなた方のお力に少しでもなれますように。
そして地球の方がたが、あなた方自身の素晴らしさに
あなた方の神の子としての愛の尊厳と、愛の素晴らしさに
どうか気づいていただける事を心から祈り
今日はこれにて失礼させていただきます。
ありがとうございました。

(2006.2.18 レムリア・ルネッサンス

c0171476_14183647.gif
*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2015-10-03 19:45 | バシャール | Trackback | Comments(0)

バシャールからのメッセ―ジ(4)

幸せというものがどういうふうにしたら手に入れられるか
それを私たちは知っているから、何ひとり余分なものを持たなくても
何もあなた方が欲しがっているような、何ですか
私たちからみるとひじょうに奇異なものに見えるのですが
お金、地球のお金ですか、これ?
他に行ったら何も使えません。

私たちの世界ではお金はなくても、必要なものは互いに奉仕し合い
分け合い、分かち合うのです。
何もお金なんか持って行かなくても
みな必要なものはひとつのスーパーみたいなところがありまして
皆行って取ってくるのです。

「いただきます。ありがとう。つくってくれた方ありがとう」
「どうぞお持ちください。あなたが生きていくために役に立つのだったら
私たちはこのような食べ物を生産したことをとても誇りに思います。
とても幸せに思います。どうぞお持ちください」
みなさんそう言って、自分たちのつくったもの
そういうものを皆置いておくのです。

そしてお互いに感謝をし合っていただいていく。
そしてその、たとえば果物や野菜をつくった人ならば
他の靴をつくっている、いろんなものをつくった人たちが置いていく
そこにおいて「ありがとう。じゃあ靴をいただきます。ありがとう」
みな感謝の思いです。

そして自らの同胞、仲間たちが幸せに暮らすことができる
役に立ったという思いが
彼らの人生におけるひじょうに幸福感の裏づけになっているのです。

幸せというのはそういうものなのです。
それが愛の輪廻と呼ばれているものなのです。
愛の循環と呼ばれているものなのです。

愛というのは分かち合えば分かち合うほど
何倍にもなって本人に戻ってくるのです。
愛というものはケチくさい思いになったのならば
少しも本人に戻ってこないものなのです。
私たちはそれを知っているのです。
それが神のお心でもあるからなのです。

自分に正直に生き、そして自分の愛する仲間たちの幸せな顔を見るために
一生懸命自ら仕事に励む。
そしてその彼らが喜ぶ姿を見て、ああ幸せだと感じられる。
その時こそ何ひとつ所有しなくても、何ひとつ持たなかったとしても
それは幸せの原型そのものであるのです。

神の愛はどうでしょう。
大宇宙を照らし、太陽の恒星の意識の中において
ありとあらゆるものをはぐくみ
私たちに生活できる、惑星や宇宙を与えてくださっております。

その中において、神は、ただただ何ひとつ主張なさることなく
私たちが幸せに生きているもうすべてのものを
もうすでに、ありとあらゆるものを
宇宙自体に埋め込まれて、私たちに奉仕して、与えてくださっているのです。

それがまた神の、愛そのものであり
神のお喜びになる幸福感そのものであるからなのです。
神ご自身がお幸せでありたいからこそ
そのような愛の姿を示しておられるということなのです。

いっさい主張することなく、何ひとつ自己主張することなく
ただ淡々と無限に愛し、愛し
自分の愛する神の子たちが幸せであってくれと思い
神の子たちが、一生懸命、ひとつ悟った、ひとつステップアップした
他の者たちを助けた、ここに素晴らしい文化を、文明をつくったという姿を
またごらんになりながら密かに喜ばれ
頑張れよと言って、あたたかな光と愛のエネルギーで包んで
無限の愛を与えてくださっている。
それが神の大宇宙の、神のお姿、愛の姿そのままであるのです。
私たちはその神の大いなる体の、宇宙の、愛のエネルギーの、懐の中に育まれ
私たちは、生かされ、神の愛の中で、幸せに満ちて生きているのです。

もうすでに親である神の、愛の中で気づけば、すっぽりと愛にくるまれて
幸せそのものである、それが私たちそのものの姿なのです。
にっこり振り返れば、私たちをいとおしいと思う
愛のまなざしで見てくださる、神のお姿があるのです。

その姿を振り返ってみてごらん。
あなた方はもう十分愛されているよ。
こんなにすべてのものをいただいているよ。
何を余分なものを握るの?
神のエネルギーを感じたかったのならば、振り返るだけじゃない。

あなたの心の中を見てごらん。
親である神、神様と同じエネルギー
血潮でこの体の中に愛という血液が、エネルギーが
あなた方の中に流れ巡り巡っているじゃないか。

これが愛だよ。
あなた方だけじゃないよ。
あなたの友人たちも、同胞たちの中にも
すべての中に、この愛の血液が、愛のエネルギーが流れているよ。

だからお互いに役に立ち合い、助け合い、ね、愛し合って、信頼し合って
あなた方のこの地球を、宇宙を素晴らしいものに一緒にしていこうよ。
それを、それを私たちは伝えるために
この地球にメッセンジャーとして来ているのです。

それがなにものでもない、あなた方が勝手にイメージしている宇宙人は
侵略者であって、食い殺されて、なんかそういういろいろなことがあるけど
それは単なる恐怖心から出ている
そのひとつの、あなた方の、幻想でしかないのです。

私たちはただただその、愛する仲間たちに伝えたい
一歩間違えればあなた方の未来は、自滅していきかねない
ぎりぎりのところにあるのが事実なのです。

そこではなくて、そちらの方向に行くのではなくて
所有し合い、奪い合い、傷つけ合い
自らをまるで悪の子であるかのように
サタンたちの、悪魔たちの支配下に落ちるのではなくて
あなた方がほんとうに愛の子であり、神の子であり
素晴らしい、互いに奉仕し合う中にこそ
ほんとうに神の根源のエネルギーを通してあなた方が幸せを
もう一度取り戻せる、そのチャンスが今ここにあるんだよ。
c0171476_19111458.jpg

どっちに行くの?
地球人たちよ。
滅びの道に行くの?
もう一度わたしたちと一緒に神の子である、神の子の道に戻ってくるのかい?

それを私たちは、ずっと長いこと心配しながら
メッセージしながらこの時を迎えるために来ていたのです。
でもそれを最後決めるのは地球の皆様、あなた方自身です。
それは私たちがこれ以上は言えないのです。

あなた方の未来は、あなた方の運命は、あなた方の惑星は
あなた方地球人の手でつくりあげるということ。
そのことに気づいてほしい。

そのことに気づいてほしいからこそ
この地球の、霊人であるエル・ランティたちは、アモールたちは
みなさん一生懸命この地球の指導霊団として
今日の地球の文明を存続させるために
今回の救世の計画をお立てになったのです。

そのためにこれだけの念入りな計画を立てて、総力をあげて
天上界が地球の、三次元、地上界を指導なさっておられたのです。
その必死な姿を私たちは見ております。
だからこそ、この我が愛する仲間たちが滅びるかもしれない。

必死で生き残らせようとして頑張っておられる九次元の
九次元だけとは言いません、地球の方がたのお姿を見ていて
私たちも、ひとつの外側から見て、宇宙の友として
何かあなた方に、気づきのチャンス、愛を分かち合うチャンス
その意味においてお役に立てることはないだろうかと思いながら
私たちの仲間を霊体だけでは限界がありますので
魂において地球に、何人もの者たちを転生させて
慣れない地球人の生活をさせながら
霊的に感応させながら、チャネラーというものをどんどん送り込み
地球人として転生した姿を通して、我々の言葉を聞く者たちが多ければ
「ああ、地球以外にも、宇宙という、宇宙人というものがいるんだな」と
「目に見えないけれどもチャネリングというのはあるんだな」とか
そういうことが少しは気づく
地球人のチャンスになってくれるであろうということを思い
この時期に大量に結構あちこちに出しているのです。
その者たちを通して私たちはチャネリングしているということのです。

やはり霊的な意味においても、同調する者たちでなければ
我々の周波数というのは気づくことはできないのです。
そういう能力というのを特殊に持っている人以外は
やはり、我々の惑星の者たちであるのならば、私が呼びかけるのであるのなら
私の惑星の者たちがやはり転生していったところに行って
私がメッセージを送っているということが事実なのです。

それはこのあいだ、女性の方のメッセージをとっておられましたけども
あの方においても同じなのです。
あの方がメッセージを受けている方というのはやはり同じ星の方であり
同じ星の方が転生してきて、その方の指導霊、まあ指導宇宙人といいますか
そういう者のメッセージを聞いているのです。

ですからひとつの惑星だけではない、ひじょうに数多くの宇宙連合の者たちが
今地球というものを通して、心配して、おせっかいにも
あなた方が見たらおせっかい思うかもしれないけど、愛を分かち合うために
今この時にきて見守っているということが事実なのです。

そして、あなた方はほんとうに霊的な意味においても自らの宝に気づき
地球人として、神の子としての意識に目覚めて
レベルアップすることができたのならば
みんなでほんとうに拍手喝采をもって
あなた方がひとつの我々のメンバーとして迎え入れる時ということを
ほんとうに心から楽しみに、楽しみに待ちわびているというのが
私たちの姿そのものであるということ。
どうか気づいていただきたいのです。

(2006.2.18 レムリア・ルネッサンス

c0171476_14183647.gif
*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2015-09-26 15:43 | バシャール | Trackback | Comments(0)

バシャールからのメッセ―ジ(3)

あなた方の思いの中において、幸せであるということは
まず神の子としての神性に正直に生きるということ。
神の子としての思いに対して、精一杯自らを表現し
その道において無限の進化を遂げていくということ。

それは自らを愛し、自分に正直に生き
そして自分の同胞たち、仲間たちの幸せを祝福し
幸せのために何とか力になれるように自分たちが努力し、仕事をしていく姿
人の役に立てるということ、愛する者の役に立てるということ
それは幸せなことなのです。

愛というものは、愛する者の役に立つということ
その者を愛するがゆえに
何かその人を幸せにできることをひとつでもしてみたいと思うこと
それが神が埋め込まれた愛の原理のひとつでもあるのです。

そうでしょう?
そう思ったのならば、私たちの世界は絶対奉仕の世界なのです。

愛する地球の、愛する宇宙の仲間たちが
もし私たちが感じているような幸福感というものをまだ手に入れていないで
互いに傷つけ合い、不幸で涙を流し、血を流し
苦しんでいる友たちがいるのならば
そこに飛んでいき
あなた方は何を幸せになりたくて争って傷ついているんですか?
何もいらないんですよ。
そこにつかんでいる、お金も、物も離して
そこに持っている銃も武器も、すべて捨ててごらんなさい。

あなた方がほんとうに幸せとして求めているものは何ですか?
愛し合い、愛されたいという思いではないのですか?

でもあなたは、あなたの家族にも、あなたの仲間たちにも
宇宙の仲間たちにも、そして神にも
もうすでにあなた方は十分なくらい愛されている存在なんですよ。

気づいてください。
愛が、あなたの中に無限に眠っているんです。
外に向かって幸せを、外に向かって幸福感を求めて
傷つけ合う時代はもう終わりにしましょう。
そんな時代はやめてしまいましょう。

あなた方が心の中にある宝を、神の子としての扉を広げて
その胸いっぱいにある愛の思いを開放してください。
なぜならあなた方は神の子であり、愛の子どもたちである
愛の、愛をもとにつくられた神の子どもたちであり、宇宙の子であるから
もう地球の中だけで、一国だけで争う時代は終わります。
宇宙の友たちがみな、あなた方を愛し、見守ってきた、今こう迎え入れる
今やっとあなた方と手を握り合う時を待ちわびているのです。

あなた方の地球は霊的な指導者によって、地球自体の自己管理の中において
あなた方は成長してきました。
でも我々宇宙の友たちは、長い、長い間
あなた方の成長というのを見守ってきたのです。

必要以上に侵略し、必要以上に干渉することはけっして許されない。
自治の許される、それぞれの惑星単位の進化発展の中において
できる限りのことを助力しようと思う、私たちの思いというのは
私たちなりの愛の姿でもあります。
地球のあなた方を愛している姿でもあります。

それはあなた方の魂のルーツの中に私たちの子孫であるという
私たちと同じ種を持って
この地球に来られた方がたの仲間であるという思いもあります。

でも、もしそうでなかったとしても私たちは
私たちのような者の手を必要としていただけるのであるのならば
宇宙の彼方、はるかはるか遠いところでも飛んで行って
助力の道を惜しまないでしょう。
努力を惜しまないことでしょう。

あなた方は今、おおいいなる霊的な成長をしようとしています。
認識の拡大なのです。
あなた方でいう明治維新というものを通して
時代感覚、認識というものが広がった、時代があったと伺っております。

それが今度地球規模的に、地球人が認識を拡大し
宇宙人のひとりとして、宇宙の中におる地球人
宇宙人としての地球人というもの
神の子としての地球人というものをしっかりと
大宇宙の、愛の流れの中において自らを確認するという
そういう姿をあなた方はこれからは迎えようとしています。

そういう時期でもあるのです。
それにはひとつだけの、地球の努力だけではあり得ないということ。
ひとつは、あなた方の努カプラス、やはり環境的、時代的な認識、流れ
そのエネルギー波動というもの
すべてが相まって、こういう時代をつくってくるということなのです。

アクエリアスの時代と呼ばれている
霊性進化の時代というのがこの時代であります。
それがゆえに、あなた方地球霊界の
九次元の方がたが必死になられておられるのも事実なのです。

宇宙は必ずひとつの法則のもとに流れているのです。
ですから神のエネルギーというものが、最大限に地球というものを
バックアップするエネルギーというのがきている時期でもあるのです。

ですからあなた方がほんとうに必要なこと
それは、我々も含め、宇宙の生きとし生きる存在が皆、神の子であり
外に向かって愛を求めるのではなく、自分自らの心の扉の中に
神の子としての愛の姿が、愛のエネルギーが満ちているということ。
その意味において、気高い神の子であるということ。

そしてあなた方が思っている以上に姿形なんか関係ないのだということ。
たとえどんな顔の比率をしていようと、二本で歩こうが、四本で歩こうが
どんな形をしているにしても、すべて神が愛され、神が表現なされた
その姿として私たちは、宇宙全体にさまざまな姿形をした
生きとし生ける神の子として、神により創造されたのです。

その姿において、みな違いを認め合い
そして皆がそれぞれ役割を果たし合うことにより
この大宇宙を彩る素晴らしいハーモニーというものを奏で合っていく。

それには、神の子としての自覚
愛の旋律のハーモニーでしかないということです。
愛のハーモニーなのです。

愛においてはいろいろな強弱があったり、愛においてもいろいろな表現の姿形
感性すべて個性が違うのです。
それがゆえにハーモニーになるのです。

でもそれは神の子であるという、愛ということに
ちゃんと原点を踏まえた上での愛の旋律をみなが奏で合うからこそ
一大オーケストラのような素晴らしい
愛のハーモニーがこの大宇宙に鳴り響くのです。

自らが神の子であり、愛のエネルギーを放つものであるという自覚のない者に
大宇宙の中における愛のハーモニーを奏でる資格はありません。
あなた方は愛のオーケストラの一員なのです。
愛のオーケストラを奏でるには、まず神の子であるという
自らの宝である愛のエネルギーをまず解放しなくてはいけません。

それを解放するには自らの存在に正直になり、その心の扉を広げる中において
その神の子は、イコール、愛の子である
愛のエネルギーの化身そのものであるという
事実に至らなくてはならないということを
それをあなた方地球霊界の九次元の方は
繰返し繰り返しいろんな言葉で語ってこられたということなのです。

今回の救世の計画と呼ばれている
エル・ランティたちがあなた方に降ろされた法の核心の中にも
まず魂というもの、エネルギー、魂というものが永遠であるということを
そしてあなた方がみな神の子であるということを
まず主軸に置かれているのはそういうことなのです。

神の子であるということ、愛のエネルギーの存在であること
それを開放するその扉のキーワードに
私はワクワクする心ということを、あなた方に伝えたのです。
c0171476_19372751.jpg

あなた方はその扉の開け方を
もう長いこと開けていないから忘れてしまっている。
神の子であるのではない、まるで悪魔の子であるかと思うかのようなことを
あなた方はブラックミステリーなんぞを見ていると思う。
まるで自分たちが悪魔の子どもであるかのように
性悪説ですか、性悪説のように思う。

とんでもないのです。
あなた方は気高い神の子であるのです。
愛の化身であり、愛のエネルギーの奔流でもあるのです。

そのことに気づくには、その扉の開け方、扉がどこにあるかも忘れて
心の中にあるんだよ、ということを伝え
その開け方もわからない、開ける取っ手が取れてしまったのかもしれない。

その扉はね、自分の気持ちに正直になって
まず魂がワクワクする、興奮する言葉を、自分の中において見つけたとき
その波動に合わせて自分の内側から勢いよく出てくる
それが愛のエネルギーの奔流なんだよ。

あなた方がまず自分に正直に生きなかったら
その神の子としてのエネルギーは
愛のエネルギーは出てこないんだよっていうことを
私は長いことチャネラーたちを使って
あなた方地球にメッセージを伝えてきたのです。
それしか言っていない。
私はけっしてそんな難しいことは言っていないはずなのです。

私は宗教家ではありません。
私はただの、普通の、宇宙の、あなた方の友であります。
その時あなた方地球人のように
そんなに難しいことを頭にいっぱい詰め込まなくても
私たちはとても幸せであります。

(2006.2.18 レムリア・ルネッサンス

c0171476_14183647.gif
*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2015-09-22 17:19 | バシャール | Trackback | Comments(0)

バシャールからのメッセ―ジ(2)

自分たちが三次元の肉体に押し込められて、本来は霊的な意味において
宇宙の根源において我々とひとつにつながっている
大いなる神の意識の一部であるということ。

神の子であるということは、みんなの意識がつながると
全てがつながり合っていき
そして神の子たちが、ほんとうにつながり合ったのならば
それは神のお心そのものである、我々は神そのものであるということ。

でもそれは、一部の独立した者が主張したときはそれは神ではなく
一部ではない。
全体のために神のお心の愛の表現として
神の子としての使命を十分に果たした時
みんなで生かし合い、みんなで協力し合い
神の思いを、愛の思いを表現している
大宇宙を表現している一部であるという感謝の思いになったときに
我々は大いなる使命を果たすことができます。

でもあなた方の地球霊界の中に、サタンと呼ばれている者がおられるでしょう。
それに大変手を焼いておられるようですけども
彼のような者を見ると、彼自体も神の子であるということ。

でも、神の子であるという自覚の中で、全体のみんな神の子たちが
力を合わせ協力し合い、神の元に返ってこそ
彼自体の本来の素晴らしい能力が出るということを彼は忘れ
一部分が独立し、一部分が全体であると主張し
自分自身は神の一部ではないと切り離した時に
地球でいう悪というものが存在するのです。

本来宇宙の中に善悪というものはないのです。
圧倒的な神の愛の中に生かされる、神の子たちの一なる思いに結ばれた
愛のエネルギーだけが宇宙を満たしているのです。

あなた方のような惑星においては
進化発展しているレベルがまだ迷いの段階にあるので
このような一部の造反者が出て、悪というものを、ひとつの光における影
闇のような部分として主張して、それがあまりに幼いがゆえに
それが全体に対して二大分裂する、二元論的な発想で主張する彼らの力を
宇宙の大いなるエネルギーの中においたのならば
ほんの一点でしかないということ。

そんな力は及ばないものであるということを
この最後、地球のシフトアップの時に思い知らされることになるでしょう。
まあ、それが彼らの学びであるということ。
あなた方の地球霊界の九次元と呼ばれている方
高級霊と呼ばれている方がたは
そのような寛容な思いで彼らを見ておられるのだと思います。

今は分裂、分断されている善悪というものを
しっかりと分けていく中において
あなた方地球人たちは、ひとつの物事を見極めるということを
三次元の物質をまといながら
ひとつの善悪というものをしっかり見分けて
そしてこの世の中における個の確立というもの
個性というものをしっかりと確認する
そのような成長段階、学びの修行場としての
地球の存在意義というのがあるのです。

あなた方が考えている世界は物質があるから
物質の中において、その存在確認というのをしながら
この科学の発達というものを遅々としながらも学ぶことができて
我々のように肉体がすでにもうなくなっていくような
霊的な、半霊的な世界にいく場合になりますと
このような修行はもうできなくなってくるのです。

善悪二元論というのがまだまかり通っているあなた方の地球上において
何か善で、何か悪であるかということ
まるで悪というものを、魔というものが善、神というものに対して
対等に立場を主張できるかのような、そんなパラドックス、錯覚なのです。

錯覚の中におきながらも、でも教育の場としてあなた方は何か正しく
何か間違っているかを学ぶという、そういう霊的な学びの段階にある
そういう惑星であるということ。

それをしっかりと学びつくしたのなら、本来答えは外にあるのではなくて
あなた方が地球人としての内側にある、その心の扉
ここを開いていくことにより
大宇宙に直結する神のお心へ通じる宝があなた方の中にある。

その心においてあなた方の周りにいる仲間たち、地球上の全ての者たち
動植物、鉱物全てが神の子であるということを
あなた方は学んでおられることでしょう。
今回のレムリアの、この神々からのメッセージにもあったはずなのです。

この思いの中において、全てが一体となり、手をつなぎ合い
ひとつになることによって
内側から神のお心、大宇宙の、大宇宙の神の意識につながっていく。
逆に言うと、外に向かってあなた方はロケットを発射して月に行ったり
他の惑星に行こうとするでしょう。

外に行って大宇宙に行くのではないのです。
あなた方の心の扉を開けるとそこに、こんな太陽系とか銀河系ではない
大宇宙につながる道があるということなのです。
そこに気づくということです。

そうすれば、地球人とか何人ということではなくて
大宇宙の神のお心の中にひとつにつながる思いにおいて、大宇宙と溶け合い
自分自らの、至福の、愛のエネルギーの中に同化していく
同調していく道というのが開かれるのです。

だから古来より、仏陀とか、あなた方の宗教指導者は自らの心を探求し
自分自らの内的な反省をしていく中で
最終的に悟りが宇宙即我であるということを
おっしゃられているのではないでしょうか。
それは仏陀が宇宙の神理を説かれているということなのです。
c0171476_13434692.jpg

自らの内側を内省し、自分自らのエネルギーに同調していく。
そうしていく中において、自らの大宇宙と自らの宇宙の神の愛に同化していく。
そうなったときに大宇宙が目の前に見えてくる。
神のお心が、神のお体が見えてくるということ。
そうなってこそ自分が何者であったかということがわかる。
それがあなた方の宗教でいっている悟りというものであります。

我々はその段階をもう理解して
ひとつの神のお体の、神のエネルギーの一部であるという
その中において個としての、個性というものを授けられた
そのような存在であると思って
ひたすら我らが同胞の、我らが友人たちの、神の子たちを
少しでも進化発展するためのお役に立てるために働くことが
私たちの生きがいであり、喜びであり、使命である。

それが神の子としての道であるというふうに喜び勇んで
みんな仕事をしている。
その世界に他者を傷つけたり、殺したり、戦争をしたり
憎み合ったりという思いというのは
もう入らなくなってくるということなのです。

そのような愛の思い、そこに至るにはどうするか。
地球人自体の中に善悪という二元論があり、悪というものが決定的にある
ということがまるで神に対して大きな顔をしているがゆえに
あなた方はひじょうに多くの足かせの中で
自らの心というものを縛っているのです。

数々の多くの縛りの中において
自らの神の子としての自分を開放するということ。
それにためらいを持っているのです。
それがゆえに私は「ワクワクする心で生きなさい。
ワクワクするものをやりなさい」ということを言ったのです。
ひじょうに単純な神理なのです。
難しいことではないはずなのです。

それは何かというと
「あなた方の神の子としての本性に、心に、それに素直に生きなさい」
ということなのです。

その心に、自らの心のありように、素直に応じたときだけ
神から与えられたこの愛の存在としての神のエネルギーは
喜びに満ちて、感動に震えて
その世界の中における最高の愛のバイブレーションというのを
放つということなのです。
それにはまず自らが素直になり
正直にならなくてはいけないということのです。

あなた方は自分自らの心を解放し
神の子としての思いを素直に出したのならば
おかしな人と思われるのではないかとか
自分がこうしたいと思うことを表明することが非常識なことであるとか
世間からひじょうに注意を受けるような
諌められるような内容であるのではないかとすぐ自己規制が入るのです。

そうではないのです。
自らの気持ちの中においてほんとうにやりたいこと
ほんとうに自分の魂が喜ぶことに素直に生きなさいということを
私は言い伝えきたのです。
それ以外は難しいことは言っていないのです。

あなた方のいうそのモーゼの十戒とか
いろんなコーランとかもいろいろ教えがあるのを知っています。
宗教指導者が様々なその時代において
様々な規則をつくられたことでしょう。

でもいちばん大事な規則はね、あなた方の心の中にもう入っているのです。
それはまずあなた方自体が神の愛のエネルギーの、表現のエネルギー
魂である、神の子であることにまず気づくということ。
それがまず原点なのです。
始まりなのです。

その神の愛のバイブレーションを開放しなさい。
まずその気持ちに素直に生きなさい。
そうしたら、他のことは何でも叶ってくるよ。

それ以外のことにあまりに自己限定をし
これはこうかくあるべしということに
あなた方地球人は、自分にいくつもの足かせ、手かせ、鎖で
自らを縛りつけて苦しくさせているだけであるということを
私は言っているのです。

自らの心が、魂が喜ぶこと
人を殺してうれしいと思いますか?
ほんとうにワクワクしますか?

しないはずなのです。
他の人が喜んでいる姿、他の人が幸せな姿を喜び合うというのが
本来の神の子の自然な姿なのです。

病的にゆがめられたものがあるかもしれない。
それはでも、自分の正直な思いというのをどんどん開放していく中に
健全な神の子としての自分を取り戻していったときに
自ら宇宙の中にある規律というもの、宇宙の神が与えられた
愛の掟というものが自然にそのエネルギーの中にもう含まれていて
その旋律に耳を傾かせ、自らの心に正直に生き続けることさえできれば
人びとはその神の大宇宙の愛の旋律の、法のもとに自然に一体化し、同化し
大調和しながら生きられるという、その法があなた方の体の中に
魂の中に、もう刻印されているということなのです。
それに気づいてください、というのが我々のメッセージでもあるのです。

外側からくることではない、内側からくる
内側にいちばん至高の、大事な、大事な
大切な宝物があなた方の中にあるよ、と。
これがいちばん大切なことなんだよ、と。

宇宙を探索したくて、外に向かって、ロケットを
あなた方のあの巨大なロケットを
危険を冒して飛ばすことよりも、あなた方の心を見つめてごらん。
そしてあなた方が神の子であるということに気づいてごらん。
そして自分の気持ちに正直に生きてごらん。

隠すことなく、偽ることなく、あなたの心がほんとうに喜ぶ
ほんとうにワクワクする、思いに正直に生きてごらん。
そうしたらあなた方は、あなた方が今まで外に求めていた
ほんとうの幸せというもの、幸福感というものを手に出ることができるよ。

それは愛の心、神の子としての、愛の心に正直に生きた者だけが
ほんとうの幸せというものを手に入れることができるんだよ、ということを
私たちは伝えているのです。

それ以外に、あなた方の世界でいう、お金ですか、物質ですか、何ですか
地位ですか、名誉ですか、権力ですか、そんなものを手に入れて
ほんとうにあなた方の魂が喜んで、幸せで満たされると思いますか?

そのように思い、錯覚をしている地球人たちがいるということです。
でも、それを手に入れた人たちはほんとうに幸せでしょうか?
幸せではないはずなのです。
心が常に荒立ち、ほんとうの意味での満たされない思いというのがあって
不幸な感覚というのをつかんでいるはずなのです。

(2006.2.18 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2015-09-15 13:40 | バシャール | Trackback | Comments(0)

バシャールからのメッセ―ジ

あなた方の地球という世界で今起きていた計画と
私たちの計画が無関係なわけがないのです。
全てその時期に合わせて地球の内側からも
そして外側からもみんなで協力し合って
今回の地球のシフトアップ、霊的な成長というものを助力しよう
みんなでこの地球を素晴らしい状況に持っていこうと思って
我々は来ているわけです。

ですから当然、地球霊界におけるこの救済計画ということを
我々は全て知り尽くしておりました。
その上でのタイミングを計って出てきたから
ちょうどその時期にうまくリンクしているはずなんです。

よろしいですか?
先程ハロルドからも言っていたと思いますけれども
まあハロルドあたりは、あのあたりでもうだめだという判断を
下していたようですけど
私はその後地球で頑張り続けて、やはり多くのチャネラーを通して
私たちは宇宙の神理というのをあきらめず伝え続けてきたわけです。

まあ彼の場合はどっちかというと査察官的なところがありますけれども
私はとにかくやれるところまでやっていこうと思って
世界中に私の言葉を聞き入れてくれるチャネラーというものを探し出して
一生懸命同じ言葉を伝え続けて
あなた方でいう、霊的な文化というものを今つくろうとされていますけれども
その霊的な文化以外に目に見えない我々の、あなた方が感知できないけれども
確かに他の惑星にも、宇宙にも我々のような者たちが生きているということを
目に見える世界だけが全てではないということを
地球人にメッセージするために、私はずっと私は頑張り続けてきた者です。

ただ、その意味におきましても
再度、地球霊界のほうからもこのような計画が立ち上がり
我々とともに手を携えることができる時がきたということを
私はそれこそ、それこそワクワクする思いで待ち焦がれていたのです。

ですから、あなた方のところに来てメッセージするということ
そのことをとても今、光栄に思いますし
やり続けてきてよかったという感動の思いで胸がいっぱいなのです。

私が最後コンタクトするのはあなた方の地球という世界で今起きていた計画と
私たちの計画が無関係なわけがないのです。
全てその時期に合わせて地球の内側からも
そして外側からもみんなで協力し合って
今回の地球のシフトアップ、霊的な成長というものを助力しよう
みんなでこの地球を素晴らしい状況に持っていこうと思って
我々は来ているわけです。

ですから当然、地球霊界におけるこの救済計画ということを
我々は全て知り尽くしておりました。
その上でのタイミングを計って出てきたから
ちょうどその時期にうまくリンクしているはずなんです。

よろしいですか?
先程ハロルドからも言っていたと思いますけれども
まあハロルドあたりは、あのあたりでもうだめだという判断を
下していたようですけど
私はその後地球で頑張り続けて、やはり多くのチャネラーを通して
私たちは宇宙の神理というのをあきらめず伝え続けてきたわけです。

まあ彼の場合はどっちかというと査察官的なところがありますけれども
私はとにかくやれるところまでやっていこうと思って
世界中に私の言葉を聞き入れてくれるチャネラーというものを探し出して
一生懸命同じ言葉を伝え続けて
あなた方でいう、霊的な文化というものを今つくろうとされていますけれども
その霊的な文化以外に目に見えない我々の、あなた方が感知できないけれども
確かに他の惑星にも、宇宙にも我々のような者たちが生きているということを
目に見える世界だけが全てではないということを
地球人にメッセージするために、私はずっと私は頑張り続けてきた者です。

ただ、その意味におきましても
再度、地球霊界のほうからもこのような計画が立ち上がり
我々とともに手を携えることができる時がきたということを
私はそれこそ、それこそワクワクする思いで待ち焦がれていたのです。

ですから、あなた方のところに来てメッセージするということ
そのことをとても今、光栄に思いますし
やり続けてきてよかったという感動の思いで胸がいっぱいなのです。

私が最後コンタクトするのはエル・カンタラーの予定でございました。
そちらのほうで出るつもりでおりましたので
今、エル・カンタラーの代わりに
あなた方のところに私がメッセージするということは
ひじょうに重要な意味があるのです。

そして今まで世界中に出してきた
特に日本に私のチャネラーたちは多いのです。
日本でもひじょうに多くの
そういう公開の場というものを持っているはずなのです。
それは日本というのは霊的な意味においても
我々の言葉を受け入れる意味においても
ひじょうに地球の中心に当たる霊的な磁場
そういうデリケートな場所であるということを
我々がわかった上で、この地球というものを中心に
我々はメッセージを送ってきたということがあるのです。

そのことを思いますと、もう一度最後その計画が立ち上がったということ。
それを我々は感動をもって見ておりますし
最後まであきらめずにやり続けてきてよかったなと思っているのです。

あなた方がしっかりと立たれることです。
地球系の救済は、やはりハロルドも言っていましたけれども
地球の救済は地球人自らの手で行われるべきであります。

それがルールであります。
そのことを思うと、あなた方がまず地球人としてしっかりと立ち上がり
その上で我々ができる助力というものが許されてくるわけなのです。

そうでなければ勝手に外部侵略者が余計な口を挟んだという
そのようなことで地球自体の進化が
地球人自体の次のステップアップにおける
霊的な成長が行われるわけがないのです。

そのことを考えたならば、あなた方がちゃんと存続し
あなた方が地球霊界の意思を代表し
地球人の代表者としてこの計画を押し進めているということ
存続しているということが
どれだけ地球にとって、我々にとっても
希望ある未来を地球にもたらすかという
そのことすらかかっているということ。

その上での我々は、あくまでも助力者であるということ。
そして今まで私かあきらめずに世界中に出してきた
チャネリングしてきたチャネラーたちを通して
これから地球規模で統一した、手と手をつなぎあう
ネットワークづくりというものをしようと思っているのです。

それは我々のような、あなた方から見たら
異形な姿形の違うものからきているメッセージを
すでにもう受け入れている者たちがたくさんいるということ。

そのことを思ったのならば、地球人同士が手をつなぎあうということは
同じ姿形をした地球人同上が姿をつなぎ合っていくということ。
そして自分たちが過去より慣れ親しんだ
地球系の神々の言葉を受け入れていくということは
我々のような者を受け入れた後であるのならば
ひじょうにそれは簡単なことであると思うのです。

すべてが分裂されていた、分断されていたもの、地球の中において
相対的な中において、分断されていたものが、今日統合されるために
この地球の時代という、時というのがあります。
c0171476_8381937.jpg

すべてが統合されていくのです。
統合されて、善悪というところで裁かれ、何がいけないということではなくて
全てが必要であり、すべてが本来の役割、その立場に
あるべき場所に戻っていくことにおける
トータルな意昧での重要性における統合というものを通して
地球というのは完成への道を、ステップを上がっていくのです。

それをやっていく中において、霊的な進歩、成長というのが
地球にも、地球人自身にももたらされるということ。
そのことをあなた方はそういう時代にこれから生きようとしているということ。

バラバラに落とされた膨大な数のパズルを
すべてきっちりと当てはめていったのならば
どれひとつとして捨てるべきピースはなかったということに
あなた方は気づくことでしょう。

地球に古来よりおきてきた宗教というもの
そして歴史の中に問われてきたこと
人の道ということ、そして科学の進歩発展ということ。
そして、その進歩発展の先に見えてきた宇宙人類、宇宙文明
宇宙の人びとの出会いということ。

それはけっして矛盾するものではなくて、古来神話の世界より宇宙人が
この地球に来てあなた方に数々の英知を授けてき
そしてその宇宙人たちもあなた方地球人と同じ神の子であり
大宇宙の本質の愛のエネルギーに同調した、神のエネルギーの一部であり
神の子たちの一部であるということ。

みな神の子たちがその地球を超えて、すべての惑星、銀河を超えて
みんなで手を取り合い、一なる、ひとつなる神の元に戻っていくために
我々は協力し合い、愛し合い、信じ合い
そのトータルな理念の中において統合されていく。

その役割において神性とされていく愛の原理の中において
大宇宙の本質的な意義というものを学びながら、無限に進化し
神の子として、永遠に神につながる階段を上り続けていく
そういう仲間であるという
あなた方も私たちも、そういう仲間であるということを
ひとつの神理として知るべき時期がきているのです。

そのために地球自体の進歩というものを、進化というものを
霊的な成長というものを含め、我々は外部宇宙から来た
あなた方に新たなメッセージというものを
もうすでに我々の世界では常識として知られているようなものを
あなた方に伝えるために
私たちはそのメッセンジャーとして来ているのです。

そのメッセンジャーとして受け入れてくれるのが
こういうチャネラーと呼ばれている
コンタクティーと呼ばれている方がた、古来の宗教であるのならば
シャーマンと呼ばれていた方がたであるのです。

それで先程から聞いているといろいろとおっしゃられているようですけども
基本的には同じ能力であるということなのです。
そして古来よりは、そのような特殊な能力を持った方が
このように話されるのですけれども
この方もレムリアの時にもやっておられまして
私もレムリアの時に、そのとき彼女にコンタクトしているひとりであります。

この方(アマーリエ)は私のことをバシャールと聞いて
「知らない」と言って拒否しているようですけれども
昔からの友人であると彼女に伝えておいてください、皆さんの方から。

私はよく彼女のことを
彼女がいたずらしている姿というのをよく見ていましたし
あの当時から「嫌だ、嫌だ」と言って
やはり我々のメッセージを聞くのも嫌がっていたのも
相変わらず変わらないな
というふうに思ってみんなで笑って聞いておりました。

そのような過去というものがありましたけれども、これから地球自体で
地球がトータルな霊的な成長を遂げていく段階の中で
このような一部のチャネラーだけではなく
現に私の影響を、エネルギーを受けた者たちは
次々とチャネラーとしての自覚に目覚めて
本来普通の方であった方たちがチャネラーとして役割を果たしているのです。

ですから、地球規模的な、こういう霊的な成長が起きてきた時には
一部のチャネラーたち、一部の能力者だけではなく
あなた方のような方がたも
我々の宇宙の波動にエネルギーを合わせていただけるのであるのならば
我々の言葉をその中には聞ける者たち
テレパシーを感受する能力に啓発されて
その能力を取り戻す方がたが出てくるはずなのです。

それを他の方がたも、数々伝えに来ておられるはずなのです。
それはけっして一部の者ではない
地球人たちが忘れてしまった能力であるということなのです。

(2006.2.18 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2015-09-09 08:32 | バシャール | Trackback | Comments(0)



一般財団法人レムリア・ルネッサンスより許可を受けアマーリエを介した天上界からのスピリチュアルメッセージを転載させていただいています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧