地球を愛の星へ

<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

セレニティ(月意識)からのメッセージ(3)

女性性をもう少し言います。
男性の陽の意識、愛というものを受け止める。
受け止めて自分の中に入れていったときに、それは変化をするのです。
c0171476_21435512.jpg

皆さま方の中に女性の意識というものを思ったときに
女性の意識を表現するのならば、水にたとえるといいかと思うのです。
万物の生き物、生物の、多くのパーセンテージを水によって
命を賄われているではありませんか。

そして水は、入った入れ物によって、姿を変えていくのです。
水というものは、丸い入れ物に入れば丸く、四角い入れ物に入れば四角く
どんな形にも変幻自在に、本来の形がなく染み透っていきます。
そして、その中に入って行ったとき、そこに命を吹き込みます。

そこで、男性の陽の意識の愛のエネルギーを受けて、光を受けたときに
女性の中にある命の水と出会うのです。
創造のエネルギーとして、そこに一切の創造原理が働く。
天地創造と同じ、万物を創造していく、命の育みが行われるのです。

それは、すべてのものの中においてもそうなのです。
惑星をつくるとき、宇宙をつくるとき
そして、ひとりの女性のお腹の中に子どもが宿るとき
すべてが同じではないでしょうか。

神は最もご自分のお姿に似せられたものとして
わたくしたちの身体をおつくりになりました。
肉体の中の、受精から出産にいたるその創造原理の中に
宇宙の神秘を、智恵をすべて封じ込めて、あなた方の肉体をつくったのです。
極小のあなた方のこの肉体から、この宇宙全体、小宇宙、大字宙
そのすべてにいたるまで、この創造の原理というのはひとつなのです。
同じなのです。
学ぶのであるのならば、そこなのです。

ある惑星においては、もう男性性、女性性というのは超えて
その創造の原理を自分の中において発揮して
仕事をしている者たちもおります。
でも今、地球の段階においては、男性性、女性性というものに分かれながら
自分かちの役割というものをしっかり深く学びをするという
そういう愛の段階の修行場ということなのです。

その中において、積極性のエネルギーをもって男性が思いっきり働かれ
愛と光を投げかけたときに、それを深く受け止め、自分のものとし
そして自分の中にある命の水を吹き込んで
創造原理で、また相手とも、自分とも違う新たな命を生み出していく。

そうやって、命がけでその命を産み落とし
そして、命を産み落ちたのならば、お乳をやり、かわいがり、いとおしみ
その子たちを育てていく。
子どもたちを、赤ん坊を産んだ母親の姿の中に
地球というものを永い、永い間育んできた
わたくしや聖アントニウス
エル・ランティたちの思いそのものがあるのです。

あなた方は知らない。
この地球にあなた方が、今ここで生息できるようになるまで
どれだけの苦労の中で、この地球環境の中で
あなた方の肉体が生き抜くことができるように
環境を整えられたかということ。

この肉体というものをつくるために、どれだけ九次元の者たちをはじめ
ほかの宇宙の天体の友人たちが苦労なさり
今日まで導いてくださったかということ。
わたくしたちが、どれだけあなた方を愛し育み
今日まで連れてきたかということ。

そして、今日このときをもって、あなた方に同じ女性として
この思いを伝えることができるわたくしの胸中がどんなであるかということ。
あなた方はわからないかもしれない。

男性がどれだけ優れていたとしても、太陽がどれだけ素晴らしかったとしても
女性性というものなくしては、命は芽吹きません。
宇宙の一切の創造原理は行われないということなのです。
それを分け与えられて、今存在している我が愛する女性たちよ。
あなた方は、その存在そのものにもっと誇りを持たねばなりません。

いたずらに男性と競ってどうしますか?
あなた方の身体の中にあるその創造の力は、その身体の中にある愛という体液
その水は、万物を生み出す力を持っているということなのです。
その同じエネルギーにより、天地は創造され、宇宙は創造されてきたのです。
これは、地球がアクエリアスの時代を超えて、宇宙の時代に行ったとしても
変わらない事実なのです。

「だから家に入れ」とか、そういうことではないのです。
あなた力の本来の役割を知る上で、宇宙の根本法則、根本原理から
あなた力のエネルギーというものを理解しなければならないのです。
一時の歴史的な民族的な
時代の価値観の中だけで翻弄されてはいけないのです。
女性の幸せは常にそれにあったがゆえに、常にとても不幸であるか
とても甘やかされてきたか、どちらかであったということなのです。

自分たちのエネルギーの根源は何であるか。
わたくしが今このように、創造原理というものを
子どもを産むということにたとえてお話ししたからといって
「じゃあ、子どもを産むためだけに家庭に入れ」と言ったかというと
そういうわけではないのです。

創造原理というのは、宇宙が星々を生み出すように
与えられた地球環境から新たな文化や文明を生み出すように
そして、新たな芸術作品が生まれていくように、あなた方女性独特のやさしい
愛を育む、すべてを受け容れ、抱きしめ、新たなものを産み変えていく
本来のあなた方のエネルギーによって、触媒のように
また全然違うエネルギーを生み出していくことができるということ。
そういう変換するエネルギーを持っているのが、女性性なのです。

そのためにわたくしは、「受容性」という言葉を女性の法の中に入れたのです。
それは、愛の思い、男性の思い
外から来るさまざまな思い、アイデンティティ
その時代の中で要求される、歴史の中で要求されることって
別々のことがあるのです。

その時代の要求、理念があったときに
一度それをあなた方の中に入れてください。
抱きとめてください。
受け容れるのです。
裁くのではなくて、愛の思いで皆さま方が、受け容れるということ。

男性たちに対してもそうです。
完璧な者などいないのです。
無条件で一度、男性の愛を受け止めてあげていただきたい。
子どもたちを裁かないでいただきたい。
お勉強ができるとか、できないとか。
しつけがいいとか、悪いとか、そんな思いじやなくて
ありのままの、そのお子さまたちを
男性たちのありのままの、弱さも含めた男性たちを
そしてありのままの歴史の真実を
一度その胸の中に抱きとめていただきたいのです。
裁くのではなくて。
そして、あなた方の母性という愛で抱きしめて、変容させて、勇気を与えて
本来の姿に浄めて、また飛び立たせてあげていただきたいのです。

子どもはひとりだけでは、大人にはなれません。
何よりも母親の愛を、見守りを、ぬくもりを、求めているのです。
裁かれるために、子どもは生まれてくるのではありません。
愛されるために生まれてくるのですよ。
子どもたちは、一人ひとりみな違う可能性を待った花の種です。

男性方も同じなのです。
男性はとても強いように思うけれども、とても弱いところがあるのです。
瞬発的な力が強いけれども
寂しさ、孤独を、ひとりで抱えているのが男性だと思います。

そのときに相手を裁くのではなく
ありのままにあなた方の中で、受け容れて
抱きとめてあげていただきたいのです。
黙って抱きとめてあげてほしいのです。
それが女性のエネルギーなのです。

その女性の愛のエネルギーをもって
あなた方は相手の悩み苦しみ、それを浄化してあげてください。
そして、その中において、新たな命が芽吹いたとき
歴史でいうのならば、新たな文明のようなものが出たときに
母なる愛の中で育まれたものは、思わぬものを孵化させ
フェニックスのように大空高く飛び立つことでしょう。
それは、あなた方の愛の中に一度抱きとめられなければ
この時代は、新たな産声を上げることはできないのです。

(2007.6.22レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2014-03-30 13:19 | セレニティ(月意識) | Trackback | Comments(0)

セレニティ(月意識)からのメッセージ(2)

今回、仏陀のご本体が説かれた「太陽の法」をはじめとする法
それは宇宙の摂理であり、地球の歴史を通した神の法であります。
それに対して、「金星の法」と予言されていたように
いにしえの時より、「太陽の法」が説かれるときには
「金屋の法」が説かれるという約束があったのです。

その「金星の法」、ヴィーナスの法とは、「女性の法」であります。
それは本来、ほかの方が説く役割であったけれども
たまたまそれを伝えるのが、この者になったというだけであって
その使命の種類においては変わりはございません。

今、この第三の計画により
「太陽の法」も朽ち果てようとしていたところに
太陽が今再び燦然と昇り
そして「金星の法」が降ろせる今のこの地球の状態であるということを
わたくしは深く神に感謝したいと思います。
それと同時に、今地上におられるレムリアの皆さま方
よくぞここまで建て直し
この場をつくってくださったということ、集ってくださったということ
そのことに深い、深い感謝を、天上界の者一同、持っていると思います。

あなた方がいてくがさらなければ
わたくしセレニティの言葉も地上に降りませんでした。
そのことを思うと、天上界も今日このときを迎え
感動に胸を詰まらせていると思うのです。

第二の計画の取りこぼしたところや
「太陽の法」の建て直しもありましたけれども
この者は使命を請け負ったときに
「残りの『女性の法』を伝えよ」ということを
厳しく言われていたはずなのです。
その「女性の法」の本来の意味は、宇宙における「女性の法」であり
それを降ろすという使命がこの者にはあったのです。

日常の中にあるさまざまな問題、それはこの者にやらせず
あなた方が残りの人生の中でおやりください。
わたくしたちは、宇宙の根源法を降ろします。
それを聴いて、応用していただきたいと思うのです。

これから先、地球の未来がどちらのほうに行くか。
それは、今降ろされた法を応用し、この三次元の地球の中で
世界の未来をどのようにつくっていくかという
地上の者たちの努力の結果によって、変わってくるでしょう。
でも、大きな、大きなターニングポイントは
神のほうへ向かったのです。
ひとたび神の方角に向いていた道が途絶えました。
しかし、今ひとたび、人類がめざす方角はまた神のほうへ
神の子として生きる道を選択するほうへ
あなた方は歩み出したということ
その可能性を開いたということなのです。

それは、地球の未来を明るく切り開くものとなりました。
その一部として、根源としての女性性というものが
降ろされる必要があります。
我々も、もうあと何回降ろせるかわかりません。
ですから、降ろしたときに、皆さま方の中でよく咀嚼して
あなた方の智恵として活かしていただきたいのです。
c0171476_1721524.jpg

「歴史の中における手垢」とこの者が申しておりましたけれども
言葉にはいくつもの思い、よどみが、まとわりついております。
本来の意義を伝えたくても
我々はやはり、手垢にまみれたその言葉を使うしか
皆さま方にメッセージする道はないのです。
ですから、言葉でお伝えしますが、思いで聴いてください。

宇宙の根源において、陽の意識、陰の意識があると伝えられています。
陽が明るく積極的であり、陰が暗く悲しく、劣ったものという
それはあなた方の文化の中に、歴史の中に染み付いた思い違いです。
ただ、陰と陽という言葉がいちばん適正であるからこそ
我々はそれを使ってきただけなのです。

陽の意識は本来が男性性というものが請け負っています。
男性においても女性においても
愛の表現体が、愛の表現のベクトルが違うというだけであります。
両方とも愛を表現しているのです。

男性の愛は、外向きに、社会を発展させ進化させていく、与えきりの愛。
それをいちばんわかりやすく表現するならば
「聖アントニウス」または「太陽意識」
「大日意識」とあなた方が呼んでいるものかもしれません。
簡単に言うのならば、そのシンボリックな意味も含めて、太陽と月
この地球には太陽が照るのと同時に、月が創造されているのです。

太陽は光です。
光そのものです。
そして、いつも積極的に愛を与えることによって、すべてのものを育み
太陽系そのものの進化を促進しているのです。
光を放ち、周りの生きとし生けるもの一切を生かしむるという、積極的な思い
そのエネルギーが本来の男性の中にある陽の意識なのです。
行き着くところにいけば、与えきり、与えきった、与え尽くした愛そのもの
光の発信、それが本来の男性の中にある愛でもあるのです。

ただ、ときには熱くなりすぎて、地球を焼け焦がすこともありましょう。
赤道近くのあたりでは、太陽の熱と光が強すぎて
水がなくなって、多くの者たちが苦しむこともあるかもしれません。
時としては行き過ぎることもあるけれども
でも明るい太陽の恵みがあってこそ
地球の生きとし生きる一切の生物が、万物が
命を与えられているのではないでしょうか?
簡単に言うと、基本はそこです。

そして、それに対する女性性というもの、それは陰と呼ばれておりますが
その愛を受け止める力。
「受容性」というと、またあなた方の引っかかりがあるのかもしれない。
男性の陽の愛が、光が発信されるのならば
こちらも一緒に光を投げ返したら、途中で、ぶつかってしまうのです。
エネルギーが循環するということは
あちらが与えきりの、与え尽くす愛と光を発信してきたのならば
その身をもって、男性の愛を受け容れる、受け止める
身体の中に入れていく、それが本来の女性性のあり方であるのです。

それによって、陰陽からのエネルギーというものは、循環を始めるのです。
その愛の循環があってこそ、愛のエネルギーがあってこそ
地球だけではなく、あなた方の肉体だけではなく
大宇宙の隅々にいたるまでのすべての万物一切が
創造性のエネルギーによってつくられているのです。

(2007.6.22レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2014-03-27 17:21 | セレニティ(月意識) | Trackback | Comments(0)

セレニティ(月意識)からのメッセージ

c0171476_21422693.jpg




















アクエリアスの時代が始まり
宇宙時代の扉が開いていくということが計画としてありました。
そこまで今回の計画が成功してきたのならば
今まで歴史のかなたに隠されていた
女性本来の法を現すということになっていました。
そのためにわたくしが姿を現すということが、地球神霊の
そして九次元をはじめとする、地球を守ってこられた霊人たちに対する
わたくしのお約束事であったからなのです。

新たな宇宙時代の幕開けの前に、科学、宗教
すべてが統合されていく流れの中で、女性の本来の目覚めというものを含めて
救世の法というものが、説かれるべき時代がくる。
そのための仏陀の本体という方が頑張られた今回の救世運動であるならば
この最後の救世運動、その成功をもって
わたくしが、地上の方がたに姿を現し
「女性性」という、「女性の法」というものを新たに打ち出していく。
そういうことが、はるか昔の時よりの
あなた方、地球人類とわたくしとの約束事であったということなのです。

ですから、今日のこの日をもちまして
わたくしは、あなた方に、今までは説かれなかった
しかし、昔も今も存在する、宇宙の法の中にある女性性というもの
女性のエネルギーというもの、それをお伝えしなくてはいけないために
使命を果たしに、こうやって参りました。

「女性の法」というものを、より具体的により日常に現していくということ
それはいちばん必要なものであります。
しかし、わたくしは今の時代を
今のあなた方の環境を生きている者ではないので
具休論を話すというのは、その任には当たりません。
それをおやりになるのは、今の時代
三次元で暮らしておられる皆さま方がおやりになることだと
わたくしは思います。

わたくしは宇宙の根源から流れている、神の摂理を
愛の摂理としての、女性性の役割というものを
法というものを、語るために参りました。
そして、この者は、法というものを降ろすために遣わされた巫女であります。
この者は命がけにて、その法を伝える役割にあり
より具休論を降ろすために出ているわけではないのです。

根源の法を降ろせる者がいる時代に
今その扉が開けられ、お伝えするということ。
それ(根源の法)は、けっして目新しいものではないでしょう。
宇宙の一切の万物を司る、ひとつの役割にすぎないかもしれません。
でも、それがわかったときに、新たな価値観の転換があった時代に
あなた方の文明が行ったとしても
そこにおいてもまた応用されるべき、根本定理になるはずなのです。

今まで女性というものは、声高に法ということを語ることはなく
また、法というものを教えられるチャンスというのはなかったのです。
まず、この地球の外殻というものをつくり上げ
環境をつくり、転生輪廻をつくり
この修行場としての形態をつくり、さまざまな役割を整えるために
九次元の方をはじめ、多くの方がたが努力されてこられました。
そこにおいては、圧倒的に、陽の男性の意識というもの
エネルギーというものが発揮されてきたのです。

その中において、女性は、虐げられ、隠され
支配下に置かれてきたかもしれません。
しかし、そのような時代は終わりを告げ、人類はみな神の子であり
宇宙の愛のエネルギーの分け御魂であるということ
また、それぞれ役割がみな違い
個々その個性において素晴らしいことが認識できる、今の地球という段階
そこにおいて初めて、地球の役割というもの、「男性と女性」というものを学ぶ
今というときがやっときたのです。

この地球には、月があります。
太陽が照らし、照らされる月があります。
月のある惑星は多いけれども
すべての惑星に月があるわけではないのは
皆さま方はご存じではありませんか?
なぜ地球には月があるのでしょう。
そして、アカシックレコードでも、「太陽の法」の中においても
月というものが、地球の中から飛び出たというふうに
今回伝えられているはずなのです。

なぜ地球の中から、月が飛び出て、そして地球の周りを月が回っているのか。
ほかに数多く、惑星はあれども、星々はあれども
このように大きな月というものを抱えて回っている惑星というものは
ほかにあまりないのです。
違うでしょうか?

宇宙の根源は、皆さま方が本来つくられた創造の原理においては
男女合一のひとつのエネルギー体であったのです。
神は、陰の役割、陽の役割というものを通して
その役割の違いを真に学ばせるために、男女にお分けになり
そこにおいて、分けたものの中において、修行することによって
自らの性というもの、相手の役割というものを深く学ぶ
そういう場所を、そういう修行場をお望みになったということなのです。
それが地球であるということなのです。

宇宙の中には、地球のような役割を持った星々というのは
やはりいくつかございますが、太陽系の中で、これだけ大きな月という
女性性のエネルギーと、手を取り合って回っている惑星は
ほかにないはずなのです。

地球を修行場にするとき、男性であること、女性であるということ
それを肉体においても、はっきりと分けることによって
男性の陽の意識、女性の陰の意識というエネルギーを深く学ぶために
エル・ランティをはじめとする神霊たちは、肉体をつくり
用意されてきたのです。
最後は、ひとつになるために、そして、互いの役割を知るために
地球というもの、地球人の身体というもの
その精神性の学びの段階というものが設定され
地球という愛の星、修行揚が与えられたということが事実なのです。

そしてそれが、今やっと幼い、幼い段階ではあるけれども
自分たちが愛のエネルギーそのものであるということ、そのことを学び
神の一部であるということを学んだ者たちが
初めて女性という役割の、本来の意味を学ぶために
今日、時を持ち、場を与えられ
わたくしがこの者を通して、人類の前に姿を現しているのです。
それほどに今日という日は
大きな意味があるのだということを覚えておいてください。

(2007.6.22 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
[PR]
by nagoyasc | 2014-03-25 14:29 | セレニティ(月意識) | Trackback | Comments(0)



一般財団法人レムリア・ルネッサンスより許可を受けアマーリエを介した天上界からのスピリチュアルメッセージを転載させていただいています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧