地球を愛の星へ

カテゴリ:エッセネ派の女性( 1 )

エッセネ派の女性からのメッセージ

わたしたちの時代では、かつてモーゼ様の時代より
数々の預言者の方がたが、救世主がお生まれになることを予言なさり
そして我々エッセネ派の一派が救世主降臨を待ち望んでいた
そういう時代でございました。

この現代日本において仏陀が下生なされるということは我々にとって
イエス・キリストがお生まれになること以来の
天上界、地上一丸となっての期待であり、我々の夢でございました。

しかし、とても現実は厳しく、その夢なかばにしてこのような事態になり
再度、新たなる計画のもとに数々の光の天使たちが降りて参り
その方がたのご養育係としての皆さま方のご使命があるのだと思います。

わたしたちの時代は、学校という学校もあまりなく
救世主をお預かりするということがたいへんな光栄でもあり
我々の生きがいともなって、主をお授かりしたものでございます。

皆さま方は孔子様と言われてもあまりなじみがなく
どのようにご養育してよいやら
そして、その準備をどのようになさってよいやら
途方に暮れておられるのだと思います。

それも無理からぬ事だと思います。
わたしたちには心においても、方法手段においても
準備をするには十分なほどの年月と
数々の預言者の方がたの智慧がございました。
それを短時間に急激にシステムとして
あなた方は残さねばならぬというご使命にためらい、とまどい
途方に暮れていらっしゃる皆さま方のお姿をお見受けして
心よりお気の毒であり、何か我々もできる事はないかと
先日より皆さま方が集まっていらっしゃる姿を見せていただきながら
話し合っていたものでございます。

かつてイエス・キリストは幼き頃より
その霊性の偉大さをあふれんばかりにたたえた少年でいらっしゃいました。
誰が見ても神の子であると、神のお遣わしになった子であると
我々は思ったものでございます。

マリア様より託され
わたしたちは幼きイエス・キリストに数々の旧約の出来事、聖書の講義
そして、皆さま方もご存じのようにエジプトに、インドに
ペルシャのほうにも参りました。
霊的な力もすぐれておられ、すでに聖霊と会話ができる方でしたゆえ
我々の指導もとてもスムースに進んだのでございます。

今回降りていかれた孔子様のお母様OO様のことですね。
あなた方が心を砕かれ
先日より、ミカエル大天使もご尽力なさっていられたあのお母さまのことを
わたしたちも、どうしたものかと皆で話し合っておりました。

わたしたちは、マリア様も
あまり機会がなかったとはいえヨセフという者も
我々エッセネ派の一員であったのです。
ですから、イエス・キリストを教育するということに関して
彼らはわたしどもに委託してくださったのです。

ただ、今あの方も覚悟がつかないのだと思いますが、あれだけのお子です。
そのうちに、幼きイエス・キリストのように誰が見ても光の子
神のお遣わしくださった神の子だという片鱗が見えてきたとき
お母様であるOO様はたぶん少しずつお悟りになられるのだと思います。
その時まで、どうぞ無理はあまりなさらず
システムをお整えいただけるようお願い申し上げます。

今回、第一の計画、第二の計画、そしてあなた方の第三の計画
数々の喜びも悲しみも挫折もありました。
しかし、天上界の者たちは
そして神はけっしてあきらめてはおられないのです。
希望があるのです。
けっして神とは希望を捨てない方がたのことをいうのです。

あなた方が頑張っておられる限り
そして、それを信じて幼き子どもたちが、光の天使たちが次々と今
地上に降りていっております。
彼らをどうかよろしくお願い致したいのでございます。

わたしたちにできたことです。
皆さま方にできないことはありません。
そして、わたしたちから見ましたら直接に
我々よりもっと上の指導霊の方がた直々で
ご指導いただいておられるではないですか。

わたしたちもこのように直接、天の声を聞ける者はおりませんでした。
我々は、我々の時代なりに霊視や霊聴のできる者はおりましたが
このような高次元の方がたから
お言葉を頂けるような者たちはその中にはいなかったのです。

それだけ皆さまの霊格も高いということ。
そのように、引かれなくてよいのですよ。
事実を事実として認め
聖霊を降ろす方は聖霊と相通ずる霊格をお持ちの方だという事実を
しっかりお認めください。

先日から、いろいろな者たちが出て、あなた方に言っていると思います。
けっして恐れることでもなく、けっして増上慢なものでもなく
イエス・キリストが「我は神の子である」
「我こそ、神が遣わした救世主である」と
高らかに宣言なさったように
皆さま方も「我々は神がお遣わしになった神の使者である」と
「光の天使たちである」ということを
もっと自信を持って高らかに宣言なさればよろしいのです。

それが、けっして放漫なことでもなく
けっして他の者を誹誘中傷したり、軽蔑することにはならないのです。
己れ自身を悟るということ、そこがなければ力は湧いてこないのです。
これを再三、いろいろな方がおっしゃっていると思います。

それだけ言われるということはわかりますか?
あなた方にまだ力が出ていないということなのです。
ためらいがあるということなのです。
もっとこの者も確信を持てば直接に
人びとの霊示が受け取れるようになるのです。

まだまだ依存しているのです。
逃げているのです。
逃げないでください。
もう、逃げることもなりません。
逃げてもどこにも行けないのです。

あなた方は、あなた方の今回降った使命を謹んで、力の限りに受け止めて
できるだけのことをしなくてはなりません。
わたしたちから見たら、まだまだ人数が足りないのです。
もっと力のある方がたが出ているのに
あなた方を助ける協力者がたくさんいるはずなのに
あなた方が全部この人数でやろうとするからご負担が多いのです。

この者は本来神降ろしをする者です。
神降ろしをし、我々の霊言を伝える役をする者です。
それがあらゆる雑事をやっております。
自覚を持たねば、正しい神の器として機能いたしません。
自分のなじみの者しか入らないようでは、神の器としてはまだまだなのです。
現に受け入れられるはずなのです。
機能として、まだまだ開花しておりません。

わたしが誰であるかほんとうに悟ったなら、
その時は自然にわかるはずなのです。
そして、みんな一人ひとりが十二分に力を出し
それぞれの担当を一生懸命やっていただきたいのです。

誰かの指示がなければできないようでは困ります。
今、自分たちが何をやらねばならぬのか、そして今、何ならできるのか。
もう少しご自分たちの力で、頭で考えてください。
やっているうちに仲間は集まり
やっているうちに力は身につき
やっているうちに次の大きな使命が降ってくるようになります。

今の状態では大きな使命はこれ以上降ろせないのです。
動き出していけば次なる歯車が回転し出すのです。
皆さま方一人ひとりが素晴らしい魂であるから
現に神より派遣された光の天使たちであるということを
もっと自覚なさってください。

お一人おひとりが自分の力を最大限に出されたとき
もっと多くの仲間が集まることでしょう。
あなた方の魂からあふれ出んばかりの神の光が現れたとき
その光めがけて仲間たちが集まってくるのです。

人は光のもとに集まるのです。
何も言わなくても光輝くところに人びとは集い、感じて集中し
群集となりて集って来るのです。

c0171476_14313664.jpg

(2002.9.30レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2015-03-25 07:54 | エッセネ派の女性 | Trackback | Comments(0)



一般財団法人レムリア・ルネッサンスより許可を受けアマーリエを介した天上界からのスピリチュアルメッセージを転載させていただいています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧