地球を愛の星へ

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ガイアその愛その光 好評発売中!

「ガイアその愛その光」 ―地球シフトアップ計画―

新刊書籍『ガイアその愛その光/地球シフトアップ計画』が発売されます。

出版社:徳間書店・5次元文庫
発売日:12月9日(水)
価格:720円(税込)

地球全体が次のステージに上ろうとしているいま、銀河系の使命が託されている惑星地球の真実がここに明かされました。第三の計画の封印が解かれ、地球シフトアップに向かって計画が遂行されています。シフトアップ成功のためには、多くの地上の人びとに計画そのものを知ってもらう必要があります。本書はそのために地上に降ろされました。地球九次元霊たちの悲願であり、実はオーム神霊の希望でもある地球シフトアップです。これを実現させるのか失敗に終わらせるのかは、地球人一人ひとりの決断にかかっているのです。

アマーリエさんは次のように語っています。

この本は、天上界の要請によって、「新たな宇宙時代の聖書」として、編集されたものです。「アカシック・レコード」という宇宙の記録庫にある映像を、宇宙空間に漂いながら私は見せていただきました。それは、地球が太陽から誕生するシーンから始まりました。そこには、気が遠くなるような惑星地球の歴史が展開されておりました。人類が降り立ち、住まえる環境が整うまでの様ざまな方がたのご苦労を見せていただき、私たち人類はなんてたくさんの愛に育まれ、見守られながら、今この地球上に生きて学ぶことを許されているのかと、心からの感謝を感じるのでした。

 第一章では、七大天使の天使長でもあるミカエル大天使が悪魔の起源について語っています。聖書に象徴的に書かれているミカエルとドラゴンの物語の真実が明かされているのです。もともと七大天使のひとりであったルシが、どうして地獄に堕ちて魔界の帝王として君臨するようになったのか。彼らが地球にやって来る以前にまでさかのぼって説明されています。地球はそのように深い闇を抱えた惑星であったのかと、真実を知って愕然とするかもしれません。ルシが地獄の帝王ルシファーとして君臨してからというもの、地球の歴史は光と闇の勢力の戦いの連続でした。文明が隆盛を極めても、最後は必ず闇の勢力によって滅ぼされてきたのが地球の文明だったのです。

 第二章は、マイトレーヤーによってアトランティス文明の盛衰が語られます。アトランティス文明は現文明にとてもよく似ています。科学は現文明よりも発達していたほどです。そのような高度な文明を誇ったアトランティスであっても、最後は巨大な大陸が海の底に沈むことになりました。何が問題であったのかが反省の思いを込めて語られています。現文明の直前のアトランティス文明について、現代人はよく学ぶ必要があります。そのために、他の文明とは独立して一章をもうけました。

 第三章は、モーゼにより裏界について語られています。今回の文明において天上界の指導霊たちは、法によって人びとを教化し、導くという方法をとっています。それが表だとすると、いわゆる法力を使って人びとの眼を覚まさせることにより、神の力を知らしめるのが裏界の者たちのやり方です。正しい教えを軽視しがちであるということで、彼らのやり方は今回の文明では蔑まれてきました。しかし、裏界の者たちが使う法力も神が持つ力と同じ性質のものです。彼らの力を正しく理解し、使いこなすことなくして、地球が次のステージに進むことができないということも事実なのです。今こそ、地上の多くの人びとが忘れてしまった本来の力に目覚める必要があるのです。そのために、モーゼが語る言葉に耳を傾けていただきたいのです。

 第四章は、現文明がどのようなコンセプトのもとに立ち上げられ、つくりあげられてきたのかが、九次元霊たちの話し合いを中心につづられています。アトランティス文明が失敗に終わってしまったことは、九次元霊たちには少なからずショックでした。ただし、一つひとつを細かくチェックし反省する時間はありませんでした。なぜ時間がなかったのでしょう。それは、今回の西暦二千年をすぎたあたりに宇宙が水瓶座の時代に入り、その時代にどうしても地球をシフトアップさせたいという彼らの悲願があったからなのです。このチャンスを逃したら、当分チャンスはおとずれません。地球の寿命を考えても、どうしてもこの機会に地球をシフトアップさせたいのです。そのために彼らは、極東に新たに島々をつくったのでした。日本列島の誕生です。日本という地は、地球のシフトアップのためにつくられたのです。今回の文明で九次元霊たちがどのような思いで地上に降り、法を説きながら人びとを教化してきたのか。彼らの思いを振り返っていただきたいのです。

 第五章は、地球の母であるガイアから、すべての地球人たちへのメッセージです。地球という惑星には、テラという男性霊とガイアという女性霊のふたりの地球神霊が入っています。彼らがどのような思いで地球という惑星を誕生させ、どのような思いで地球人たちを育ててきたのかが、ガイアにより語られています。私たち地球人が気づかなくても、テラとガイアの深い愛に育てられてきたのが地球に住むすべての生命体だったのです。地獄の底のルシにいたるまで、ガイアの深い愛が包み込んでいます。心をおおっているあらゆる鎧を脱ぎ捨て、ガイアの言葉に耳を澄ませてみてください。切々たる思いが読者の心にしみわたり、その魂をふるわせることでしょう。

 第六章は、エル・ランティが今回のシフトアップ計画について語っています。前書『ガイア黎明 生きて意識ある地球はこうちて生まれた』ではヤハウェが第一章を語って始まりました。九次元霊のひとりであるエル・ランティが、地上の人びとを指導するために名乗ったのがヤハウェという名前でした。そのエル・ランティが最終章を語ることにより、本書をしめくくっているのです。日本を舞台にして総仕上げをするのが、今回の文明でした。最も古くから地球を担当してきた九次元霊であるブッダにより、総仕上げが行われる予定でした。成功するかに見えた計画が、またしても頓挫することになったのです。その経緯と、どのようにして立て直しが計られたのかが語られています。


c0171476_14293773.jpg

[PR]
by nagoyasc | 2009-11-29 14:26 | 書籍紹介 | Trackback | Comments(0)

宇宙の風に乗る

人生、迷いが生じてきたら

自然の中で自らの一番奥にいる心に任せること。

表面の心とこの世界を信じ切っている人間に惑わされてはいけません。

自然と調和している静かで謙虚な自分をひっぱりだして下さい。

そうしたら何事も心配することなく流れていきます。 

宇宙の風に乗って大笑いして生きていけるでしょう。 Pure
[PR]
by nagoyasc | 2009-11-17 21:18 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)



一般財団法人レムリア・ルネッサンスより許可を受けアマーリエを介した天上界からのスピリチュアルメッセージを転載させていただいています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧