人気ブログランキング |

地球を愛の星へ

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヴィーナス(金星)の法~アマーリエ~(67)

自分の心を前向きにするために
美容整形をするのはかまいませんか?
という質問に答えて

ほんとうに死にたくなるほど醜いと思っている人に対して
「たかが整形でポジティブな人生を送れるきっかけになるのだったら
整形してもいいんじゃないですか」と
言葉をかけることはあるかもしれません。

けれども、いくら顔や身体を変えても
自分の本質は変わりません。

整形しなくても、心のもち方でネガティブじゃなく
ポジティブに生きることはいくらでも可能です。

そうでなければ、みんな整形しなかったら
ポジティブに生きられないことになってしまいます。

いちばん大事なのは
魂の段階でほんとうに幸せだと感じられる生き方ができるか
愛を深く実践できるような生き方ができるかということです。

その愛による充足感でしか
魂で感じる本来の幸福感はないのです。

それを学ぶために
私たちは地上に肉体をもっているのです。

整形して表面的に美しくなっても、その喜びは継続しませんし
それどころか、麻薬中毒患者と同じで
ほとぼりがさめたころに
あのときの到達感に浸りたいからと思って
また整形をしたくなってしまいます。

逆に、もしほんとうに自分は
標準以下の顔だから美容整形をしたいと思うならば
その人はたぶんそういう肉体を選ぶことで
自分は過去世に失敗したカルマを刈り取りできるか
それともまた、過去世と同じ流れの中で
上っ面の美醜一つで人生を放棄してしまうような
選択をするのかということを
試されているのだと思えばいいと思います。

魂の学び、特にカルマというのは
刈り取るまで執拗に何度でも現れてきますから
そこで整形に逃げたら
今度は別の課題に取り組むことになります。
そちらのほうがもっと大変かもしれません。

たしかに、美しい人には憧れますが
美しい人が必ずしも
幸せになっているかどうかを考えてみてください。

美しくならないと幸せになれないと思うなら
その人は根本的に魂の学びを間違えています。

美というのは、自分らしい、自分にふさわしい美を
自分自身でつくり上げていくものだと思いますし
どの人もみんな美しいのです。
c0171476_1615473.jpg

自分自身の姿を根源的なところまで愛で深めれば
温泉の源泉が噴き出るように
みんな神の子としての美しさが表れ出てくるのです。

そちらに向かって努力をするのが魂の進化であって
表面的に一重まぶたが二重まぶたになれば
すべて幸せな人生になるかといったら
それほど人生は甘いものではありません。

やけどで顔がつぶれてしまっても
事故で身体がだめになったとしても
それでも自分という存在を愛し
受け入れてくれる人がいるのかという
そこが逆に最後に試されるところかもしれません。

表面的なものだけで人に愛されていると思っていたら
波長同通の法則で表面的にしか愛さない人が集まってきます。

魂の存在をかけて人を愛して生きている人は
どんな逆境になっても魂として愛してくれる人に囲まれて
幸福な一生を終えることができるのではないかなと思うのです。

私はこの年になって思いますが
そんな二目と見られないほど醜い女の人なんていないです。

年頃相応に装って身ぎれいにしていたら
若い子でもみんなかわいいです、美しいですよ。
みんな自分で醜いと思い込んでいるだけです。

うちの娘も高校生ぐらいのときは
ダイエットしたいとか、太っているとか
もうたいへんな勢いでいいました。

私から見たら、ぜんぜん太ってないと思うんですけどね(笑)。

目がさめて客観的に見れば
自分はそんなに醜くはないって思うようになります。

「あなたはあなたで美しいよ」って
「あなたはあなたとして素直に表現して
そのあなた自体を愛してくれる人を
たったひとりでいいから見つけなさいね」
「それが整形で不特定多数の人にちやほやされるよりも、
ずっと幸せになる道ですよ」って
私は若い女の子に対してアドバイスしてあげたいです。

(レムリア・ルネッサンス / アマーリエ)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
by nagoyasc | 2013-11-30 15:48 | アマーリエ | Trackback | Comments(0)

ヴィーナス(金星)の法~アマーリエ~(66)

重度の障害のある子どもを育てています。
いろいろ大変なことも多くて
心がくじけそうになることもあります。
何かアドバイスをお願いします。

お子様の体に問題があったりしたとき
お母様というのは、「自分のせいでこうなったのではないか」と
ご自身を責めてしまうことが多いように思います。
でも、そうではないということを
お伝えしておきたいと思うのです。

まず、障害児となる理由としては
次の四つのことが考えられます。
一つは、みずからのカルマを刈り取るためです。

私たちはこの世に生まれてくる前に
自分で人生の計画を立ててきますが
このとき、過去の人生で失敗してしまったときの
課題(カルマ)を刈り取るために
障害児として生まれるという計画を
立てることもあるということです。

たとえば手足が不自由で生まれるという場合は
過去の人生で
他の方の体に障害を与えるようなことが
あったかもしれないということです。

理由の二つ目としては
そのように障害をもつという厳しい人生をあえて選ぶ中で
みずからの魂を磨き
魂を成長させていくという目的もあります。

また三つめとして、ヘレンーケラーのように
障害者の素晴らしさを世に伝えるなどの使命を果たすため
障害をもつ人生を選んで生まれてくる場合もあります。

また四つめとして
今世の三次元の一時的な問題
たとえば肉体のトラブルや
まれに事故ということもないとはいえません。

しかしいずれにしても、ほとんどすべての場合において
子どもが障害児であることは、子どもの魂みずからが
みずからの学びのために計画してきたことであり
決してお母様の責任ではないということです。

そして、あなたが障害児のお子様の母親であるということも
決して偶然ではないのです。
c0171476_1357475.jpg

このような人生の計画というものは
一人だけでは立てられません。

必ず子どもは、両親となってくださる方
特に母となってくがさるあなたと相談の上で
計画して生まれてくるのです。

障害のある子どもを育てるというのは
並たいていのことではありません。

それでもあなたは、大変であることは十分承知の上で
それをお引き受けすると約束されて
生まれてこられたのですね。

あなたとお子様は
何の因果もなく親子になったわけではありません。

あなた自身も、親子という互いに投げ出せない関係の中で
ともに互いのカルマを返し合ったり
そのひたむきに生きる姿をもって
愛することの素晴らしさを世の中に伝えたりするという
大きな目的をもって生まれてこられたということ。

障害児の母親となることを選びとってこられたあなたは
大変素晴らしい徳の高いお母様であるということなのです。

ですから、どうぞご自分を責めることなく
またその状況を投げ出すことなく
せいいっぱいお子様を愛してあげてください。

肉体というものは、魂の乗り舟です。
長い、長い永遠の旅の中で
いっとき不自由な肉体をもったとしても
やがては本来の自由な姿となっていくのです。

ですから、障害のあることを嘆くことなく
「強い決意でよく生まれてきたね」
「一緒に頑張ろうね」と
愛情いっぱい抱きしめてあげてください。

お子様は、たとえ自分の気持ちを表現できなかったとしても
その愛情はしっかり届いているのですから。

(レムリア・ルネッサンス / アマーリエ)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
by nagoyasc | 2013-11-29 13:54 | アマーリエ | Trackback | Comments(0)

ヴィーナス(金星)の法~アマーリエ~(65)

不妊で悩んでいます。
アドバイスをお願いします。
という悩みにこたえて

お子様がいない場合は、いろいろなケースがあります。
過去世に神職につかれていた方の中には
法が説かれるこの時代
結婚や子どもにしばられず神様のお仕事を優先したいと思って
こられた方がたがいらっしゃいます。

それに稀ですけれど
過去にみずからの過失でお子様を失ったり
子どもをぞんざいにしたりした場合
子どもを与えられるということが
どれだけありがたいことなのかを学ぶために
お子様を授からない方もいます。

あとは肉体的な条件として
どうしても体の芯が暖まりきらなかったり。
そういう場合でしたら、肉体的な改善で授かると思います。

いろいろなパターンがあるのですが
それも全部、ご自分で決めてきていることなんです。

私なんて、過去世で巫女の仕事ばかりやっていまして
そうすると、今度生まれたら普通の女性としての
仕事子育てを学んでらっしゃいと。
それが今世の結婚のテーマとしてある場合もあります。

それはいい意味でも悪い意味でも
自分に欠けたところをメインテーマとして
人生の計画を立ててくるということなのです。

子どもがいるのは幸せなことです。
でも、子どもがいないからこそ、自由な時間があって
旦那様とのコミュニケーションができる
そして社会参加できるということもあると思います。

子どもができないことにあまりとらわれないでください。
とらわれすぎると、必要以上に自分が不幸だと
抱きしめてしまうかもしれないでしょう。

感謝の思いに満ちて生きていらっしゃると
上から魂が宿りやすい体質になると思います。

子どもが宿るというのは
比較的ぼーっとしているほうがいいんですよ。
あんまり神経質に思いつめてしまうと
宿らなくなってしまうんですね。

愛と感謝に生きていれば
いちばんいいように神様がお導きくださいます。

それぞれに皆ケースが違うので
いちがいに同じだということはできません。

でも、誰にもその方たちなりの魂の歴史があって
その中での必然というのがあります。
偶然はないのです。
c0171476_1035446.jpg

今の自分ではわからないけれども
授からないにはそれなりの理由があり、
この環境でしか学べないことがあるんだというふうに
思われてはどうでしょう。

人生のどんなひとコマでもムダなことはないと
私は思っております。
だから頑張っていきましょう。

あなたの愛を待っている人はたくさんいると思います。
あなたがいろんな方に愛を与えるチャンスは、たくさんあると思います。

自分の子どもだけが子どもではありません。
すべてのお子様が大事な地球を受け継いでいく
私たちの子どもたちであると。
そういうふうに思いますので、もうちょっとリラックスしていきましょう。

子どもができるとか、できないということで
ご自分を必要以上にいじめすぎないでいただきたいと思います。

不妊というと
だいたい女性ばかりが責められることが昔から多いでしょう?
そして、女性自身も自分をすごく責めすぎます。

でも、人生はどう生きてもいいんです。
今の状況を受け入れて、感謝して
幸せだと感じることができるかどうか。
そう感じるなら、どれだけ悲惨な人生だと人から見られようとも
その人の人生は幸せなんです。

あなたの微笑みの中で、みんな幸せになっていかれたら
それだけでも幸せな人生を築けますし
別な形で、ある日ひょっこり
お腹に赤ちゃんが入っているかもしれませんから
あまり深刻に思いつめないでくださいね。

ご自分がご自分であるという人生に誇りをもたれて
感謝して、ニコニコ笑って生きてください。

それだけの祝福された人生をおもちだとお見受けしましたので
どうぞ頑張ってくださいね。

(レムリア・ルネッサンス / アマーリエ)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
by nagoyasc | 2013-11-28 10:33 | アマーリエ | Trackback | Comments(0)

ヴィーナス(金星)の法~アマーリエ~(64)

保母ですが、お話しいただいた女性の生き方と
実際のお母さん方との差が、あまりに大きくて。
どのように愛の教えを伝えればいいでしょうか。
という質問に答えて

私も自分の子どもを学校に通わせてきましたが
世の中と、今お話したこととでは
ほんとうに大きなギャップがあります。

でも、そういう時代だからこそ
この神理が降ろされているのです。

まず、私の言葉の受け売りではなく
あなたの実践を通した言葉で伝えてあげてください。

必ず通じます。
周りのお母さんたちも、みんな神の子なんですから。

保育園の先生として
「あの先生がいうことだったら間違いないわ」と
お母さんたちが思えるように
神理を生かしたお仕事をしていただければいいと思うのです。

育児の方法がわからなくて
右往左往している若いお母さん方がたくさんいらっしゃいます。

そのときに、「子どもには子どもの素晴らしさがあるよね。
(子どもの)ooちゃんも素晴らしいんだから
お母さん、そんなに焦らないで。信じて待っててあげようよ」と
ひとこというだけで、若いお母さんはすごく気が楽になります。

特に、わんぱくな子どもをもつお母さんは
どうしてうちの子はこうなのかしら」と悩んでいると思います。

私もひとりそういう子がいるので
周りのお母さんたちに毎目頭を下げて
菓子折りもって謝ったこともあります。
c0171476_15582372.jpg

ですから、そういうお子さんをもったお母さんに対しては
「つらいよね。でも、大丈夫だから。
親を悩ますぐらいわんぱくな子のほうが、あとで親孝行するっていうし。
それだけのパワーがあるんだから、信じてあげようよ」
と励ましてあげる。

保母さんのそのひとことが
お母さんの気づきや救いになることも多いのです。

そうやって世の中に広めていっていただけたら
ここでお伝えしてきた言葉に
意味があったなと私たちも思えるのです。

とにかく、一度に変えようと思ってもだめです。
人というのは、説教したからといって
安易には変わらないと思います。

それを伝える方の後ろ姿に愛があるか
ひたむきさがあるか、感動があるか。

人は、相手の生き様を見て
その人の言葉を信じるものなのです。

どうぞ、焦らないでください。
あなたの存在がほんとうに神の使者として
愛にあふれるものであるのならば
必ずやその言葉を通して
多くの方々に広がっていくことと思います。

(レムリア・ルネッサンス / アマーリエ)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
by nagoyasc | 2013-11-27 15:57 | アマーリエ | Trackback | Comments(0)

ヴィーナス(金星)の法~アマーリエ~(63)

介護の仕事をしていますが
一人暮らしをされている年配の方は
寂しさを訴えられることが多いようです。
その方にどう接すればいいでしょうか?
という質問に答えて

年配の方は、めでたく今回の修業を終えて
あの世にお帰りになる機会が迫っているということで
霊界では祝福ムードなんですよ、ほんとはね。

ですから、お年寄りで連れ合いが亡くなって寂しいという方には
「今まで長生きされて、ほんとうにご苦労様でした。
先に帰っていった人たちがみんな、
おじいちゃんやおばあちゃんが帰ってくるのを待ってるわよ。
人間の魂は永遠だから、死んだらボロボロの体を脱ぎ捨てて、
若いきれいな肉体にまた生まれ変わってこられるの。
だから、全然怖くないよ」
といって、励ましてあげてください。

死んでいくことに対する恐怖心があるから
いたずらに暗くなるのです。

介護の仕事につかれている方は、つらいことや、苦しいことよりも
どれだけその方の人生に素晴らしいことがあったかということを
思い出させてあげてください。

人間というのは、痛みとかがあると
つらいことばかりが前面に出てきて、不平不満をいいます。
私もそうでした。

でもこのレムリアのお陰で、平凡な主婦だった私が
こんなにたくさんの方と知り合って
素晴らしいときを過ごせている。
そう思ったら、人生、何が幸せかわかりません。

魂が永遠だと思えば
今の時代の中で、自分にしかできない役割を
どれだけ必死にやったかということだけが
魂の記憶になるのだと思います。

大事なことは肉体の寿命を延ばすことではなく
私たちは魂なのだということです。
c0171476_1524632.jpg

ゴミのように捨てられていた人たちの手を握って、目を見つめて
「あなたも神様に愛された神の子なんだよ」といって
人間らしくあの世に旅立たせてあげる。
マザー・テレサがされたのは、ただそのことだけです。

ですからどうか、ご当人が自分の人生に感謝して
今の状態を受け入れて
平安な気持ちになっていくように
誘導してあげていただけないでしょうか。

今回、どれだけ素晴らしい思い出に満ちた人生を生きてこられたか。
それを、歳がいくと忘れてしまうんですよ。

子どもがきてくれない、嫁がひどいとか。
そんなことばかりいっていると、地獄に行ってしまいます。

不平不満ではなくて
「一緒に生きてくれてありがとう」と思う心をもつ。
その思いだけで、天上界に帰れるんです。

そういうことをどうか伝えてあげてください。

(レムリア・ルネッサンス / アマーリエ)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村*あなたの愛に感謝! バナーをカチッとして下さい
by nagoyasc | 2013-11-26 15:22 | アマーリエ | Trackback | Comments(0)



一般財団法人レムリア・ルネッサンスより許可を受けアマーリエを介した天上界からのスピリチュアルメッセージを転載させていただいています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧