地球を愛の星へ

<   2014年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

中山みきからのメッセージ(3)

あなた方はひじょうに知的にも優秀で、ほんとうに難しいことを
難しい、難しい法を任されておられる方がたです。
でもその中において、難しいことに走るがあまり
大事な、大事な人びとの心の調和とか、優しさとか
神様につながる男女の原点というものを
どうかお忘れないようにしていただきたいのです。
そこをもって、人びとは幸せというものを感じ取るのです。

いくらあなた方の時代にこれだけ学問を受けている方が多くても
やはり認識度においてはあまり高くない方がたのほうが一般大衆なのです。
一般大衆の神の子たちを、神さんのもとに近づけていける道をつくることが
神様の使者の仕事だと私は思います。

ですから、多くの大衆の人びとに対する愛というものは
けっして難しい難解な神理ばかりを述べたてることでもなく
逆に難しい難解な神理なればこそ、わたくしのように易しい言葉で
易しい身振り手振りで、歌で、人びとの心に伝えていくことが
かみ砕いて幼子に食べさせるように
口の中に含みかみ砕いて母親が食べさせる
私らの時代はそういたしました。

離乳食などというものがあまりないから。
硬いものはみんな母親たちが口の中でかんで
やわらかくして食べさせたものなのです。
そういう姿を、どうかあなた方も忘れないでいただきたいのです。
あなた方が語っておられるような神理、今これは大事なことなのです。

これだけの最高峰が出る、やっと時代がきたということ。
それだけの学問文化レベルの時代がきたという
そういう知性の頂点を極めてる時代であることを
私もよくよくわかってはおるのです。

おりますが、やはり私は取り残されていく十割のうちの
あなた方のその教えについていけるのが二割の者たちであったとしたなら
取り残された八割の者たちに
あなた方がどうぞその口でそしゃくし、かみ砕いて
わかりやすい言葉で伝えていくという道を
どうかどうか忘れないでいただきたいと
そのようにお願いしたいので今日はまいりました。

あなた方が今おられている書籍を編纂されるということ。
それはほんにほんに素晴らしいことだと私は思います。
というのは、私の時代にもし文字が書けたのなら
もし書物が書ける者たちがおったのならば、そうであったのならば
どれだけ教義というものも歪まず、ちゃあんと正確に伝えられたことでしょう。

でも、やはり多くの者たちは文字が読めず
多くの者たちには、たとえわたくしが書いたとしても
やはり読みこなせるものたちが少ないし、難しいことを言ってもわからないし
だからやはり目で伝えていくことが大事であったという時代なのです。

そして出版技術というものも、今日ほどそのようになかったから
すべて手書きでございました。
あなた方の時代は、わたくしたちの時代に比べたのならば
はるかに恵まれた時代であるということ。
そのために、この間からお出になられておられる
明治維新の志士の方がたのお話があったのやと思います。
c0171476_7583638.jpg

あなた方は、その時代の彼らのご苦労を通ってきたればこそ今
今日のような言論の自由とか
自由なぞという言葉は我々の時代にはなかったのです。
でもあなた方には言論の自由もあるし
人権というものもちゃあんと保障されてる時代に生きておられます。
出版の自由もございますし
そのような技術というものが、もう普及してる時代に生きておられます。

そして信教の自由、宗教の自由というものがおありでしょう。
私たちのときには、自分の信じてる神さんの名を唱えただけで
神道の国粋主義の神様の名前を唱えないと、神道の名前を言わんと
それだけで私たちは牢屋に入れられたのです。
その教えを曲げるまで、何日も何日も冷たい牢に入れられ
拷問を受けていったのです。

ですから、その中で何度投獄されても、私は教えを変えませんでした。
そのような戦いの中で、私たちは神一条、神一筋に生きることだけを
姿を残すことによって、神様のありさま
神様の教えがここにあるよということを
人びとに伝えることをもって、その使命としたのです。

ですからあなた方に申し上げたいのは、私たちの時代
そして竜馬様の時代に見たならば、いろいろと危険なことがあるのは
この間見ていてもわかりますが
わたくしが乗り越えてきたあの時代の苦しみに比べれば
あなた方はひじょうに、ある意味で安全な恵まれた時代に
生きていらっしゃるのだということを理解していただきたいのです。

その時代に生きていた者は
成果としては大したものは残せなかったかもしれない。
でもあの時代に生き、あの時代の日本の中で精一杯生きた者として
あなた方はあなた方の時代の良さを、すべてを引き受けて
そして、私が背負うた使命よりもはるかに大きな使命を背負われようと
あなた方はしておられますが、その使命を精一杯しっかりと肩に背負うて
この残りの人生を生き切って
神一筋に生き抜いていただけんもんやろかと思って
私は今日、お願いにまいりました。

(2005.6.30 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-10-31 07:59 | 中山みき | Trackback | Comments(0)

ヘラからのメッセージ(2)

それが源流となり、後のソクラテス、プラトン、アリストテレスを通す
西洋文化圏における、学問の祖という発祥を導いたのです。
神の中から生まれし叡智でなければ
いかなる学問においても意味をなさぬということを
しっかりとそのギリシャ思想のバックグラウンドには込められているのです。

であるから、ソクラテスにおきましても幽体離脱を繰り返し
プラトンのイデア論においても、天上界のことを
その時代の最高の知恵者と呼ばれた者が語ること
そのことをもって最高の叡智とする。
その者たちが語り伝えたことを最高の学問とするということから
西洋の学問は本来、発生していったのです。
それが、我々が期待をした学問の本来の姿であったということです。

しかし、その後、学問は神とたもとを分かち
神の叡智を自称するためのものが学問であったにもかかわらず
哲学とかいう思想にあったにもかかわらず、その神を否定し
勝手に人間たちが、自分自らこの地上の知に溺れ、自惚れ、神を否定し
勝手に自己がすべてであると、神とともに歩まぬ学問を
近現代において展開してきたのが現状ではないのでしょうか。

すべての学問においても、生物学においても、医学においても
哲学もちろんです。
哲学においても、経済学においても、文学においても
神を基盤とした神の叡智より流れいでる、その叡智を学問の基盤としなくて
いかに学問の真髄というものがあるのでありましょうか。

人びとの知恵と呼ばれるものは
ソクラテスが言った通り、無知の知というものがあります。
知だけに溺れ、詭弁に溺れて、たとえ、どれだけ相手を論破できたとしても
自分は、本来は、神の叡智の前には何も知らぬ者であるという
そのような深い認識をもってこそ
初めて深き神の子としての知恵の扉が開かれるということ。
それをもって知恵者というのであるということ。

表面的な知の遊戯に浸っている者は、知恵者とはほど遠い者であるということ。
本来の知恵者という者は、深き信仰心により神の叡智に直結し
己が神性を通し、神の叡智を自らの中に導き入れ出せる者
その者をもって真の知恵者といい、神の叡智を体現する者というのです。

ギリシャ思想の中における学問、神の叡知というものからの
地上における映し出された、実証されるべき姿を
本来がギリシャの学問というのです。
神の叡智抜きに地上の学問はあり得ないということを
私は申し上げているのです。

私たちにおきましても、神と呼ばれる神格を持った者たちというのは
何が違うかと申しますと、神の根源に対する宇宙の根源の
神のエナジーに対する絶大なる信仰心というものが
並外れて大きい、ただ、それだけのものなのかもしれません。

そのことにおいて、人びとは、人びとに対する指導の中に
なんとか地上の神の子たちを指導していきたいという思いの中で
我々は深い信仰心を通して、宇宙の根源に直結することにより
その叡智を自らの中に導き入れ、人びとを指導する際
縦横無尽にその知恵を、叡智を自らの中に導き入れることにより
地上の者たちを指導し、善導するという権限を与えられている者たちなのです。
そうでなければ何の意昧もないということなのです。

我々の叡智というものは、自らが何も知らぬ、しかれども宇宙の根源の神の一部
分かれ分光された霊性、霊体であるということ、魂であるということ。
それを深く、深く認識することにより、己が神性のパーニャパラミタの蓋が開き
直結して神の叡智を導き入れることができる。
語ることができる。
そういう者たちが我々、神格を持った者たちなのです。

だから、パワトロンと呼ばれるひとつの機能を持っておりますが
そこを通して、パーニャパラミタからいずる、神の叡智というものを
人びとにダイレクトに伝えるという、そのようなものを与えられているのです。

我々が命をかけ、身を粉にし、地上の神の子たちを善導するために
その叡智というのは使われないのならば、そして、宇宙の根源であり
神の神性というものを地上に映し出すために、その叡智というものが
その自らの中にあるパワトロンなどを通して表現されないのであるのならば
我々の神格などというもの、神と呼ばれるような呼称というものは
全く無意味なもので、無用の長物と呼ばれるものになるでしょう。
c0171476_7411832.jpg

我々は単に神格を与えられているのではなく、人びとを一人でも多く善導し
神の国に近づけるためのお手伝いをし、この地上に神の御姿に似た
地上ユートピアを実現させるために
様々に心を砕きながら努力してくる姿をもって
我々は神の使者であると
神のメッセンジャーであるという立場を許されている者なのです。

ですから、この者においても、その同じ使命があります。
本人がやりたくないと言っても私同様、霊言を受ける能力を持っている以上
このようなメッセージを地上に受ける
そのような信託を受けし巫女的な部分というもので
神に奉仕しなくてはなりません。
神に奉仕し、地上の者たちに奉仕しなくてはなりません。

その人生を投げ打って、神のメッセンジャーとして
この地上の生を自らの喜びや願望ということ以上に
神の本来お考えのご計画を、そして今、地上の者たちがどのようなことで苦しみ
地上の者たちの幸せのために、何かできるかを、常に自らよりも優先して考える
そのような姿でなくては、この者は使命を果たせないということなのです。

私たちもそのような役割にあり、それぞれの悩みや、それぞれの苦しみや
修行の課題を、テーマを持っております。
それは当たり前のことなのです。

すべての地上に肉体を待ちし人格神は、といえども
すべてが修行中の神の子でありますから
いろいろな苦しみを自分の中で乗り越え、成長させていかねばなりません。

その個人的修行の部分と
それを超えて人類に神に奉仕していくという姿をもってこそ
神のメッセンジャーとしての役割を果たせるということ。
そのようなものが我々ギリシャの、オリンポスの神々と呼ばれて
下生した者たちの役割の中にございました。

今、思うと、それぞれがそれぞれの役割を担いました。
音楽、哲学、戦、あらゆるものを通し人民の心を豊かにし
少しでも自由で、おおらかな喜びに満ちた神の子の地上ユートピアを
地上に具現するためにはどのようにしたらいいかという
役割分担というものをそれぞれが持って、ギリシャの時代は
我々、神々と呼ばれている者たちは、精一杯、努力していたのです。

それが今や、今日に至るまで、ギリシャ文明、ギリシャの文化と呼ばれる
ある意味でひとつの頂点を極めた文化のひとつになったのではないでしょうか。

パワトロン:菩薩の境地(七次元)以上の者の霊体に出現する
霊的機能のひとつ。
自らの体を通して、神の光(愛)が流される通路のようなもの。
パワトロンが位置するのは霊体の胸、心臓部のあたりに渦を巻くような
エネルギーのスポットとして確認することができる。

(2005.6.9 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-10-29 07:41 | ヘラ | Trackback | Comments(0)

天之御中主之神からのメッセージ

天之御中主なり。

今日ここに、そなたたちの前に、我が言葉を聞かす時を持てたことを
心より喜び、天に感謝するものである。
この我が国土、大和の国日本において、この救世の大事業が行われることを
そしてその計画の難航を、今そなた方が救われんがために命を張り
頑張られておられることを、我は心より喜び、感謝いたす。

この神の国、日本において、我が国土は、和をもって旨とし
その神の神意をもってこの国を治めてきた。
この国土は、神の光の表現として、表れの姿としてその使命をいただき
その使命を果たしてきた。
しかし、この国をもって救世の大事業の拠点とされることを
上の神から申し渡された時
我が国土をここまで預かってきた者として喜び、心打ち震えた思いであった。

そなたたちは完全な日本神道というわけではなかろうが
この地球に生まれし、みな同じ神の子であるという思いの中で
その優秀な、その徳の高さにおいて
神仏より大いなる使命を与えられた者たちとお見受けいたした。

数々の試練、数々の失敗、挫折を乗り越え、心からの決意を胸に秘め
そなたたちがこのレムリアという、この我が国土における
最終救世事業に立ち会われたることを、我は心より喜び、感謝いたそう。

数々の外国の神々とも、今回の救世の事業にあたり、様々な情報を伺い
そして事情を聞いていた中で、我とて紫光線一筋というわけでもなく
紫を超えた数々の光線の神々と手を取り合い
この日本から、この大和の国を通して
この地球全体にかかる救世の大いなる希望といたす
虹をかける、夢をかけるために
我は力を尽くさんと、お誓い申し上げたものでもある。

そなたたちの使命を思うと、さぞかしたいへんな荷を背負われたと
たいへん心より同情申し上げるが
この時にこそ光一元、すべてにおいて正しいものしかないという
すべて神のものしかないという、圧倒的な信を抱かれよ。

数々の挫折を、生活を乗り越えてこられ、否定的な思いを持たれる
あなた方の心の弱さはわかるけれども
この地上において、人びとの迷いの想念ゆえに
悪というものがいっときの影のように現れているだけである。

それは本来影にして、光のもとにあるいっときの影にして
そなたたちは、その影を押し払うべくその光を発散させ
神の大救世計画を光り渡らすことにより、そなたたちは使命を全うされ
この地球を救われよ。
そのために我が国土を使われよ。

我らは天照たちとともに、この国土をそのような場に整えるがために
今までこの神の国を、神の国土を預かってきた者たちである。
そなたたちは少しもひるむことなく
我らがそなたたちの味方であるということを信じ
この日本からの救世事業を、けっして失敗させてはならぬ。
魔のようなものに心を弱くさせられ、転覆させられるような
そのようなひ弱な計画であってはならぬ。

我が神道は、この地上には、この宇宙には神の思いのみがすべてであるという
絶対的な信がある。
神の光こそがすべてである。
それ以外のものは迷いであり、影であるというその思いがある。

今は確かに、数々の迷える者たちがいて、そなたたちの足を引っ張り
数々のトリックがあったかもしれないけれども
第一、第二の計画の失敗をもって失敗であるとは言えないと思う。

神はそなたたちを用意された。
そしてその救世の大計画により
最終的な救済事業を打ってこられたということを
我は心から感謝し、喜び
そしてこの大和の国が、またひとたび神のお役に立てるということを
心から感謝しているものである。
そなたたちの警護には、我らが日本神道でも
「裏神道」と呼ばれている者たちが立っている。
c0171476_16365853.jpg

そなたたちはとても不思議に思うかもしれぬが
今まで日本神道という、この大和の国は
大和の国という中において、自己完結した、ひとつの世界を続け
その伝統を継承し
我らは一筋に、この日本という国を守るために頑張ってきた。
しかし、この事業により、数々の外国の神々との接触の中で
特にこの計画の中におき
他国の神々との接触が、情報が与えられることにより
この大和の国を本来のあるべき姿に戻そうと
やっと我々がこの神国として預かってきた場所が
ほんとうの意味でここが光の灯台として
神の言葉を世界中に知らしめるその灯台の国として
その使命を仰せつかった。
そのまさに使命を果たさんが時に至ったということを
自覚しているのである。

先ほどから、明治維新の志士と言われている者たちが
今まで出てきたであろう。
彼らが努力をして、今日の近代国家というものをつくってくれた。
我から思うのなら、数々の不服があるにも関わらず
やはり今日、日本というものが
世界の有数の文化レベルにおける指導国のひとつになってきたということは
彼らの助力を抜きにしては語れないものだと思っている。

しかし、我が日本神道の思いの中には、単に近代国家にするだけにはあたわず
この日本という国を通して
本来の神の御心というものをこの地上に発信していく
そのような霊的な磁場にするために
この国を預かったのであるという自負心がある。
そのことを思うのであるならば、そなたたちは、これを霊的な磁場とし
今霊的な巫女が降りられることにより、ここの国を通して
霊的な天上界の扉が聞かれた窓口として、この磁場を使われよ。

今この磁場はたいへんな結界の中において守られ
霊言を降ろすにも容易な場となっているはずである。
今は日本神道だけではなく、表も裏神道の者たちが警備にあたり
そして外国の警備にあたる者たち
そして外国の神々と呼ばれている
今回の救世の事業の責任者と呼ばれている方がた
そのような方がたとも日夜、我は話し合いをし、次の計画を考えている。

この国をもって霊言を降ろすという磁場に与えられ
そして数々の、今までにないような神々の霊言が降りているという事実。
それを書籍とし、この日本からインターネットというものを通して
世界中に発信するであろうという
そのような天上界の計画があるということをもって
そなたたちは今の任にあたらねばならぬ。
まさにへそのような国、この神国日本を
無事にその使命を全うさせていただきたい。

今、天照が下生するのでもなく、卑弥呼が、日向が下生するわけでもなく
今この方が神より与えられて、今この日本に降りられ
このような任にあたっている。
次に、我らが日本神道、最も敬愛する、孔子と呼ばれる
セラビムと言われる方がおいでになっておられる。

そのセラビムを
この日本の地にお預かりしているという光栄に浴するということ。
そのことをもって、我はたいへんな幸せを感じている。
何よりも、セラビムをもって九次元指導霊とし、この日本の地におき
最終ユートピアを建設せんがための、この大計画が実行されるということ。
執り行われるということ。
そのことをもって我が日本神道は、最大の名誉といたすものである。

そなたたちにはわかるであろうか。
我らがこの国土を守ってきたこの教えの中において
この孔子と呼ばれる方がこの日本という地を使われ
この地球をまとめていかれるということ。

その場所に、そして今までなかった
かつてよりの霊言というものが降りる場として
この小さな島国日本というものが神より与えられ
お遣わしいただくということ。
このことをもって我が幸せと、心より思うのである。

そなたたちは、我らが主、エル・ランティ、高橋信次により
そして仏陀により
数々の知識を積みあげてこられた方がたである。
数々の知恵を、知識を胸に秘め、パーニャパラミタを開き
そして今の時代の使命における、そなたたちの使命を実行されよ。
そなたたちの足を引っ張る、反乱分子と呼ばれている者たちが現れることは
光の使者としてはいつでもあること。

セラビム:地球霊界九次元霊の一人。現代日本の他に中国では孔子として
     肉体を持たれたことがある。
     天上界では紫色光線(礼節と秩序)を担当している。

(2005.4.16 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-10-25 16:37 | 天之御中主之神 | Trackback | Comments(0)

中山みきからのメッセージ(2)

私はけっして難しいことは言わなかったのです。
難しいことを言ってもわかるような者たちでなかったから
わたくしのような、わたくし自身もそんな学問を受けておりませんでしたから
わたくしのわかる言葉で、わたくしと同じような者たちにわかる
神さんの摂理というものをお伝えしていっただけなのです。

そのときに、民衆の娯楽の中にその歌というもの
そして踊りというものを込めていくということが
ある意味でひじょうにあっという間に多くの人びとに
わたくしの舞いという
踊りというものが伝わっていったことにもなったのです。

はるか遠くの場所にまで、その踊りというものが
歌というものが広がっていったはずなのです。

ですから、あなた方にも申し上げたいのです。
あなた方の時代には、今このように霊言集というものを降ろされて
このように小冊子という書籍を持てる、ひじょうに周りの人びとも
高度な学問を受けられた素晴らしい時代であると思います。

でもね、多くの人びとは、それを読んでもわからない者たちがいる。
その者たちへの一般伝道の道が出てきたときに
どうかあなた方にお願いしておきたいのは、わからぬ者たちにも易しい言葉で
神さんの摂理を易しい言葉でわからす手段というのを
常に置いておいていただきたいと思うのです。

その意味において、あなた方が次に一般伝道の中に芸術を使ってということを
言われるのは知っておりますが、そのような段階になったときに、感性に
そして人びとの生活に根づいたものの中で、自然に入っていく言葉を通して
人びとの心に神さんのお心というのを伝えていく道があるのやということを
どうか、あなた方にもお伝えしたいのやったと思って今日はまいりました。

私の教えは天地創造のときから、というのを先ほどおっしゃって
ご存知の方がおられるようなので
あなたはそのようなことを知って育てられたからだと思いますが
この方は何もご存じないようなので、わたくしは逆に、そのように昔
説いた話ということにあまり関わって解説をしてもしょうがないと
思っておりますから、あまりは申しません。

ですが、ひとつだけ申し上げておきたいのは、私の時代の中におきましては
民百姓たちが、このような時代の中で
少しでも少しでも救われたいというふうに思う
そういうふうな、士農工商のような封建時代というものを越えたその先に
あなた方がこの間とられていた明治維新の方がたがおられましたでしょ。

あの方たちが出て来るという一連の神さんの世界の
天上界の計画のひとつとして、私も中山みきとして生まれてきたという
そういう事情があったのです。

江戸末期にわたくしは出ました。
取り残された民衆たちに、少しでも幸せになっていく道を伝えたかった。
そしてその者たちの苦しみが、下から、底辺から上がっていきながら
かつ、組織体制としても、この間言われていた坂本竜馬様とか松陰様とか
いろんな素晴らしい方がたが出て
明治維新やなんかのそういう改革をしていくという
怒とうのような今日の近代日本につながるという
そのようなことの、天上界の計画の一環として、私は先駆けに出たのです。

谷口雅春様とか、畏れ多くも高橋信次様と言われるようなお方がお出になる
その宗教界の改革の前触れとして、先がけとして
わたくしがこのような江戸の末期に出たというのがあるのです。

どうしても男性たちの改革者が出られると
やはり底辺の者たちを救っていくということはひじょうに難しいのです。
まず、組織体制の中から変えていくという大改革が行われていく
その時に私は出て、神一条の、神一筋のその思いというものを
素朴な、その恵まれぬ民百姓たちの身になって
神の愛というものを伝えていきたいと願い出て
許されて出ていった者であるのです。

しかしそのあと、皆さま、ご存じかもしれませんが
日本神道というものの流れの中で、神道に属さねば宗教は皆つぶされる
お取りつぶしになるという、そういう戦時国家の流れの体制の中で
わたくしはたいへん何度も投獄されましたし、そのような中においても
私は神の社となって、その信仰心そのものを神の地上代行者として
そのままに生き抜いていく姿を見せてこそ
人びとは私の姿を通して神の存在を感じてくれるのだと
そのように守護霊にも言われましたので
頑張り抜いてあの時代を生き抜いたのです。

わたくしが教えたことは、あなた方が教えられておられることから見たら
ほんとうにわずかなことだし
たいしたレベルのことではないかもしれないけれども
でも一粒の種まかずんば、その後に芽が生えることがないという
偉いイエス・キリスト様のお話もあられるように
わたくしがまいた種は、先ほど言いましたけれども
信者と呼ばれる者たちが出るのに
ほんとに長い年月をかけて広がっていったものなのです。

でも、私は長生きをいたしましたゆえ
その四十から始めて九十五歳ぐらいまでの間の流れの中で
人びとの気持ちの中で、九十歳までの間の中で、一生懸命生きて
その姿を、神のお社としての姿の模範を見せたつもりでございます。

そして、その間にまいた種というのが
一時期は私の教えをそのままに言ったらつぶされると言って
いろいろな形を変えた形で
私本来の望みではない形にはなりながら継承はされていったけれども
今この信教の自由の時代になりまして
また私の思いを復活してくださる人びとが出て来たということ。
それが今の天理教の流れの中にあるということを
今の信仰している方がたに労をねぎらいたく思います。

とっくに立ち消えてもおかしくない我が教えを
今日まで伝えてくださったということ。
あの戦時下にあり、ほんとうのことを言えばつぶされてしまうような中で
形を変えることが私の教えを曲げることになる
嫌でもつぶすわけにはいかぬという悶々とした中で、まさに彼らは現実の中で
信仰心とは何であるかということを自らに問いながら
今日までつなげてくださったということに対する
今の天理教の方がたに対する
お礼と感謝の意をここでひと言申し上げたいと思うのです。

ただ、その教えの中でわたくしが説きました教えは
ひじょうに素朴なものでございました。
その教えの原点に戻ろうとしている流れがあるということを
私はたいへんうれしいと思っております。

ただ、あの時私が説いたこと、そして私が今言いたいことという延長の中で
今私が出たことを、昔説いたことの教えの延長に
この神々の、天上界の大いなる計画がある。
そのことをどうか我が教えを信ずる者たちも聞いていただきたいと思うのです。

そして、わたくしが単に天理教というものだけを通して
世の中を変えていこうと思うよりも、大いなる天上界のご意思の
大いなる尊い神々のひとつの使者としてあの時代に出て
神様の心をこの地上の方がたに伝えるために出てった者であったということ。

であるならば、天理教という教えのひとつの中にこもっているのではなく
今の時代は、もう地球規模的な意味で
そして何を考えよう、私か説いたこの教えは日本にあります
この日本という場所が
今のこの世界の霊文明の夜明けと言われている時代の中で
どれだけ素晴らしい場所に位置しているかということ。
まさに、光の奔流を世界に放つ原点の場所にいるということ。
c0171476_14353951.jpg

わたくしが生前、「おぢば」という言葉を申しました。
そこは神さんが、神の光が出る
信仰心の中心になる場所であるということを申しました。

「おぢば」というのがあるのならば
今はこの日本列島すべてが、「おぢば」でございます。
そしてこの「おぢば」より光を放ち、この地球すべてを光でくるむために
天上界の神々のご計画はあるのです。

ですから、わたくしはそのために
お力添えをできたという喜びを持っておりますので
どうか皆さん方もみんなで手を取りおおて
私が昔申したように、手と手を取りおおて
キリスト教徒も仏教徒も、日本神道も天理教の者も、のう
谷口雅春先生がお説きになったと呼ばれている生長の家の方がたも
そのG会と呼ばれている方がたも
仏陀のお出になられたK会の方がたの皆さんもね。
同じ日本に生まれたそういう尊い仲問たちではありませぬか。
どうか皆さんで、私が言ったように、手と手を取りおおて
一緒に舞ってみてはいかがでしょうか。

「神様の計画の中で、この素晴らしい最後のこの計画の中で
互いにいがみ合うのではなく、互いに素晴らしい個性を生かし合うことで
そして男女がともに尊重し合う中で、神さんの喜ばれる
苦楽のない素晴らしい大調和の世の中をつくろうよ。
喜びに満ちて一緒に歌おうよ。
一緒に踊ろうよ」と私が申したのでございます。

今の、「宗教」と呼ばれてるものも数々の苦しみがあり
数々の分裂があったのです。
そして確かに日本神道の流れの中に統合しようとして
わたくしの教えも弾圧を受けたということを、よくよく知っておるのです。

でも日本神道の神さん方も、やはりこの日本という場所を預かり
この日本という場所の磁場を大事にしながら、神の国土へなさって
努力なさられてきたということなのです。

ですから江戸時代の、あの時代の民百姓たちの、狭い、狭い世界の中では
あのようなことは大事であったけれども、今それをもっと広げてみるのならば
いろいろな宗教がこの日本には混在して
ともにひしめき合っているように思うかもしれないけれど
でも、それなればこそ、今日レムリアというところで言われている
万教帰一と申しましょうか、あらゆる宗教を一度るつぼに投げ込み
ひとつの世界宗教へと育て上げていく、発信していくそのような場所として
そのような地盤としてこの日本が与えられたからこそ
日本神道、仏教、キリスト教、さまざまな教えが
この日本という小さな、小さなお国の中に流れ込んで
その中において、今日すべてを見渡しながら
そこで世界宗教への道を歩む大事な地盤というのを
日本神道の神さん方がおつくりになられて用意されてきたという
そういう時代背景があったということを
私はこちらの天上界の世界に帰って来てからすべてを知って
ほんとうに素晴らしいところに仕事をさせてもろうたんやというふうに
心から感謝しております。

ですから、どうか皆さん方も仲良く手を取りおおて
神さんの計画に頑張っていただきたいと思うのです。

(2005.6.30 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-10-24 07:20 | 中山みき | Trackback | Comments(0)

モーリャ(モーゼの本体意識)からのメッセージ(27)

少し長くなりましたが、わたしもこの皆さんのところに出る機会というのは
ずっと楽しみにしてきたのです。
今がいちばんいい時期ではないかと判断いたしましたので
今日は出させていただきました。

どうか皆さん、御自分の反省は必要ですよ。
反省をしなければ、そこに魔が入ります。
でも、反省をしすぎる仏教徒たちをただ見るにつけ
どうしてもっと自分を創造されたときの神の期待に応え
誇りを持つことができないのか。
もっと唯一の、唯一の存在として、素晴らしさを
素晴らしき光を投げかけることができないのか。

自信を持ってほしい。
清濁あわせるというではありませんか。
悪いところ、いいところも含めて、個性というのができるのです。
いいところばかりでは個性はできない。
だからいいところも含め、悪いところも含め、個性化してきた
その部分をもっと信じて、自己信頼をして、自分ならではの花を聞かせ
この使命のために一丸となっていただきたいのです。

己自身の悟りというもの、境地というもの
それは実践を踏まなければ格は上がらないのです。
仏教徒たち、間違えてはなりません。
アラハンであるとか何であるとか
そのようなものは、ひとつの角度から定義づけようとしたものであって
ータルな意味での悟りの段階論とはまた違うのです。

それは、仏陀の知恵の中においてつくられたものです。
確かにそれによって多くの者たちが少しずつ段々を上がって
多くの者が、地球的な部分でいったらば
高いはしごに登っていった実績があったではありませんか。

でももう、知っていますか、屋根の上に上がったらはしごはいらないのです。
屋根の上に上がったら、はしごはいらないのです。
あなた方は屋根の上にもうすでに上がったにもかかわらず
はしごを手放したくないと
はしごにしがみついているのではないのでしょうか。

はしごが必要な者たちもいるのですよ。
八正道によって、少なくとも煩悩から離れることによって
最悪のことを防ごうという者たちもいるのです。
でも、あなた方は、もうはしごはいらないはずなのです。
屋根の上にもう登っているのに
またはしごを引っ張りだしてきて、はしごから離れられない。
それが、仏教徒たちの八正道の使い方であり、悟り悟りと言っている
その姿のようにも見受けられるのです。

屋根の上に上がったら何をしますか。
大空にかかっている星々に対して、その宇宙の美しさが見えているのならば
その星の美しさを多くの人びとに伝えてあげなさい。
宇宙はこんなに広いんだよ。
屋根の上に上がったら、こんなに美しい星々が見えたよ。
他の天体にも素晴らしい人びとがいるんだよ。
そういうことを伝えてあげなさい。

屋根の上に登ったというのに、いつまではしごを握りしめて
また下の世界が恋しくなっているのでしょうか。
あなたにしたって、霊道を開く、開かないということで
アラハンだのなんだの、こだわっておられるように思いますが
あなたは屋根の上にもう登っているのに、いつまでたってもはしごが離せない
そのような仏教関係者のひとりと同じなのです。
だから、いらぬ縛りがあるのです。

屋根の上に上がるまではね、煩悩からある程度離れる必要があるのです。
だから仏陀は、そのための段階論として、修行の体裁論として
あのようなことをいろいろ言われたのです。
でも、屋根の上に上がったらね、それはもういらないんですよ。
屋根の上に上がったなら、はしごは無用なのですよ。

屋根の上に上がってその美しさ、満天の星々の美しさを、大銀河の美しさを
人びとに伝えていきなさい。
あなたの使命が降りているではないですか。

小さな、小さな仏教という枠の中に縛られていては
これから到来する神の神理を述べ伝える
そのような使命は負うことはできないのです。
仏陀の世界だけがすべてではないのです。
イエス・キリストの説かれた愛の教えは素晴らしいけれども
それだけが全てではないのです。

イスラム教徒だって、なんだかんだ言いながら、性の退廃を
女性たちがあのようなことをすることによって
防いできたこともまた事実なのです。
そして、誰よりも、地球の中で神を信じ、生活の中に息づかせているのは
イスラム教徒ではないのでしょうか。

神を見失っている西洋、欧米諸国の者たち、日本の者たちを見ていると
神という存在すら、もう心の中に認めることができなくなっている。
架空の絵空事だと思っている。
それなのに、イスラム教徒はどうでしょう。

朝な夕なに礼拝をし、人生の中にしっかりと神というもの
神と共に生きるということが即信仰心であるという、生活の実践の場において
神と共に生きておられるではないですか。
そのイスラム教徒に対して、自分たちのほうが上だと言えるでしょうか。

だから、時代の中において、地域的なものの中において
それぞれの真実、必然性
そして、それが求められた目的という時代的背景というものがあるのです。
それを引き受けながら、地域を担当しながら
我々九次元は、八次元のマホメットにしてみてもそうですが
引き受けて出ていった。
そして、地球の歴史をつくってきたのです。
c0171476_1035517.jpg

でももう、何度も繰り返しますが
もう今日は、そういう地域的なもので過渡期的な宗教ではなくて
最終的な地球正法的な部分において
根源的な神々はみな仲間であるという認識に
もっていかなくてはいけないのです。
それをやるのが今回の計画なのです。

我々の声をストレートにこのように発信するという
これは今までタブーとされてきたことなのです。
イエス・キリストの時代であったとしても、イエス・キリストですら
「わたしはモーゼである」とか、「エル・ランティである」とか
そういうことを言って
イエス・キリストが通信を受けていたわけではないのです。

モーゼのときもそうでした。
でも今は、ストレートに名前を明かして、九次元から言葉が出ているのです。
そのくらい我々も力を入れ、自分たちの身分を明かして出てきているのです。
そういう時代はそんな長くはないのです。
何千年、何万年生きてきた中で、ほんの一瞬の今回のチャンスなのです。

日本に生まれていなければ
この日本語でこの言葉を聴くチャンスもなかったでしょう。
正法に触れていなければ、我々が語る言葉の意味もわからないでしょう。
その数々の難関をクリアし、数々のサタンたちの惑わしを乗り越えて
あなた方はここに集いました。
そのことに誇りを持って、命がけになって
満天の星々の美しさを、観衆に向けて、語ってほしいのだと。

屋根の上に登ったのに、はしごをいつまでも抱きしめて
もう屋根の上からはしごを降ろしなさい。
捨てなさい。
あなたの心の中に、ねえ00さん、もう捨てるのです。
いらないのです。
あなた自身はいらないのです。

でも、はしごを登ってきた。
登ってきたからこそ、屋根の上にいるでしょう。
その経験は、あなたの中に大いなる智慧として、パーニャパラミタとして
ちゃんと蓄えられていくのです。
それを多くの者の指導のときに使いなさい。
我々もそうやってはしごを登ってきたのです。
平等だったのですよ。

ちゃんとはしごを一つひとつ登ってから、屋根の上で、屋根の上から
今度は空に向かって飛ぶことを覚えたのです。
そういう段階があるのです。

つまらないものに、もう乗り越えてしまったものに縛られず
己自身の人生に誇りを持って
その残りの人生を、命をかけて生き抜いてください。

あともう十年、二十年、二十年くらい生きてきたらもう人生
それほど大活躍できる年齢ではないではないですか。
いちばんいい時ではないですか。
身体も動きますし、知識も名声も財力もお持ちのようですから
そのすべてをフル稼働して、この時期に己自身の命があり
そしてこの時期に使命を与えられたということに感謝をして
この使命を引き受けていただきたいと思います。

ちょっと長くなりましたけれども
今日はモーゼから皆さま方にごあいさつをしたくて話をしました。
また、これからたぶん、赤色光線の者たちの力が必要になってくると思いますが
そのときは、いつでも呼んでください。

あなたのお兄様も今、向こうで戦って頑張っていますよ。
彼は本来赤色光線に属している者ですから
戦闘はひじょうに彼の得意とするところで
わたしがしっかり見てます。
マヌだけに任せているわけではないのです。

大丈夫ですよ。
あなたがそのご意志を継いでくださるからこそ
彼もまた頑張れるということなのです。
あなた方一族、そしてこのレムリアの計画のために
彼は命を張って戦ってくることでしょう。
その地上の部分で彼の意志を代行する者として
どうかあなたの存在が期待されていますよ。
よろしくお願いいたします。

この者にしてもまだまだ、腹はくくってきているとはいえ
まだ心弱いところがありますので
みなさん方のお力と助力によって
この者を助けていただきたいというふうに思っておりますので
よろしくお願いしたいと思います。
失礼いたします。

(2004.1.11 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-10-23 10:03 | モーゼ/モーリャ | Trackback | Comments(0)

ヘラからのメッセージ

私はかつて、この方(アマーリエ)の母として
ともにギリシャにおける文明というものを通し
神のお心というものを、地上にメッセージを伝え
人びとを、いかに神々のご意思に沿って地上の者たちを幸せに導くために
ゼウス神はじめ
数々の神格を持った者たちとともに頑張った者でございます。

今再び、この日本という地におき、天上界よりの計画のもとに
新たな神の叡智が地上に送り込まれようとしております。
わたくしたちの時代におきましても、私も天上界の神のご指導により
そのメッセージを受け取り、ゼウス神に伝え、それをその時勢における
治世、世の中を治めるということに助力した者でございます。

かつて、戦乱が多く、人びとの心は荒み、領土を求め、戦に明け暮れ
人びとは少しも心の安らぎも、安定もなかった中で
天上界よりのご指導により
ギリシャというエーゲ海を臨む、あの美しい場所に
霊的なスポットとしての使命をギリシャは与えられ
その叡智の極みを天上界よりのご指導とその通信により
一大霊文明を開化させたのでございます。

いつも霊的なソース、根源からの叡智が降りる霊的なスポットというのは
勝手に人びとの意志で決められるものではなく
常に天上界における地球神、地球指導霊の方がたのご計画に沿うて
霊的なスポット、エリアというものが決定されるのです。

わたくしたちはその時、ギリシャという場所を通して、ひとつの完成を通し
知識、叡智、芸術、スポーツ
ありとあらゆる文化をおおらかに開花させていくことにより
そして戦いによる終結を望みながら、ゼウス神のご指導のもとに
エーゲ海を臨む、ユートピアを目指した霊文明を目指したのでございます。

ひじょうにおおらかで、人間的なギリシャの文明は、その後
その信仰心と天上界とのパイプという、パイプラインを引くという
巫女たちによる神託という形で
天上界と地上の旅人たちとの架け橋をつくることで
人びとの心は常に天上界に
天上界の指導のもとに心合わせ、導かれたのです。

人びとは、常にわたくしたちを神と呼び、厚き信仰心を持ち
わたくしたちを通して
わたくしたちを超えた天の神に対しての厚い信仰心というものが
日常生活の中に根づいた姿を持ちながら
人びとは、その神の子としての、己が神性の素晴らしさを開花させ
その有り余らんばかりの才能を発揮し、オリンピアというスポーツの祭典
ギリシャ哲学と後に呼ばれたソクラテスとか、プラトンとか
様々な叡智を運ぶ者たちがその知の光線により
神の世界は叡智によっても追求され得るのであるという-。

根本的な知というものは、天上界のイデア
神というものと常に共存し、一体となり
学問の基本は打ち出されるべきなのであるという、ギリシャ思想の根本により
人類の学問となる、学問の祖となるスタートを切ったのです。

常にデルフォイや、様々な所における神託と呼ばれる巫女たちが
神々の言葉を預かりながら、人びとに伝えていく。
神とともにある信仰生活、神とともにある学問、神とともにある芸術
神のための祭典としてのオリンピア、すべてが神とともに
神の子たる人びとの日常の生活の中に、神というものを存在させ、気づかせ
神とともに生きるということをもって
自らの神の子、神性を開花していくという
そのような方針をゼウス神は立てられ、あの文明をつくられたのです。
c0171476_112275.jpg

ですから、芸術においても、神殿の建設、そして彫刻、様々な
今残っておりませんが、絵画にしても、多くの芸術作品が神とともに
神の子である人間たちが生きるその素晴らしさを、賛美を
作品の中に表してこそ
その芸術としての価値の高さというのが求められ、表現されていったのです。
それは今日の文明における、近現代における芸術のあり方とは
明らかに異なっているものだと思うのです。

わたくしたちは神を、神という名を名乗ったかもしれない。
神ではなく、単なる指導霊であったにもかかわらず
神と名乗り、女神と名乗ってきて
一般の者たち、大衆を指導したのですけれども
それはわたくしたちにおきましても、神であるというのではなく
逆にいうと、神に人びとを近づけていくためのお手伝いをする立場の者。
キリスト教で言うならば
エンジェルという立場の役割をわたくしたちは担い
人びとに神を気づかせるために、人びとには自らを神と名乗ることにより
強烈な求心力を持ち、指導した姿があったのです。

ですから、わたしくたちも、自らを神と思っていた訳ではないし
我々にしても、今日のような時代にこそ、人びとに対し
やっと本来の神が、宇宙におかれる愛のエネルギーであるということ
我々を創造された
一切のものを創造された創造主こそが神であられるということを
ギリシャ、多神教の者たちもよくわきまえているのでございます。

それは日本神道におかれる神々におかれても、そうだと思うのです。
やはり世の中を指導するのに
原始の時代においては、人びとの認識力があまりに低いので
わたくしたちが神という、女神ということを名乗ることにより、指導して
信仰心というのを打ち立てるという方法論があり
なおかつ、その向こうでは、一神教と呼ばれる創造生のみを神とする
そのような指導の仕方、救世主
メシアと呼ばれる方が立たれて宗教をおこすという
方法論としては二つのものが取られたのです。

我がギリシャにおきましては、多神教と呼ばれるそのような立場をもち
わたくしたちは指導霊として、高級指導霊として
人びとのもとに下生することにより、神を名乗ることにより
ひとつの、人びとの中に人間的な近寄りがたい神ではなく
わたくしたちも悩み苦しみ、様々な問題を抱え修行しなくてはいけない
努力の過程にある苦楽をともにする身近なる神性のある者として
人びとに対して語りかけることにより
神というものが単に日常生活から遊離し、かけ離れたところにあるではなく
人民とともに一緒に歩むのが神の姿であるということを打ち出すために
わたくしたちはその神という名を名乗ったのです。

それが他の文明、他の文化圏とは多少、ギリシャにおきます
文化圏の信仰のあり方の違いでないかと私は思っているのです。
でも、すべてが学問においても、政治体制においても
政治の指導者、国王たちであっても、王たちであっても
デルフォイの神託に伺いを立てに行きました。

すべてがその信仰心のもとに工たちも政治を行い、戦争をし、人びとを治め
王であったとしても、数々のオリンポス王とか
神話を通して伝えられるように
この世的な成功者であっても、どれだけ支配力を持った者であっても
神のもとにおいて、過ち多き人生を行うのであるのならば
神により、その罰というものは
皆、平等にその本人の不幸、不運となって返るのであるということを
デルフォイの神託や、様々な神託を通して伝えることにより

そしてその姿を、語り部と呼ばれる
後のギリシャ神話と呼ばれる姿に残していくことにおいて
神の絶対的なる天上界の神のもとには、地上の最高なる為政者としても
赤子のようなものであるということ。

だから、人びとよ、天上の神に対して謙虚であれとー
この地上は、単に神よりいっとき与えられし仮の姿であるということを
神あっての神の子たちの姿であるのだと
そのように、まず生活の中を通した
絶対的なる信仰形態というものを打ち出しました。

そして芸術を通し、数々の神殿をつくることにより
人びとに視覚的なものを通しても、神というものがどのようなものであり
神を崇拝し、神に祈りを捧げるということが、どのように厳かな場所におかれ
神に通じていくのかという、そのような場所をつくっていくことにより
人びとの信仰対象をしっかりと絞り込んでいったのです。

人びとは、やはり難しいことを言ってもわからぬ時代
目に見える姿で、神殿の中の厳かな姿の中で
そして、その神殿に、それぞれにいる、信託を受ける巫女たちの姿を通し
神に対する恐れというもの、畏怖心というものを直に肌で学んだのです。
その姿を、美的なものを通し、文化を通し、そしてそれが叡智を通すことにより
神の中には叡智という、知恵というものがあるということも
しっかりと打ち出したのです。

(2005.6.9 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-10-22 12:01 | ヘラ | Trackback | Comments(0)

中山みきからのメッセージ

わたくしは中山みきと申します。
あなた方のお知りおきの記憶の中では
天理教と呼ばれているところの教祖と呼ばれた者でございます。

あの当時は江戸時代という封建時代の末期という時代の
世の中がまだまだ士農工商と呼ばれる身分制度の中で
人びとの自由意志というものは少しも通らず、その身分
そして男女の差別の中で
人びとは食べるものもままならず、生きる目的も知らされず
ただただその体制の中で
縛られるような閉そく感の中で生きていた時代だったのです。

わたくしはその時代に生まれました。
そこで一介の、農家と言っても多少は大きいうちでございましたが
そのような、まあ農家は農家でございます。
そこの妻として、母として、嫁ぎ先で一生懸命
普通の平凡な人生を送っていた者なのです。

でも、私の心の中にあるのは、いつも神さんと一緒に
人びとがみんな自分たちの個性を、それぞれの素晴らしさを光り輝かせて
みんなで手と手を取りおおて、みんなで幸せに
神さんの喜ばれる世をつくろうやないかという
そのような思いで生きていたのです。

ですから、私の気持ちの中には
結婚して、その中で幸せだけを見いだすというよりは
なぜにこのように農民の世界にも庄屋があり
そして畑を持ってる者たちがおり
そして水呑み百姓と呼ばれる小作のように、一生、人の田畑を耕しながら
一生、生きる望みも張りもなく、食べるだけに追われ
いや、食べるものすらままならぬ、ひもじい思いをして生きていくという
そのような貧しい者たちがたくさんいるのだろうかという思いを
持ち続けておりました。

わたくしが四十近くなった頃でしたか、たいへんな飢饉がありまして
多くの小作たちが、多くの者たちが次々と飢え死にしていったとです。
行って、その中でどうにか助けてやりたいなあと思っても
私の力ではどうにもできなかったのです。

なぜこのような天変地異が起き
なぜ一方ではうなるほど食べるものがあるのに
このような者たちは飢え死にしていかねばならないのだろうかと
その姿を見るにつけ、悲しくて、悲しくて、はらはらと涙が落ちたのです。

私は一部の富んだ者たちよりも、彼らとともに生きようと決意を決めました。
彼らが何も持たなくても、食べるものにひもじかったとしても
そこに幼子たちがおり、女たちのにぎやかな笑い声がさざめき
男衆たちの元気な働く姿があれば
人はこの世でいくらでも幸せに生きていくことができるのだと
私は思いました。

なら、人びとの心に、私にだけしか聞こえなかった
神さんの心をみんなに伝えていこう。
そして、物はなくても心がけは神様のほうに、ひとすじに向かって生きる。
そのような社会をつくることで、人びとの心の中に幸せな思いをつくり
それこそが、いちばんこの地上を苦楽のない素晴らしい
神様の喜ばれる地上天国とさせていくことができる道ではないかと
私は私なりに考えたのです。

それを指導なさられたのが、やはり私の守護霊であられました。
わたくしは若い頃から、神さんの声が聞こえておりました。
でも、それを言うことがあまり人には喜ばれず
私の心ひとつの中におさめておりました。

でも、その飢きんが起きたとき
自分の気持ちの、私の存在そのものが揺さぶりを受け
神様に、今思うと守護霊様に、さあ、お前が生まれて来たのは
ここに来て世の建て直しのための先駆けとして
人びとに神さんの言葉を伝えて
人びとに幸せな世の中をつくる、そういう生き方を示しなさい。

そして、わたくし自身が神の社そのものになりて、人びとに模範となりて
神の使いとして、神の使者として
この地上に生きるその姿を見せていきなさいというふうに言われたのです。

それを覚悟をしたとき、そのときわたくしは家族の者に言ったときにしても
周りの者たちの反応はたいへんなものでした。
今の時代よりも身分制度が激しいだけではなく
男女間の差というのもひじょうに大きかったとです。

ですから男女の中において、夫に妻は常に服従し
夫のもとに三つ指をついてその家のために生きるというのが
その時代の女たちに要求されていたものですから
わたくしが神そのものの社となりて生きていくと言ったときには
たいへんな反対にあったのです。

でも私の意志はもう固く
そして、いやだと言っても、もう神さんには離してももらえず
お前がその道を極めぬのならば、お前の命も絶ってしまおうと脅されるほどに
私はその使命というのを受け入れざるを得ないという状況におかれたのです。
c0171476_7333931.jpg

そのときに私の気持ちの中にあったものは
この百姓たち、学問もないこの民人たちの心の中に少しでも幸せと
そしてさまざまな無知な無理解さの中に、苦しみの中にあえぐ人びとに
少しでも神様の世界の様子を伝えて
そしてそれをわかりやすい言葉で伝えて
難しい漢字なぞ、そういう難しい難儀な言葉なぞはなく
すべてが易しい和言葉で、女、子どもたちにもわかる言葉で
私は口伝えに伝えてきたのです。

というのは、あなた方の時代と違いまして
わたくしたちの時代はほとんどが、周りの人びとが文盲でした。
文字も書くことができず、書物も読めず
そして伝える言葉もすべてが口移しで伝えていったのです。

だから私はこの世の成り立ちも、この世の摂理というもの
神さんの教えというものも
易しい言葉で、人びとのかけ声の中で、身振り手振りの、舞うことによって
ひとつの表象的な形をつくることによって、男女差別がひどければひどいほど
男性も女性もみんな五分と五分、どちらが偉いでなし、どちらが卑しいでなし
互いに手を取りおおて、みんな仲良く互いに助けおおて
万物創生の始まりはそこから始まったんよと言いながら
夫婦仲良く暮らしなさいというふうに、まず伝えたのです。

そして、そこで生まれた子どもを大切にして、子どもたちも親の元で
頭ごなしに親に服従するのではなくて、親を大切にし、みんなの喜びを
みんなの苦しみを分かち合うことによって
人びとの心というものを喜びに満たすことが
自分の喜びであり幸せであるという
そうやって世の中から
すべて苦しみのない喜びに満ちた社会をつくっていこうと
それが完全調和されていったとき
この地上はすべて苦しみのない世の中になるのやよと
いうふうに私は伝えていったのです。

わかりやすい言葉で、わかりやすい身振り手振りを交えて
なぜあのような舞いをつくって、踊りを私か口移しで教えたかというと
私の周りにいた者たちがみんな無学文盲な者たちであったから
ということなのです。

彼らにわかるには、彼らの言葉で伝えて、易しい言葉で伝えながら
そして彼らの身振り手振りを通して
彼らに信仰心というものをしっかり根づかせることを図ったのです。

だから踊りというものは、歌というものは
その時代は娯楽は何もありませんでした。
あなた方の時代のように、テレビだとか映画だとか
そのように楽しい娯楽がたくさんあればよいのですが
ましてや彼らは貧しい身分の者たちばかり。

何にもない、電気もない時代の中で
人びとが苦しみと飢えと貧困にあえぐ時代の中で
ただ唯一の喜びといったら、声を出して踊って騒ぐ盆踊りのような
そのようなものがひじょうに
民衆の中で祭りというのが根づいていった時代でもありますので
やはりいちばん原始的かもしれないけれども、ひじょうに人びとの心に
貧しい者たちでも喜びの娯楽としての部分がありながら、その形を通して
みんなが舞うことを通して
「ああ、生きてることがありがたいな。神さんありがとうございます」と
みんなで手をつなぎおおて舞いながら
「さあ、みんなで手を取りおおて、仲良く調和して
みんなで助け合って生きていこうよ。
これが人びとが喜び、神さんが喜ぶ社会だよ。
これが地上の苦楽のない時代、世の中なんやよ」と私は言いながら
人びとに伝えていったのがほんとうなのでございます。

(2005.6.30 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-10-21 14:17 | 中山みき | Trackback | Comments(0)

モーリャ(モーゼの本体意識)からのメッセージ(26)

それには大事なことは法なのです。
地球レベルの法が説かれるとき
その根本法がきちっと今、地球のもとにひとつになるとき
それが確立されなくては、サタンたちは救えない。

そして、あなた方全人類も、地球を照らす太陽がひとつであるということを
ほんとうの意味で認識する。
その次元アップ、精神的な次元がアップしなければ
とてもでないが宇宙連盟の一員としての地球人の立場というものを
理解する段階には至らないのです。

そんな、自分たちの地域的な神が最高であると、モーゼが最高であった
イエス・キリストが最高であった、仏陀が最高であった
マホメットが最高であったと言って
殺し合いをするような者たちが、宇宙に出て行かれては
宇宙の人、宇宙人たちはたいへん迷惑をするのです。

そんな原始的な野蛮人が出て来られて
自分たちのアラーの神がおっしゃったから
だから火星や金星は他の神がやってるから殺してきてもいいのだという人が
宇宙にどんどん広がっていったら、どのようになると思われますか。
それは許されないのです。
その惑星の中で淘汰されるように言われていることなのです。

次に宇宙時代の到来のことを考えて
地球人がほんとうの意味で認識を統一するということ。
地球人として、地球系的な神理のもとに
地球神というものが今まで説かれてきた
救世主といわれている方がた、その方がたが実は一体となり
みんな仲間であり、指導してつくり上げてきたものであるということ。
そして、我々九次元であっても、完全体ではないのだということ。

大指導霊ではあるけれども、地球を任された責任者たちではあるけれども
神というのは限りなく高みにおられ、我々はその完成へ向かって努力する
そういう途中の過程にある、我々も平等な神霊であるということ。
だから、あなた方もみんな同じであるのだから
我々と同じように努力精進して
イエス・キリストのようになりたいと思うのならば
そのように頑張れと、そのように呼びかけていかなくてはいけないのです。

もう、宗派によって、自分たちの先生を守るために殺し合いをする時代に
終焉を告げなくてはいけない。
そのための今回の法であるということ。
それを人びとに伝えてほしいのです。
モーゼからお願いしたいことはそこなのです。

そこが人びとの認識にしっかりと入らなければ
地獄というのは永遠に解消されないのです。
そういう磁場がいつまでたっても巣をつくっている限り。
だってそうでしょ、あなた方がもし身体の中に癌というものがあったとした時
放っておいたら、どんどんどんどん拡がっていって
最後はその人間という生命体自体を
脅かすところまでいってしまうのではないのでしょうか。

すでにそういう癌化してしまった
それがある意味で地獄というもののエネルギー体なのです。
そして、それによって、この地球を育み、その身を投げ出し
この地球惑星というものをつくってくださった地球神霊が
今たいへん苦しんでおられる。

まあ、ある意味で言うと癌の末期症状に近くなってきているような
末期とまではいいませんがこの状態は中期後半ですね。
ひじょうに苦しまれておられる。
それだけ地獄が拡大されてしまったのです。

エネルギー体ですので、やはり癌化した部分が拡がっていけば
そのエネルギーの総量によって、本体のほうもひじょうなダメージを受ける。
だから地獄を解消していく。
完全に解消できないにしても、たとえば抗癌剤を使って
その癌の細胞が縮小するではないですか。
医者はそうするでしょう。
わたしは地獄の医者なのです。

けっして、彼らを裁こうとしているのではなくて
一人ひとりを説得することによって
地獄のエネルギーを小さくすることによって
地獄霊というものの数を減らして、救いながら、地球意識の治療をしようと
このモーゼは、いちばん膿みの部分に赴いていって
戦っているというのが実情なのです。

けっして、裁いているわけではないのですよ。
わたしは正義というものを常に説きながらきました。
正義という、本来の正義というのは、大きな目で見たときに
何をいちばんするべきか
何が真であるか、信じていくか
そのときの判断において、正義という言葉をわたしは使うのです。
使うのであって、けっして、正義という名のもとに
まわりが悪だといって切り捨て、責め
上から見下ろすようなことが正義ではないのです。
すべてのものを本来の姿に戻し
すべてのものを本来の姿の中で生かしていきたいから
そのためにわたしは日夜戦っているのです。

サタンに対してもそうなのです。
ミカエルもよく誤解されますが、けっして、サタンを裁こうとしたり
サタンと戦うことで封じ込めようとしているだけではないのです。
裁いているわけではないのです。
本来そんな姿で、醜い姿でいていいわけがない。
誰よりも知っているミカエルは、そう彼に言っているのです。

「お前はそんなものではなかったはずだ」と、「何をやっているのだ」と
彼独特の強い口調で言っているだけなのです。
それは、誰よりも深い、サタンに対する愛があればこそ
このようなところに赴いて説得をし続けているのです。

わたしは、この者と00さんという方が
ルシファーに対する談義をしているのを何度か聞いたことがあります。
「サタンにはサタンの使命があり、サタンだって存在を許されている以上
彼を責めてはいけない」と「アメリカのようになってはいけないから
イスラムと正義の名のもとに戦うのはいけないから
だからわたしは、戦いは好まない」ということを
彼は延々と論理の中で言っていたと思います。

ある意味で、非暴力の戦い方という意味で
まあ彼の理論もわからないでもないと思いますが
でも我々のような立場にいる者から見たならば
それはもっと達観した意味での愛の姿がないのだと、認識能力がないのだと。
ほんとうに愛していればこそ、あなた方は子どものことを
お尻を叩いてしつけをするではないですか。
自分の子どもの将来、社会に出て恥ずかしい思いをしないために
けっして人間として落伍者にならないために
お尻を叩いてしつけをした経験はお持ちだと思います。
c0171476_8434984.jpg

これ最後になってきたときに、サタンが表面化してくるので
覚悟はしっかりと決めていただきたいと思います。
とにかく身の回りに関して隙をつくらないこと。
それで何度もこの者が言っておりますが、サタンが角を突きつけてくることは
人の心の中に、人間関係の中に、不信感というものの中に
撹乱してくるということ。
その現実をしっかりとわきまえられたならば、心を統御し
絶対なる信頼でお互いを仲間同士結びつけ合いながら
信頼しながら歩んでいただきたいのです。

不信というものの中に爪を立てられると「仲間のためには死ねる」と
戦闘系の者はそういうふうによく言います。
仲間のためには死ねると思わなければ、
彼ら自体が危ないのだと
それを戦いの現場を踏んだ者たちはよく知っているのです。
今回の責任者に、このサタンとの戦闘の経験者を指名したのはそこなのです。
(やや間)
アマーリエ:ああ、そうですか。
モーゼ:最終的なこういう事態がこじれたときには
相当我々の計画がサタンによって撹乱されたときであろうということは
我々の中でも想像ができたのです。
だから三番目には、こういう戦闘系の者が責任者になるように
魔を封じることができるような責任者を出した。

どんなにサタンが卑怯な手段を使ってくるか、撹乱してくるのか。
それはやはり
その現場に出た者でなければわからないものというのがあるのです。
そこがあまりに、仏教関係者
キリスト教関係者で出てきた者たちはわからぬものがあって
守るにしても地上の者たちの自由意志というものがあるので
守りきれる時と守りきれない時というのがあるのです。

我々が必死に止めていたとしても、その手を振りほどいて
みんなで今回のように行進して地獄に行ってしまった場合には
それを止める権限は、天上界の者には、九次元といえどもないのです。

それを考えると、地獄に行くということはどういうことなのかということを
最終のこの第三の計画の段階の中で
人類が学ぶきっかけになったのかもしれないのです。
どんな九次元の者でも可能性があるということ。
そして、なぜあなた方が一部のサタンたちにここまで負けてきてしまったのか。

これは戦闘系に関わる者たちは知っていますが
あまり一般的に学ばれ、訓練を受ける内容ではないので
サタンとの戦いをどうするかなどというのは
一部のスペシヤリストたちの課題であるので
あまり公にはされなかったのですけど
その者たちが前面に出てこなければ駄目であると
それくらい、地球の地獄というものが最悪の事態であるのだということ。

だから、地球神霊がここまで苦しんでおられる。
宇宙文明の仲間入りが地球民族にはできないのだということ。
その一連の認識というものが
いくら言っても人びとにはわからなかったのですが
いよいよここまできたかと、まあなるのではないかと
わたしは現場を踏んでいましたので
最悪の場合にはこうなるだろうなと思ってはいたことなのです。
だからこの者にもわたしが
「こういうこともあるであろうと言ったではないか」ということを
最初に出てきた時に言ったはずなのです。

サタンたちの力というのは、今はひじょうにどう猛になっているのです。
できることだったら、核戦争で地球人類をすべて皆殺しにし
その根源に宗教戦争というものをもってくることで
神に対する不信、神を信じるがゆえに全人類が殺し合ったんだという
心身ともにぼろぼろにしようと、神への信頼も打ち砕いてやろうと
そして、地獄に大量にもってくるために、核戦争というものをお互いにし合って
地球を全部、真っ黒な黒い地獄霊で覆おうとしているのです。

そうなったら、もう手がつけられなくなるのです。
この地球神霊そのものが癌化するのです。
そのようなことは防がなくてはいけません。

そのようなときに、強い薬をもってこられるのは
それは光の使徒たちの役割であるということ。
あなた方地球神霊を救う手段であるのだと思って
どうかこの癌細胞との戦いをしていただきたいのです。

これ以上癌細胞を拡げてはなりません。
そうしたら地球神霊が死んでしまうのです。
地球にはまだまだ使命があり、まだまだ寿命があるのです。
でもその寿命自体が短くなってしまい
多くの者たちの修行ができなくなってしまうのです。
それでは地球神霊に対して申し訳ないというふうにわたしは思っております。

(2004.1.11 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-10-20 08:43 | モーゼ/モーリャ | Trackback | Comments(0)

小桜姫からのメッセージ(4)

愛があるからこそ、その病を治さないし
愛があるからこそ、その方が今貧乏している状態というものに
天からパラパラと小判をまくような
そのようなお金をまくようなことはなさらないのです。
それが愛の姿であるということ。

愛というのは、ただただ物質的や、精神的にちやほやと甘やかして
その魂をふぬけた
ひじょうに軟弱な状態にすることをもって愛とは申しません。

愛というのは、ほんとの意味で相手の成長を喜ぶ姿であり
ほんとの意味で相手を指導していくには
ときには厳しい環境が必要であるということを知っているのが
知恵の愛でございますから。

私たち守護霊、指導霊というふうに
だんだんなっていく者たちにおきましては
やはりそのようなことをわきまえておりますので
たとえどんな祈りがあったとしても、かなうもの、かなわぬもの
そして今かなえてはいけないもの
それというのは、わたしたちは考えて対処しているのでございます。

ですから、祈りというものがかなえられないから
神仏がいないというふうに思われるのは
あまりにも浅はかな価値観であるということを
どうか皆さま方もお知りおきいただきたいと思うのです。

そして何度も申しますけれども
今天上界でも言われていることは、基本的に大事なことは
地上がどういう意味を持っているのか。
肉体を持っているということが、どういう意味であるのか。
ほんの一時であって、この地上にいるのが
わたしたちが天上界で何百年もかけて修行してきた、学んできたことを
この数十年の、ほんの瞬間の間に問われてしまう。

まあ皆さま方におかれても、国家試験とか、大きな試験がおありでしょう。
五年も六年も一生懸命お勉強を
お医者様になるにはお勉強なさられるのでしょう。

一生懸命お勉強なさられても、でもどうですか。
国家試験と呼ばれている一発試験に受からなかったら
何のために医学部で六年間あんな勉強して、学習してきたのかと申されても
その国家試験というのに落ちてしまったなら
お医者様としての資格がいただけないではございませんか。

同じなのです。
何百年とこちらの世界で修行しているのです。
そして、ほんとうの意味で菩薩界
まあ、私の場合はまだ菩薩界の入り口でございますから
ボサッターと呼ばれているような位ではないのですけれども
ほんとうに菩薩界としての神格を与えられるには
やはりこちらで何百年と修行をして、それがほんとうに地上に出たときに
利他の、愛他行として
実際の地上の方たちをどのぐらいの規模で救っていけたか。
地上の人たちに対して救うべく、理念というものを、愛の言葉というものを
行いというものを通して、地上を浄化せしめることが具体的にできたかという
その評価をもってそれがある意味で、わたしたちから見たならば
五十年、六十年、人生八十年と申しましても
人間が大きくなるまではとても時間がかかります。

そして、まだまだ青年のうちは未熟でございましょう?
ですから、一生懸命学問を受け、自分の特殊技能を身につけ、経験知を磨いて
そして、人類に奉仕ができるなんていうのは
八十年の人生の中でほんの数十年しかないのです。
その数十年の間が、まあ皆さん方で言う、一発国家試験みたいなものなのです。

わたしたちから見たら、ほんとうに二十年、三十年なんていうのは
瞬間的に過ぎていく時期。
あんなにあの方はこちらに来て、七百年も八百年も修行をされて
あそこの世界までいったのに、「ああ今回は、アラハン行けなかったな」とか
「ボサッター、行けなかったな」とか、わたしたちの世界でもあるのですよ。

だから一生懸命見ていて、やはり地上において修行が
具体的に多くの人びとのために生きることができたか
ああ、やっぱり欲に足を引っ張られて落ちてしまったと
「残念だけど、またこちらの世界に帰って来て、修行のやり直しね」と
みんなで見ています。

そのようなことを思ったら、やはり彼らが地上にいるうちに
少しでも自覚をさせて
「あなたはそんなことのために出て来たのではないのでしょう」と
「自分の欲念のためではなくて、相手のために、人を救っていくために
奉仕していくために人生をお使いなさい。
それこそが、ほんとうに価値のあることなのです」と
皆さま方のところにお出になっている
高級諸霊もおっしゃられているはずなのです。

神の子の使命というのはやはり
多くの人びとの幸せのために神の言葉を伝えていって
そのために人生を燃やす人生。
それがほんとうの意味で価値がある。

目の前での日常の生活というのは、しっかりと生きていくことは
とても価値のある大事なことではあるけれども
やはり自分の幸せのためだけに生きていった人生よりも
自分を捨てて自らの幸せ以上に、多くの人びとの幸せを我が幸せとして
神の使者として生き抜いていった人生こそが、ほんとうに魂を光らす。
ほんとうにこの地上に出て行って素晴らしかったと
本人に、のちのちに思い出となるような、転生となるような
そんな生き方ができるのが真の生き方であるのだと
神仏の使者としての生き方であるのだということを
多くの方がたが、繰り返し、繰り返し皆さまを通して皆さまに向けて
レムリアでの高級指導霊の方がおっしゃられているのだと思うのです。
私は、まことにそのように思うのです。
c0171476_835963.jpg

ですから、祈りということにおきましても
そして地上の意味におきましても、ね。
そうしますと病がどういうふうな立場になるかということもわかります。
ということは逆に言うと、地上に生きるということ、生の意味
生というもののほんとうの意味というのが
霊界と地上の生というものは、コインの裏表であるということ。
裏があれば、表も必ずあるのです。
表があって裏があるのです。
それは離すことはできないのです。

人間の魂が永遠であることを、まず皆さま方に伝えていく。
そして、転生輪廻があるということ。
で、転生輪廻は伝えられておりますけれども
転生輪廻の間に、霊界とこの三次元との行き来をしているということ。
それがコインの裏表なのです。

ですから必ずや、数十年の人生を終えたのならば
ほんとうの実在界と呼ばれている霊界のほうに戻って来る。
そのほうが魂の歴史の中では、はるかに長いのです。
時を、永遠の魂が送る意味においては。

そこにおける修行を、ほんとの意味で地上に具現化していく。
仏国土ユートピアと言うのならば
そのような人生の中に投影していくということ。
それができる試験場であるということ。

そのような魂の修行上の裏表であるということを思ったのならば
やはり魂が永遠の中において、わたしたちが今
地上の生と呼ばれているあなた方の三次元の生の中において何をするべきか。
何を堪え忍ぶべきか。
何を価値基準として、向上心の中において受け入れていくか。

だから、「病と闘うな」とよく言いますね。
闘病というけれども、病と闘うのではない。
病を受け入れて、自分の体質と共存して
それもすべて自分がインプットしてきたことであるということ
すべてを受け入れて、それとともに生きるということ。

なぜならば、それを自分は望んで生まれて来たから。
必ず、偶然ということはないのです。
あなた方の世界から見たら、すべて偶然のように思うかもしれない。
でも事故ひとつにおきましても、偶然はないのです。

それを通してわたしたちは大いなる代償を払いながら
それで自分の今まで知らなかった
魂のさまざまな膿のようなものを
出させていただいているのだというふうに思ってください。

自分からそのようなものを望んでやるのは、愚の骨頂でございますけれども
自然に時の流れの中で浮かびあがってくるものは、やはり魂の中にある
深い、深いところに潜んでいた膿のようのものの
膿出しかもしれないということをお思いになったら
その一時浮かんでくれば、現象化すれば、それは消えていくのです。

それがたまたま現象化していったときに
肉体の病というものを通したりして出てくるかもしれないということは
そのときには、その病をつかまないということ。
出ていけば消えていくのです。

その病と一時共存することによって、大いなる魂の代償を払って
自分の魂を浄化しているのかもしれないのです。

そしたら、「病よ、ありがとうございます」と手を合わせて
「どうか、この病を堪え忍ぶことにより、
私の魂も鍛えられ、清められますように」という
感謝の思いで、その病とともに生きていくのです。

そうすれば、病によって必要以上に悲しみとか
苦しみというのを抱えずに済むと、私は思うのです。

そのように明るく、前向きに生きていくうちに
病はいつかしら、より良い方向に進んで
ときには消滅してしまうこともあるのです。

明るい思いで生きているときには、神の天上界からの光というものは
その方にさんさんと降り注いできて、どのような状況であるにしても
そのような苦しさというものをやわらがせ
そして、それを軽く済ませてもらえるように動くのが神様の光である
愛念であるということをお思いください。
出れば消えていくのです。

(2005.7.21 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-10-17 08:35 | 小桜姫 | Trackback | Comments(0)

ヘレン・ケラーからのメッセージ(4)

幸せというのは、けっして多くのものを所有したり
多くの支配的な地位に立つことをもって幸せとするのではないのです。

自分自身の魂の中にある、神がおつくりになった神の子としての内的な霊性
スピリチュアルなものの部分が、その魂の部分が
ほんとうの意味で愛を解き放ち
愛に輝いた人生であったかどうか、そこの一点に尽きているのです。

女性であるのならば
家庭にいて子どもを産む仕事がそんなに卑しい仕事でしょうか。

子どものために自分を捨てて家庭の中に入り、自分を捨てて夫に尽くしていく。
そして、姑や舅に尽くしながら、そして空いた時間において神理を学び
世の中において少しでもボランティアとか
それこそハンディキャップのある方たちの生活の中に
少しでもお手伝いをして
地域の中の光となって輝く人生だってあるはずでしょう。
女性であるならば、そこに誇りを持たねばなりません。

男性は、仕事をしながら、金銭的にも稼いでこなくてはいけないのです。
その中で、女性が女性であるという中において
愛をたたえて生きるということ。
愛を輝かせて生きるというその姿を見せていただきたいと思うのです。

そして、男性方も、ただ目先のことで出世街道を歩いて
知的な部分で、ただただ自分の満足いくことだけにおいて
自分の人生をがむしゃらに生き切るのではなくて
自分が社会に対する愛の表現体として、社会を変革していく愛のもとに
価値ある仕事を生き抜かれたのであるかということを
今一度考えていただきたいのです。

あらゆる職業においても、そう、必要な仕事であります。
どんな仕事においても
愛をもって生きるか否かで、同じ職業の中身も変わってくるのです。

たとえば、あなたのようにお医者様でいたときに
世の中には、ただただ社会的ステータスを求めたり、お金を儲けたかったり
そういうことの中で、権力欲もあるでしょう。

そのようなものの中で医者になっていこうとして
一生懸命、出世を望む方たちもいるのです。
そうかと思えば、同じ仕事で同じ職場にいながらも
そこの中において、ホワイト霊団として恥ずかしくないような接し方で
患者さんに対して一生懸命関わり
医者としての本職、使命というものを果たしていかれるという
そういう携わり方もあるはずなのです。

それは、大根一本つくるお百姓さんの姿であり
そして家一軒つくる大工さんの姿であり、子どもを育てる保母さんや
学校の先生たちの姿であり、どんな職業においても、愛をもって世の光となり
地の塩となるために、その職業という天分を通して
この神の国であるこの地上三次元において
少しでも愛のある社会に変えていこうとするために
生涯を、職業を通して貢献なさられたのならば、死んでいかれるときは
それなりの魂の充足感というのがあるはずなのです。

ただただ目先の出世闘争、ただただ人より多くの地位や支配や
支配的関係や、金銭の多寡、マネーですね
お金をたくさん稼ぐ、お金持ちになるかどうかということ。
そのようなことの中だけで、人生を駆け抜けていってはいけないのです。

そのようなことにいったなら、必ずや家庭などが崩壊し
愛なき家庭がこの地上にできてしまい、自分が死んでいくとき
不幸な、不幸な思いで死んでいかなくてはいけないのです。

ですから、多くの方がたよ。
女性であっても男性であったとしても
どんな生き方においても、地上における自分たち人間の真の幸せとは
その表面的な外側にあるのではなく、内面的な自分自らの幸福感というものを
愛により、神の子としての神性を光らすということの原点に戻って
人生というものを考えていかれたのならば、それを広げていくのであるのなら
生まれつきの病に臥せっている者たち
そして生まれつきハンディキャップを持ち
ニ十年以上生きていけないと言われている身障者の方がたもおられるのです。
難病のもとに生まれて来られる方もおられるのです。
そのような方がたの人生を、単に不幸であると
そのように定義づけるようなことはできなくなると思うのです。

真に不幸であるとは、愛を知らぬことであります。
真に不幸な人生とは、愛なき人生であります。
愛とは神です。
神とは愛の光です。

神とは愛を、愛をたたえた
この宇宙の生きとし生けるすべてを育まれておられる法則であり
愛のエネルギーなのです。

わたくしたち霊天上界にいる者は、霊界の太陽というところから
愛のエネルギーを無限にいただきながら生きております。
エマニョエル・スウェーデンボルグと言われている方の中に
「霊界の太陽」ということが出てくると思うのですが
それは神の愛そのものなのです。
霊界の太陽は愛そのものであり、エネルギーそのものであり
神そのもののお姿を表しているのです。

わたくしたちも同じ、地上におかれるあなた方も同じなのです。
愛なくして、神の愛なくして、わたくしたちは生きていくことはできません。
であるならば、地上に生まれし時より
神の愛によって生かされていない者はただ一人としていないのです。
なぜなら、私たちはすべてが神の子であるから。
愛の光を分光されて、つくられし者たちだから。
わたくしたちは神の愛を受けて生きているのであるのなら
神の愛の表現体として生きなくてはなりません。

神の子として、神の愛そのものであるのならば
わたくしたちが幸せを感じるのは
愛されるか愛されていないかということにおいて
不幸であったり、幸せであったりするのです。
自らの幸せを、ただ自分が愛されると思うことだけではなく
他者を愛してこそ、自分以外の者たちのために愛に生きることをもって
私たちは真に幸せであり、愛そのものの中に組み込まれるのです。

自分本位な、自我我欲の欲に駆られた愛などという、自己愛などというものは
本来の愛ではないのです。
自分以外の方がたの幸せを祈り、自分を投げ捨てて、多くの地上の人びとの
神の子たちの幸せのために生涯をかけて生き続ける。
それをもって、わたくしたちは神の子としての内在された神性の中において
愛というものに感動し、愛というものに共鳴して
ほんとうに幸せであるということを感じ、実感するのです。
神の子であるとは、そういうことなのです。
c0171476_13112085.jpg

愛に生きるということ。
愛に生きるということが、けっして自己保存ではないということ。
他者の幸せを祈り、この地上をほんとうに広げていくなら
神の国にしていくということ。
あなた方の言葉で言うのなら、愛の星にしていくということ。
愛の星とは、愛は神でありますから、神の星にしていくということ。
それをもって、神の子である地上に住まう
生きとし生ける者すべてが幸せになるのです。

神の子であるという原点に、この神の星は今戻ろうとしております。
その大事な、大事な転換期に、あなた方は人事な素晴らしい使命を持たれて
今このキーパーソンとして、この今、使命に当たっておられるのです。

同時代に生きておられる地上の方がたよ。
あなた方も、もし気づかれるのならば
この地球という星を神の星に、愛の星に変えていく
大事な大事なこの今、分岐点
ターニングポイントという時期が今きております。
その時の中で、あなたは、あなたの一生、わずか数十年をもって、いかように
この地上をほかの方がたを愛して生きることができますか?

そのためには、言い訳はいらないのです。
わたくしにおいても言い訳がなかったように
わたくしよりもっと恵まれた、喜びの中で命を授かったあなた方なのです。
死ぬ気になったら、いかようなチャンスもあるのです。
その人生をもって、この地上を愛の星にするために
できることひとつでよいから残して、地上を去って来ていただきたいのです。

あなた方は死ぬ寸前まで
自分の命は永遠であるかのように生きておられるかもしれない。
死というものを、なるべく考えないようにして生きて来られるのかもしれない。
でも、あなた方が避けようとしている死というものは
わたくしたちが、神の子の、実在の世界に帰ることであり、本来の肉体という
あなた方が完璧だと思っているような肉体から解放される瞬間であり
あらゆる感覚が戻り、すべてが光の、神の光の中にさらされ
愛の化身として、神の子としての実在の姿だけで戻っていける
魂の牢獄から解放される瞬間なのです。

死というものを暗く悲しいものとして考えてはなりません。
わたくしたちの世界から見たのならば
あなた方、地上におられる方がたのほうが、よっぽど重い鎖を両手両足に縛られ
目にはアイマスクのようなものをつけられて
本来の世界が見えない、悲しい、悲しい姿に見えるのです。

でも、そのアイマスクをどけてください。
手に持っているその鎖を捨ててごらんなさい。
あなたの目に何か映りますか。

美しい太陽の姿が
美しい星々が
美しい大自然の山が
緑の風のざわめきが
小鳥たちのさえずりが
子どもたちが無心に遊ぶかわいらしい声が
犬たちが、猫たちが、ともにじゃれ合う姿が
まだまだ聞こえてくるのがこの地上ではないでしょうか。

それを見ることができ、聞くことができ、触ることができ、その感動の中で
今、命を与えられたということをどうか感謝し
今のときというもの、たった数十年の時なのです。
その一日一日のこの大事なときというものを
両手の間からすべて無駄にすることのないように
人生を生きていただきたいと思うのです。

物に振り回され、人の評判や、世情に流れる多くの情報の中において
自分自身の価値を見失うのではなくて
世界中で自分にしかない素晴らしい尊き神性と個性を
神が与え給うた素晴らしい神の予てある自分自身であるのだと
かけがえのない自分自身の生涯であるのだと思って
その人生と肉体を、感謝をもって、周りの方がたに愛と感謝を返して
素晴らしい人生を歩んでいかれて、帰って来てほしいと思うのです。

今この地上において肉体を持ち、ましてこの日本に
この地上において肉体を持たれたあなた方が
このような神様の大計画の中において、この神の大事な言葉
メッセージや法というものを聞くチャンスを与えられているという
あなた方を我々は、限りなく幸せな方がたであると思うのです。

でも、地上に今生きておられるあなた方が
それをほんとうに素晴らしい幸せであると感じないのであるのならば
それは、あなた方は少しも幸せな人にはならないということです。

ですから、今どのような状況の中に、この地球が、この日本が
そして今あなた方がおかれている環境が、そのような大きなスケールのものから
今この五体満足な肉体を持っているという
そこまでいって、どれだけの幸せ者であるかということを
しっかりと認識するところからしか
あなた方が幸せの原点に帰れることはないのかもしれない。

現代の幸せの中で、あなた方が今おかれているところが
ほんとうの価値がわかったのならば
どうかその気づかれた方、一人でも二人でもよろしいですから
その方の人生を神様のために、愛の星にするために
今回の救世計画のためにできるささやかなことをもって
精一杯の人生をもってお返しになり、努力されることをもって
わたくしたちの世界に帰っていただきたいと思います。

あなた方の中において、多くの方がたが光の天使として
その魂の神性の輝きを放ち、この地上を光り輝かせたユートピア神の国にならん
一筋の光として輝かされることを心から祈り
今日はこれにて失礼させていただきます。

(2005.7.7 レムリア・ルネッサンス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい。
[PR]
by nagoyasc | 2014-10-16 13:12 | ヘレン・ケラー | Trackback | Comments(0)



一般財団法人レムリア・ルネッサンスより許可を受けアマーリエを介した天上界からのスピリチュアルメッセージを転載させていただいています。
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧