地球を愛の星へ

カテゴリ:ひとりごと( 64 )

九次元霊のご紹介

地球霊界には最高層に九次元霊(本体)が存在していますが
今日はそのうちの10人を神智学系統の名前と合わせてご紹介しましょう。
(なお、現在日本に生まれている9次元霊2名は説明から除外しています。)
c0171476_11252254.jpg

エル・ランティ:
近年、高橋信次として日本に生まれ、九次元の中でもとりまとめ役であり
リーダー格です。
3億6500万年前にマゼラン星雲のベーエルダ星から
6000万人を引き連れて地球にやってきまた。
神智学系統ではサナート・クメラと呼ばれている存在です。
金星からやってきたと一部でいわれていますが
金星を足掛かりに皆さん地球にやってきますのでよろしいかと思います。

マイトレーヤー:
オリオン星雲から同じ9次元霊のマヌ、カイトロンとともに
地球にやってきました。
神智学系統ではチョーハンと呼ばれている存在です。

アモール:
13次元銀河・アガシャー意識の分霊。
最近ではイエス・キリストとして地上に生まれています。

エル・カンターレ:
最近では仏陀として地上に生まれています。
神智学系統ではトスと呼ばれている存在です。

モーリャ:
最近ではモーゼとして地上に生まれています。
神智学系統ではモリヤ(ミラレパ)と呼ばれている存在です。

セラビム:
アトランティスではオシリスとして
最近では孔子として地上に生まれています。

マヌ:
「マヌ法典」で知られていますが
神智学系統ではサナーカと呼ばれている存在です。

カイトロン:
最近ではニュートンとして地上に生まれています。
神智学系統ではクート・フーミー(ヒラリオン)と呼ばれている存在です。

ゾロアスター:
拝火教の教祖。その後マニとして地上に生まれています。
神智学系統ではサーナンダナと呼ばれている存在です。

ゼウス:
古代ギリシャ時代に地上に生まれた全知全能のゼウス。
神智学系統ではセラピスと呼ばれている存在です。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-04-09 11:27 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

私たちの本質は心を中心に持つ魂

こんにちは。Pureです。

私たちの本質は心です。
大いなる愛から分かれてきた
光り輝く愛のエネルギーそのものが
私たちの心です。

この心はさまざまな体を身にまとっています。
中心に近いものとして光子体、光子で構成されている体があって
精妙なものからノーマルなものまで幾層あります。
その外に霊体、幽体という体が肉体にすっぽり入っているのです。
ここでは便宜上、この体を霊体でひとくくりにして話していきます。
c0171476_1062267.jpg

肉体は物質界。
霊体は非物質界の体です。
肉体と霊体は非物質界のシルバーコード、霊子線でつながっています。
このような構造になっているのが私たちの本質
心を中心に持った魂と呼ばれているエネルギー体です。

非物質界には幽界と呼ばれている世界と
霊界と呼ばれている世界などがあり、
その上にもいろいろな進歩した霊たちが存在している光の世界があります。
一般的に幽界では幽体をまとって、
霊界では幽体を脱ぎ捨て、霊体をまとって暮らしています。
その上の世界では霊体を脱ぎ捨て、光子体をまとって活動しています。

上の世界に行くほど光の量が増していき
下の世界に行くほど光の量が減っていきます。
そして、幽界の一部には、
一部といってもたいへん幾層にもわたる広大なエリアですが、
地獄界と呼ばれる闇の世界が存在しています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-04-04 10:07 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

夢の中(その1)

夢。


夢とは何でしょうねー063.gif


おっと!失礼035.gif

久しぶりのPureです。 060.gif058.gif072.gif056.gif053.gif035.gif060.gif058.gif072.gif058.gif060.gif064.gif056.gif035.gif060.gif056.gif




この3次元、物質世界からするとたいへん荒唐無稽な、支離滅裂な

しかもすべて思い出せない、思い出してもすぐ忘れてしまう

雲をつかむような感覚のものだと思うのですが

肉体人間の脳の中での話じゃなくて

本質の魂としての、霊魂、霊体、意識を持ったエネルギー体として

体験しているんだという見地に立てば

その感覚も何となくわかってくるような感じになると思います。


ここ何年か睡眠を趣味とするという

夜、テレビを見る時間をすべて睡眠に充てるという

たいへん変わった生活スタイルを取ることにより

結構、いろんなことがつかめてきました。


夢は、肉体から離れた私たちの本質としての

意識を持った霊体が実際に体験している霊的世界であり

その霊的世界で縦横無尽にワープしまくったり

エネルギーを補充したり、今の自分の心境と同等の霊世界を体験したり

守護霊、指導霊とともにいろいろな世界を見せてもらったり

自分の過去世を見せてもらったり、アドバイスをもらったり

指導されたりします。


また、懐かしい霊人たちと交流したり

物質世界での今後の自分の未来をいろいろ試してみたり

過去における自分の感情のバランスを取ってみたり

いろんなことをしています。


その中で、霊界の第一印象として必ず伝えておかなくてはいけないものに

下の世界と上の世界というのが絶対あります。


上の世界というのは、上空、天空高いところに存在する

美しく、透き通った、自然豊かな、心高なる世界です。


これと反対に下の世界は、地下うす暗く、汚い、薄気味悪く

まったく信頼関係が無い、恐ろしいところです。


大蛇、野獣がかっ歩している世界もあれば

地上のやくざ世界そのままの世界もあります。


そして、魔界の宮殿と私が意識するところでは

足を踏み入れた途端、見動きを封じられてしまう恐ろしいところもあります。

目覚めればこの危機を脱出できますが、ほんとここはヤバイです。


また逆に、上の世界は必ず、上空遥か高いところにあります。

下の海とか、下界と言われるような

地上をはるかに見下ろす凄いことろに存在してますので

高所恐怖症の私は、行く途中で見降ろすたびに足がすくむ、立っていられない

毎回そんな気分になります。


交通手段は光の通路のエレベーターで一気に登っていく時があったり

天空を駆け廻る龍神さんに乗っているときがあったり

ロープウェイのような乗り物でゆっくり登っていって

急にワープして到着してみたりという感じですね。


龍神さんに乗るときはひげか外皮のようなものを必死につかんで

行くのですが

上下動を繰り返しながら上り続けるジェットコースターで伝わるでしょうか?

終着地は地上じゃなくて、天界なのです。

怖いというか、爽快というか…。

皆さんも一度経験されることをお勧めします。

(続く)

c0171476_14183647.gif
*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2012-09-03 18:02 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

過去世のビジョンと幽体離脱

前のブログ、幽体離脱(体外離脱)その5で

私は、プレマスという星から来たということを

守護霊から聞いたので、早速いろいろ調べてみました。



その結果

プリマス(Plymouth)という地方都市名にまず辿り着きました。

実はここから

自らの過去世をどんどんたぐり寄せていく展開となるのです。


このプリマスという都市は、イングランドとアメリカ合衆国にあるのですが

ともにピューリタン(清教徒)たちが住む街であり

アメリカの方は移住先でもあるのです。


実はここに以前も書いた

過去世のビジョンと一致するところが出てきたのです。

イギリスあたりから大勢の人たちと船に乗り、途中嵐に会うなどして

たくさんの犠牲を伴いながら新大陸に向かうビジョン。


それと、隠れ家のようなお城の中で

英語で何やら極秘の打ち合わせのようなことを

している数人の男女のビジョン。


それと自らの個性、性格、特性を加味すると

清教徒革命(ピューリタン革命)の頃にイングランドに転生し

秘密裏の活動を通してキリスト教改革を試みていたこと。


やがて自由を求めて、新天地アメリカへ向けて

メイフラワー号に乗船していたのではないかということなのです。

いやー、少しすっきりしてきました。


すると守護霊は

出身母星の質問に対して過去世の出身地を答えていたことになりますが

まー、テレパシーの世界だからそういうこともあるのでしょう。

その星の出身の魂が、大勢そこに転生している可能性とかも考えられますし

その他にも何かしら関係しているかもしれません。


ほかに、空を飛ぶ乗り物の操縦かんを握りしめながら

墜落したようなビジョンを見ました。

その直後指令本部のような建物に行き

「撃墜されました」と報告しに行ったのですが

相手にはされませんでした。

もちろん、霊体で報告に行ったからだと思います。


そして現代に生れて、10代の頃遊園地に行ったりしましたが

ジェットコースターとバイキングだけは絶対に乗りません。

死ぬほど怖い! 008.gif

ま―実際その恐怖を、過去世で味わっているということなんですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2010-11-24 11:32 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

地球を愛の星へ

035.gif 魂ベースで物事をとらえると世の中シンプルになってきます。

我々の本来の姿は、魂としての宇宙の愛のエネルギーのワンピース。

その魂が3次元、物質世界の肉体人間に宿り一体化し

この地上を愛と調和に満ちた世界とするため、様々な違いや障害を越え

自らも成長しながら学修しているのです。



この物質世界は、人間をリーダーに動物、植物、鉱物が地球という環境の中

いかに調和しながら

宇宙とバランスを保って進歩できるかということをテーマに

今、それぞれが互いに支え合って、命を落として、生かし合って

落ち葉が堆積して土となっていくように、時が経過してきていると思います。

しかし、リーダーである人間が

いちばん高い境地を求められているにもかかわらず

その自由意思の発揮の結果

宇宙とのバランスをとることになかなか成功できない。

ほんの一部の人間しか

本来内在している大いなる愛の思いで生きていないのです。



この物質世界に振り回されてはいけませんよー。

魂の、エネルギーの世界が本来の世界で

この3次元はエネルギー世界をベースに

作り上げられた綿菓子のようなものです。

地球という綿菓子は、いつ何時なくなっても不思議ではありませんが

エネルギーの世界は、エネルギー不滅の法則によりその永遠性を保っています。

なので、この世の財産、地位、名誉はこの場限りのものです。

こだわってはいけません。

私たちの本来の目的は

大いなる愛の境地目指しての進歩、成長しかないのです。

なぜなら愛のワンピース。

愛の子どもたちであるからです。



地球すべての生命は、産まれて、生きて、死んでいきます。

それぞれに未来の愛の世界を、調和の世界を夢見て

その歴史を重ねているのではないのでしょうか。

無意識でもその夢があるからその身を捧げ、命をつないでいる

地球家族としての動物たちの姿もあるように思えます。

歴史を重ねていく循環にすべて愛が存在しているのです。




人間リーダー頑張りましょう 058.gif035.gif056.gif
 

あなたが愛を発揮しなければ、愛と調和の世界は近づいてこないのです。

今回人間が成功しないなら、リセット後の地球はイルカをリーダーとして

調和世界を目指してみるかと、なるかもしれませんよ。

ま―冗談ですが・・・・。

あきらめないぞ!053.gif 地球を愛の星へ 053.gif!!

c0171476_14183647.gif
*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい

[PR]
by nagoyasc | 2010-11-16 11:45 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

愛のエネルギーのワンピース

035.gif 私たちの本質は、魂としての霊的なエネルギー体であり

その魂があの世とこの世を行き来している

永遠の存在なのです。

またこの魂は、宇宙の愛のエネルギーのワンピースであり

愛の子である私たちは、愛を表現し、愛に生きることがいちばんの幸せなのです。



今、地球という3次元、物質世界の人間に宿り、私たちは学修をしています。

人間という肉体は思いひとつで、神仏のようにも野獣のようにも悪魔のようにもなれます。

愛の思いを全面に表現すれば、安らぎに満ちた自由で美しい世界が広がってきますが

自己中心で、自分勝手で、思いやりのない思いを表現すれば

黒い雲が広がっていくように恐れ、支配、束縛に満ちた世界が広がり始めます。



この宇宙というのは偶然に出来上がったのではありません。

最初に思いがありました。

宇宙の愛という存在の思いがあり、エネルギーレベルの大きなうねりが生じて

宇宙が形を成していったのです。

まずはエネルギーレベルの形成があり、さまざまな過程を得て物質レベルの形成が

その姿が出来上がったのです。



ですから基本は思い、この思いが世界を形成していくパワーであると

信じていただきたいのです。

そしてその思いが、原初の宇宙の愛の思いに近づいてくれば、近づいてくるほど

そのパワーは応援を受け、威力を増し

より大きな宇宙の創造事業に参画する資格を得ていくのです。

なぜなら私たちは愛のエネルギーのワンピースであり、愛の子だからです。

無限のパワーを秘めた、エネルギー体としての魂なのです。



でも、その偉大なる創造力も、経験を踏まなくては

境涯を上げ、魂の器を大きくしていくことはできません。

そのために大いなる愛は、地球のようなさまざまな惑星を用意され

愛の子どもたちの成長を見守り、さらなる宇宙の進化成長そして発展を願い

大いなる創造をこの大宇宙で展開されているのでしょう。



そして今地球は、文明の成熟期を迎えていて、様々な選択肢のある分岐点に立っています。

054.gif 人類の滅亡。

064.gif 地球の破滅。

056.gif 世界平和の樹立。

057.gif 宇宙時代の幕開け。

このすべてが、私たちの思いから結果が生じてくるということなのです。



私たちは一人残らず愛の子、永遠の魂であり、地球家族の一員です。

国が違う、宗教が違う、肌の色が違う、そのようなことで受け入れないような

そんな狭い考えは、愛の子の思いとは言えないのです。

それは身近なことであっても、愛の子として愛を表現していく

そのような視点で日々生活していけば、地球は愛の星へと変貌していくのです。

一人ひとりの思いが愛を基調としたエネルギーを放出していくと

みんな愛の子、愛の家族なのですから、そのバイブレーションに触れていくうちに

徐々に、徐々に地球は愛の星に変わっていくのです。

そして、ある臨界点に達するとそれはよりいっそうスピードを増して

地球は愛と調和と平和に包まれ始めるでしょう。

そして、周りがさらに光り始めて、世に言うアセンションという現象が

一人ひとりのバイブレーションに応じて起こり始めます。



私たちは様々な違いを超えて、ある一定数の愛の子たちが愛を基調に生活しだした時

大いなる転換点を迎え、新世界へ、宇宙へ飛び出していくことになります。

ランドセルからの卒業です。

c0171476_14183647.gif
*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2010-11-11 12:07 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

お墓とあの世とこの世

060.gifわたしの~お墓の~前で~泣かないでください~060.gif

061.gif067.gif072.gif058.gif035.gif056.gif060.gif053.gif068.gif071.gif069.gif060.gif065.gif054.gif069.gif068.gif035.gif056.gif072.gif066.gif061.gif




今日はお墓についてひとりごとを書いていきたいと思います。


このおはかというものですねー(鰹節に醤油をまぶしたもの024.gif


それは、おかか 048.gif


実は数年前に、私の両親がばたばたを逝ってしまいまして


自分の墓は要らないと思っていましたが


おやじおふくろは世間並みにお墓に入る話を


していましたので、お墓なるものを用意したようです。


なんか人ごとになっていますが、私自身はお墓の必要性を感じていませんし


焼いた骨を埋めてその年2回?ですか


お参りするというものってどうなんでしょうか?


お墓の前で


「おとうさん、あのときの一郎がこんなにおおきくなりましたよ」とか


話しかけたりしているようですが…。


死んだおやじさんからしてみれば「そんなことしっとるわっ!」


「それよりお前たち夫婦にこれから試練がやってくるからしっかり頼むよ」って


逆に心配されているかもしれません。


また、お墓に行かなくても


あの世の方がたのほうが実に軽快に移動されますので


そのあとの一席設けた場所でも、みんなの話を聞いているかもしれませんし


その間、地球を何周かして、どっかでお茶でも飲んで


そんでもって、会食の場で皆さんを出迎えているかもしれないですよー


「この世で生きていくのはほんと、たいへんなことだ」ってみなさんを


ねぎらいの思いでもって見てくれているかもしれません。


大昔は、権力者しかお墓には入れなかったんでしたっけ。


今でも発展途上国の人たちは


お墓というものを持っていない人の方が多いですね。


しかも、人間だけでしょ。


ごく一部を除く他の動物たちは、お墓に入りません。


ちなみに地球に来るような宇宙人さんもお墓はもっていないようです 070.gif



もしもお墓に入ることで、ほんとうに安心と幸福を得られるとしたなら


神様は、公平で、平等をモットーにしていますので


一部の生命だけにそのようなものを許すということはないと思います。


やはり、肉体人間が思い考えるところのある種のよりどころなのでしょう。


でも、魂は永遠であり、あの世とこの世を出入りしている魂としての自分が


ほんとうの自分ということがわかっている人は


あまりお墓にこだわってないのではないでしょうか。


死んだあとに必要な物、必需品に墓はありません。


ましてや、名誉、財産、権力は、はるか昔から必需品リストにありません。


必要なものはこの心だけです。


今回いろんな経験をして、その経験値を刻みこんだ魂


心を内に秘めた魂だけもってあの世に帰っていくのです。


まさに、地上研修期間満了で実生活に戻っていくのです。


そして、反省すべきところは反省をして


元の生活に慣れていくための過程を得て


さらに学習し、仕事もし、いずれしかるときに


実力を試すように地上に生まれていく。


そのような繰り返しの中で


個人個人が進歩、成長していくというシステムを


地球霊界は、地球物質世界はそれぞれにもっていると思います。  Pure.

c0171476_14183647.gif
*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい

[PR]
by nagoyasc | 2010-10-01 10:52 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

尖閣諸島問題

私たちはみな神の子で

同じ地球に生きる兄弟たちです。

兄弟で争うのはもうやめて

互いに手を取り合い

地球を愛の星にしましょう。

(ガイア愛と光につつまれる言葉/アマーリエより)

051.gif053.gif060.gif035.gif056.gif053.gif058.gif072.gif056.gif035.gif053.gif060.gif053.gif056.gif035.gif053.gif051.gif





今、日本と中国が互いに自国の利権を主張し

少しずつ国民感情がエスカレートしてきているように感じます。

戦争の火種というのはこんなもんで十分なのではないでしょうか。


そのうち人為的な事件が起きてきたりして

それによりさらに敵国意識が出てくると

ほんとうに危険ですよー。


好戦的で支配欲旺盛な魂たちというのは、実際いつの時代も存在していて

もうこの人たちの意識は、敵国と戦っています。


しかし今はまだ、それよりも圧倒的に多くの人々の意識が

平和志向、温和気質なので

本格戦争モードには至っていませんが、ほんとうに油断してはいけません。


「けんかするならすけだち申す」とか

「さまざまな援助の申し入れ」とかで

大きな国が日本に近寄ってくるとなると、更に身構えなくてはいけません。


なぜなら、中国の急激な大国化に対して、既存のいわゆる大国などは

脅威を感じているからです。


極東及び台湾周辺の紛争はある程度、想定の範囲内ですので

あれよあれよと言う間にことが進んでしまいます。


国家財政を豊かにする特効薬は、軍事産業の活性化だとする意見は

今も正論としてまかり通っています。


みなさん、あまり楽観視していると気がついたときには

時すでに遅しとなりかねません。


だからあまり過剰に反応し、平静な心を失わないことをご注意ください。



その昔、この地球に国境というもの

国というものは存在していませんでした。

その線を引いたのは人間であり、その線を消すのも人間しかできません。

どんなことがあってもその根本は忘れてはいけません。

地球を愛の星へ…。   Pure.

c0171476_14183647.gif
*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい

[PR]
by nagoyasc | 2010-09-24 10:47 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

国際平和デー

国際平和デーとは? (以下一部抜粋です。) 051.gif053.gif035.gif056.gif060.gif053.gif035.gif056.gif060.gif053.gif051.gif

国連が定めた平和の記念日です。

すべての国、すべての人々にとって共通の理想である国際平和を祈り

推進していく日として、すべての国連加盟国、国連機関、地域組織や

NGO、個人に対して、この日を適切な方法で祝うよう呼びかけています。


国連が「国際平和デー」を最初に宣言したのは1981年です。

もともと、「国際平和デー」は毎年9月の国連総会開会日に制定され、開会式では

各国代表がこの日を記念して1分間の黙祷を行うことが慣例となっていましたが

2002年からは毎年9月21日を「国際平和デー」に定め、以後、世界の停戦と

非暴力の日として、すべての国と人々に、この日一日は停戦するよう働きかけています。


2007年の国際平和デーには世界約90国で600のイベントが行われ、3500グループ

約80万人が参加しました。


2008年の国際平和デーにはアフガニスタンで一日停戦することに成功し

180万人の子供達にポリオのワクチンを打つことができました。

また、世界65カ国、30ヶ所で同時に行われた「アースダンス」や

国連平和大使のジェーン・グドール博士のNGOルーツ・アンド・シューツが

世界各地の支部で行った平和のイベントのほか、ロンドンでのピース・コンサート・ウィーク

映画祭、ダンス、コンサート、ヨガ、アート、写真展、音楽祭、サイクリング、ウォーキング

メディテーション、コメディ、インターネット上でのバーチャル平和会議など

様々なイベントが世界各国で行われました。


2009年には、世界中で配られる10億枚のカレンダーに、9月21日は国際平和デーとして

記載されることが決まりました。

したがって、今年は過去最多の人々が参加するでしょう。 051.gif053.gif051.gif053.gif051.gif053.gif051.gif
  
c0171476_939484.jpg




035.gif 今地球は、人間のエゴにより森林の破壊、海洋の汚染、大気の汚染

それに伴う生態系の不調和が起き、だれが見ても地球の破滅に向かって

さらに加速しながら進んでいます。

それにもまして、人間同士の争いと破壊活動は世界大戦の後も

とどまるところを知りません。


人びとは果たして、平和をほんとうに求めているのでしょうか?

やはり自分さえ安全なら、まわりは、地球は、どうなってもいいと

心の奥で思っているのではないでしょうか?

そこを自分自身が許している限り、私たちに本当の平和は訪れません。


056.gif 要は、一人ひとりの心のありようの問題なのです。

一人でも多くの人が、自己本位な心を超えて、本来持っている愛の心を高く掲げ

世界の平和を願い、祈り、やがて行動となり

わたしは、地球が光り輝く愛と平和の星になることを夢見ています。


9月21日 12:00より3分間、愛と平和の祈りが企画されています。

この祈りの力は結集すればするほど、愛のパワーは幾何級数的に大きくなり

地球を愛と光でおおうことでしょう。

みんなの愛を、その思いをこの時に集めて、地球を愛の星へとしていきませんか?

地球の未来の子どもたちのために…。  

053.gif http://www.golden-apple.cc/ 053.gif
c0171476_14183647.gif
*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい

[PR]
by nagoyasc | 2010-09-20 09:19 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

9.11同時多発テロから思うこと

  035.gif 私の人生の中で衝撃度 035.gif

第1位は   9.11同時多発テロ

第2位は   阪神大震災

第3位は   インド洋大津波  です。


今日は、堂々第1位のU.S.A発の同時多発テロ事件について

ひとりごとを書いてみたいと思います。


大衆の意識を自由自在にコントロールできれば世界を支配したも同然である

Pure.

かの有名な、飲んだくれの腹の出たおっさんのひとりごとですが

一般大衆の意識を一定の方向に集約、集積することにより

それは創造され、その世界は創られていく。

戦争についても、大方の人々の意識がその方向に創造性を発揮してしまうから

戦争というものを体験していくのです。

これは、善にしろ、悪にしろ、光にしろ、闇にしろ

人びとの思いが、未来をかたちづくっていくということなんですね。

だから、真実だろうと、虚実だろうと、それに対して人びとが

思いを持ち、発していくと、その思いはまとまった大きな意識となって

未来の世界をそのまんまの方向につくり上げ

その世界を体験していくことになるのです。

それほどに一人ひとりの思いというのは、自由であるとともに責任が伴い

いわゆる創造力、創造性の偉大なる力を持っているのが

人間である私たちなのです。


ですから、9.11の事件に対して表面的にとらえて思いを発し

行動するんじゃなくて

一度、心の奥底に受け止めて、その静かな反応、真実を見抜くレスポンスを

感じてほしいのです。

筋肉の反応などを見て、実際に確かめていただいてもいいのですが

善なる心は常に真実を知っているということを思い出してもらいたいのです。

そのためには、この騒然とした、喧噪の中から抜け出して

静かなひとりの時間をもち、本来の自分を取り戻していき

大いなる愛に少し近づいて来てほしいのです。

すると、あなた自体が、ひとつの小さな宇宙、神の子どもであるということが

うっすらと少しずつわかってくることでしょう。

そうなのです。

私たちは大いなる愛のワンピースである以上、そのことを自覚していくだけで

自由で、豊かで、美しく

この宇宙をつくっていく創造力を秘めた存在であることが

心の底から湧いてくるでしょう。

そんな偉大な私たちなのですから

真実がわからないはずがないではありませんか。

このことがわからなくて

苦しみ、悲しみが絶えない人が多いのがこの地球です。


ですから、自分自身をまず信頼し、そこにゆるぎない愛と正義と勇気を見つけ

物事にあたってください。

そうしたらすべては自然に愛の流れに乗り

愛の方向にないものを見分けていくことができるでしょう。

そんなに難しいことじゃない。

みんなもともと持っている輝ける宝物を見つけ出し

幼子がぬいぐるみを抱きしめて寝るように

肌身はなさず大切にしていればいいのです。

宇宙の神さまからの宝物はみんなに平等に公平に渡されているものですから

私にはないということはありません。

ないと思っている人は、その宝物にほこりや汚れが覆いかぶさっていて

見つからないだけです。

愛の思いを発信していきましょう。

自然にいつも愛の思いを発信していくことが

この地球を光り輝く、愛の星にしていくことができるのです。

地球を愛の星へ…。 053.gif035.gif056.gif053.gif056.gif035.gif053.gif051.gif053.gif060.gif053.gif056.gif035.gif053.gif035.gif056.gif053.gif060.gif053.gif

c0171476_14183647.gif
*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
c0171476_6572629.gif
c0171476_8101380.gif


[PR]
by nagoyasc | 2010-09-11 09:40 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)



一般財団法人レムリア・ルネッサンスより許可を受けアマーリエを介した天上界からのスピリチュアルメッセージを転載させていただいています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧